八幡自然塾
男山遠望 八幡市 川口


元に戻る 閉じる

八幡市の花・木・鳥・花木  2009/04/16



八幡市の花 「さつき」 昭和42年10月1日制定
 昭和52年11月1日市制施行に伴い、「市の花」とした。

 町村合併13周年を記念して、花に満ち緑にあふれる健康なまちづくりへの願いをこめて、広く市民から公募の上、制定したものである。

 さつきは、愛すべき美しさの象徴であり、本市にゆかりの深いものである。

八幡市の木 「くすのき」 昭和42年10月1日制定
 昭和52年11月1日市制施行に伴い、「市の木」とした。

 市の花「さつき」と同じく、町村合併13周年を記念し、緑にあふれた健康なまちづくりへの願いを込めて、市民からの公募の上、制定したものである。

 くすのきは、たくましいカの象徴であり、「さつき」と同様に本市にゆかりの深いものである。

八幡市の鳥 「シジュウカラ」 平成4年12月10日制定
 市制施行15周年を記念して、市民アンケートなどを参考に自然環境保全のシンボルとして制定したものである。

 シジュウカラは、市内では一年中見られ、特に男山、美濃山地城に多い。 平地から山地、市街地の林に生息し、木の実、小昆虫を主食としている。 鳴き声は、ツーツーピーと鳴く。

八幡市の花木 「つばき」 平成14年11月1日制定
 市制施行25周年を記念し、男山の「やぶつばき群」や「松花堂・つばき展」などを通じ、市民に愛されている「つばき」を市の花木と制定したものである。

「平成16年度八幡市の教育」
編集・発行 八幡市教育委員会事務局より抜粋




 













旅先の鳥 - 八幡自然塾 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾