八幡次郎好酉の鳥紀行




アクロポリスの丘 アテネ ギリシャ Acropolis of Athens, Greece
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



 
<< Home Page
シュバシコウ (朱嘴鸛)


写真@
@ シュバシコウ 成鳥  ケルキニ湖 Kerkini, Greece 2008/05/28 Photo by Kohyuh
シュバシコウ 成鳥  ケルキニ湖
ギリシャ Kerkini, Greece
2008/05/28 Photo by Kohyuh



写真A
A シュバシコウ 親子  ドナウデルタ ルーマニア Delta Dunarii, Romania 2008/06/10 Photo by Kohyuh
シュバシコウ 親子  ドナウデルタ ルーマニア
Delta Dunarii, Romania
2008/06/10 Photo by Kohyuh



写真B
B シュバシコウ ドナウデルタ ルーマニア Delta Dunarii, Romania 2008/06/11 Photo by Kohyuh
シュバシコウ 成鳥  ドナウデルタ ルーマニア
Delta Dunarii, Romania 2008/06/11 Photo by Kohyuh



写真C
C シュバシコウ 成鳥  アビラ Avila, Spain  2005/04/22 Photo by Kohyuh
シュバシコウ 成鳥  アビラ スペイン
Avila, Spain 2005/04/22 Photo by Kohyuh



シュバシコウ (ヨーロッパコウノトリ) 【朱嘴鸛】 *207-165  2012/03/14
コウノトリ目 Ciconiiformes
コウノトリ科 Ciconiidae
 学名 Ciconia ciconia
 英名 European White Stork
 全長 (L) = 100-102 cm
 夏鳥 (ヨーロッパ)

2008/07/10
 どうも、スペインで観たコウノトリ (シュバシコウ) は薄汚れているものが多かったことに、いま気がついた。

 そもそも鳥類は、羽繕いや水浴びを怠らず、常に身奇麗にするものと思っていたから、戸惑ってしまう。







 それに比較して、ケルキニ湖のコウノトリは汚れた感じはない。 季節時で水辺が枯れているといった生息場所の問題なのか、なりふり構わず子育てに専念しなければならない親鳥だからなのか、今のところ分からない。 とにかく空飛ぶ鳥が羽繕いしない訳がない。





身体を清潔に保つ手段
1. 羽繕い 空を飛ぶ鳥で、この羽繕いを欠かすものはいないと思う。 羽繕いには、セットとして、"しごき"、"振り払い"、"油塗り" がある。
 cf. グルーミング
 cf. 羽根の特性

  1.1. しごき 羽根を嘴 (くちばし) で一枚一枚しごいて、汚れを取ったり、チャック (ファスナー) を整える。

 羽根は割れたりしても、チャックのような構造になっていて、嘴でしごけば元通りになっる。


  1.2. 振り払い 身体や羽根を震わせて、汚れなどを振り払ったり、羽衣 を整える。

  1.3. 油塗り 肛門付近にある脂腺から出る油を羽根に塗りつける。 防水や傷み予防の効果がある。
 cf. 油塗り

2. 水浴び ハダニや汚れを取るのに効果がある。
 cf. 水浴び (私のチュン)

3. 砂浴び 泥がつく可能性があるが、水浴びより効果があろう。
 cf. 砂浴び (私のチュン)

4. 頭掻き 嘴が届かない頭部を掻くことだが、単に痒いからではなかろう。 羽繕いを足でしているようなものである。

この頭掻きには、直接頭掻き間接頭掻きの 2種類あるが、これは鳥の種類によって異なるが、どちらかであって、両方するものは見たことがない。 
 cf. 頭掻き
 cf. コムクドリの頭掻き (間接頭掻きの例)












2008/04/18
 "シュバシコウ" とか "ヨーロッパコウノトリ" とか呼ばれているけれども、子供の頃から私たちが知っている "赤ちゃんを運んでくるコウノトリ" とは、この鳥のことである。


 江戸時代以前の日本には、コウノトリ は多くさんいた筈なのに、そのような話は生まれなかったようである。

 庶民には禁猟とされていたものが、明治以降になって、誰でも獲ることができるようになり、終には、日本産のコウノトリは絶滅した *30 背景がある。






渡り
 シュバシコウは、イベリア半島、北アフリカ西部・地中海沿岸、中欧、東欧、西アジアなどで繁殖し、冬場にはアフリカのサハラ砂漠帯の南部沿い、アフリカ東部、アフリカ南部等に渡って越冬する渡り鳥である。




食べもの
 シュバシコウは、主には、バッタ等の昆虫やカエルや小魚を捕食するが、トカゲや小形の哺乳動物、小鳥なども捕食する。




名前の由来  引用 *31
 シュバシの漢字表記が "朱嘴" であるように、嘴 くちばし の色が赤いことに由来する。
 また、"コウ" は、古くは "かうのとり" の異名である。 "かう" の語源は、大言海によれば漢名のの音 「くゎぬ」 が 「かう」 に変わったもの。 判官 はぬがん が判官 はうがん になったのと同様であるとのこと。





学名の意味
Ciconia 〔鳥〕 コウノトリ
ciconia 〔鳥〕 コウノトリ
by 「野鳥の学名入門」 くまたか




英名の意味
European ヨーロッパの、欧州の
white 白色の
stork 〔鳥〕 コウノトリ
【解説】
 コウノトリが巣を作る家は幸運が訪れるとされ、赤ん坊はコウノトリがくちばしに下げて運んでくるという言い伝えは欧米に広く伝えられている。
by New College English-Japanese Dictionary,
6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998




関連記事
コウノトリ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
コウノトリ 日本の鳥
シュバシコウ 2 ドイツの鳥
シュバシコウ 3 ポーランドの鳥



 




履歴
2012/03/14 ロゴ統一更新
2008/08/16 写真A追加と写真No更新
2008/07/17 写真A入れ替え
2008/07/10 写真@A&記事追加
2008/04/18 記事追加&スタイル統一
2007/12/19 記事の復旧










シュバシコウ (ヨーロッパコウノトリ) 【朱嘴鸛】 European White Stork (Ciconia ciconia) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾