八幡次郎好酉の鳥紀行





アクロポリスの丘 アテネ ギリシャ Acropolis of Athens, Greece
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



 
<< Home Page
イワゴジュウカラ (岩五十雀)

写真@
@ イワゴジュウカラ 成鳥  デルフィ ギリシャ Delphi, Greece 2008/05/25 Photo by Kohyuh
イワゴジュウカラ 成鳥  デルフィ ギリシャ
Delphi, Greece 2008/05/25
Photo by Kohyuh




写真A
A イワゴジュウカラ 成鳥  デルフィ ギリシャ Delphi, Greece 2008/05/25 Photo by Kohyuh
イワゴジュウカラ 成鳥  デルフィ ギリシャ
Delphi, Greece 2008/05/25 Photo by Kohyuh




写真B
B イワゴジュウカラ ねぐら?  デルフィ ギリシャ Delphi, Greece 2008/05/25 Photo by Kohyuh
イワゴジュウカラ 塒 ねぐら ?  デルフィ ギリシャ
Delphi, Greece 2008/05/25 Photo by Kohyuh




イワゴジュウカラ (岩五十雀) *203 *207  2012/03/12
スズメ目 Passeriformes
ゴジュウカラ科 Sittidae
 学名 Sitta neumayer
 英名 Western Rock Nuthatch

 全長 (L) = 14 cm
 留鳥 in Europe
 雌雄同色

 イワゴジュウカラを初めてみたときは、ゴジュウカラと思っていた。 ただ、ほぼ垂直にそそり立つ大きな岩の上を走り回っていたので、奇妙な感じで観ていたのは確かである。

 このような芸当が出来る鳥は、そう他にはいまい。 姿や動作からして、ゴジュウカラであろうと思ったのは仕方がなかろう。








 そろそろ日が暮れかかる夕食前のことであったから、ゴジュウカラの "ねぐら入り" かと考えていたのである。 岩穴が "ねぐら" とすれば説明がつく。








これで納得
 それが、ゴジュウカラと並べて見ていると、どうもしっくりこないのである。 胸が白かった。 もう一度、図鑑を調べ直してみると、Sitta neumayer に似ていることがわかった。 *207

 学名が分れば、和名はネットで調べれば直ぐ分かる。 こうして、"イワゴジュウカラ" に辿り着いた次第である。 さらに、"イワ" は、"岩" のことであろうと、岩場にいたから直に納得したのであった。




 ただ、外見だけで、"ゴジュウカラ" と "イワゴジュウカラ" と "シロハラゴジュウカラ" の違いを説明するのは容易ではない。

 強いて区別するなら、胸部から腹部にかけての白い部分の領域が、以下の順で広くなる。 さすがに "白腹" という冠が付くだけあって、シロハラゴジュウカラが一番白っぽい。



ゴジュウカラ類の白色部位面積 
ゴジュウカラ イワゴジュウカラ シロハラゴジュウカラ
狭い

→→→ 広い
 








渡り
 セビリア、ギリシャ、トルコやイランなどに 留鳥 として生息しているが、それほど広域ではない。 *207




食べもの
 夏場には昆虫やその幼虫など、また、冬場には種子やカタツムリなど食べる。






英名の意味
western 西の [にある]; 西向きの
rock 岩、岩石; 岩盤、岩床、岩壁
【類語】
 stone は rock のかけらで, あまり大きくない石;
 rock は地球の表面を形成している大きな岩石;
 gravel は stone より小さい石で, 道路に敷いたりする;
 pebble は水の作用で丸くなった小石;
 《米》 では rock を石の意にも用いる
Nuthatch 〔鳥〕 ゴジュウカラ
by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998



関連記事
ゴジュウカラ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示







履歴
2012/03/12 ロゴ統一更新
2008/07/31 初版公開











イワゴジュウカラ (岩五十雀) Western Rock Nuthatch (Sitta neumayer) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾