八幡次郎好酉の鳥紀行


ダヴァルの断崖 エトルタ フランス Falaise d'Aval, France
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



 
<< Home Page
キバシガラス (黄嘴鴉)

写真@
@ キバシガラス  モンタンヴェール フランス Montenvers, Schamonix, France 2004/05/09 Photo by Kohyuh
キバシガラス  モンタンヴェール フランス
Montenvers, Schamonix, France
2004/05/09 Photo by Kohyuh



写真A
A キバシガラス  フランツ・ヨーゼフ・ヘーエ オーストリア Kaiser-Franz-Josefs-Hohe, Austria 2007/06/11 Photo by Kohyuh
キバシガラス
フランツ・ヨーゼフ・ヘーエ オーストリア
Kaiser-Franz-Josefs-Hohe, Austria
2007/06/11 Photo by Kohyuh



キバシガラス (黄嘴鴉) *203 2012/03/14
スズメ目 Passeriformes
カラス科 Corvidae
 全長 (L) = 38 cm
 学名 Pyrrhocorax graculus
 英名 Alpine Chough
 雌雄同色

 シャモニー Chamonix から登山電車で登った モンタンヴェール Montenvers (1913m) で見た。 雪山を背景に、氷河メール・ド・グラス Mer de Glace の上空を飛んでいたが、カラスと思っていた。

 それが、午後5時発の最終便を待っているとき、駅舎のテラスで休んでいたのが、この 写真@ のキバシガラスだ。 氷河の上を飛んでいたのは、この鳥に違いないと確信した。





 氷河へ降りるケーブルも止まり、先ほどまで観光客が行き来していた、この駅舎のテラスも、今は静かになった。 観光客はもちろん、駅員から売店の人やガイドの人も、全ての人間は、この最終電車で下山する。

 彼らは、ここで夜を過ごすために帰ってきたのだ。  窓越しから覗くと、その名のとおり、嘴が黄色い。 明らかにカラスとは違う。 狡猾さのない思慮深げな面立ちである。









英名の意味
Alpine アルプスの
chough ベニハシガラス
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998



関連記事
カラス科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
キバシガラス 鳥紀行 フランス編



 




履歴
2012/03/14 ロゴ統一更新
2008/10/14 写真A追加
2008/04/18 スタイル統一
2007/12/21 復刻・改訂版リリース










キバシガラス (黄嘴鴉) Alpine Chough (Pyrrhocorax graculus) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2019   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾