八幡次郎好酉の鳥紀行





トレド旧市街の夕暮れ スペイン Toledo, Spain
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



 
<< Home Page
チョウゲンボウ (長元坊)


写真@
@ チョウゲンボウ 成鳥 飛び姿(4態) アビラ スペイン Avila, Spain 2005/04/23 Photo by KohyuhA チョウゲンボウ 成鳥 飛び姿(4態) アビラ スペイン Avila, Spain 2005/04/23 Photo by Kohyuh
B チョウゲンボウ 成鳥 飛び姿(4態) アビラ スペイン Avila, Spain 2005/04/23 Photo by KohyuhC チョウゲンボウ 成鳥 飛び姿(4態) アビラ スペイン Avila, Spain 2005/04/23 Photo by Kohyuh
チョウゲンボウ 成鳥 飛び姿(4態) アビラ スペイン
Avila, Spain 2005/04/23 Photo by Kohyuh



 チョウゲンボウ (長元坊) *203 *205 *207 2012/03/14
タカ目 Accipitriformes
ハヤブサ科 Falconidae
 学名 Falco tinnunculus
 英名 Common Kestrel
 全長 (L) = ♂33 ♀39 cm

2009/03/12
 アビラの 城壁 Las Murallas の散策2 で数十羽のチョウゲンボウが空を舞う光景に出逢った。 まるで、鷹柱 が立つようである。





それが特徴
 数十羽のチョウゲンボウが空を舞うというのは、嘘のように思われるかもしれないが、本当の話である。 カテドラル の上空を舞っていた。 そこから舞い立つものや舞い降りるものが居るのを見れば、彼らの塒 ねぐら になっているのだろう。


 
 シュバシコウ の巣も、あちこちに見られるから、チョウゲンボウと共存しているのかもしれない。 まさかシュバシコウの雛 ひな を狙っているのではあるまい。 それに、シュバシコウの方も全く気にする様子はなかったのである。

 cf. チョウゲンボウ (日本)
 cf. ハヤブサ科 Falconidae の特徴






渡り by Wikipedia
 極北部を除くユーラシア大陸のほぼ全域、並びにアフリカに広く棲息する。 ヨーロッパ、アフリカでは留鳥である。 一方、渡りをするものも多く、夏場は北欧、中欧、東欧、中央アジア〜東アジアにかけて地域で繁殖し、主にインドや南アジアで避寒する。




食べもの by Wikipedia
 主にネズミやそのサイズの哺乳類、たまに、カエルやコウモリやトカゲなども捕食する。 




名前の由来  引用 *31
 江戸時代前期から "ちょうげんぼう" の名で知られていた。 一方、"馬糞鷹 まぐそたか" などと軽蔑の意味で呼ばれたのは、チョウゲンボウはネズミなどの小動物しか獲らないので、鷹狩には不向きだったからといわれている。

 "長元坊" という名の僧侶も、また、同じように軽蔑の意味が込められていると考えられているのだが、実在の人物だったのか否かといった語源は不明である。






英名の意味
common 普通の、並の、ありふれた
kestrel 〔鳥〕 チョウゲンボウ
《小型のハヤブサ》
by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998



関連記事
ハヤブサ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
チョウゲンボウ 日本の鳥



 

戻る




履歴
2012/03/14 ロゴ統一更新
2009/03/12 初版公開










チョウゲンボウ (長元坊) Common Kestrel (Falco tinnunculus) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2019   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾