八幡次郎好酉の鳥紀行




ドナウデルタ河畔の夕暮れ ルーマニア Delta Dunarii, Romania
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



<< Home Page
キセキレイ (黄鶺鴒)

写真@
キセキレイ ♂ 夏羽 シナイア ルーマニア  Sinaia, Romania 2008/06/13 Photo by Kohyuh
キセキレイ ♂ 夏羽  シナイア  ルーマニア
Sinaia, Romania 2008/06/13 Photo by Kohyuh



写真A
キセキレイ ♂ 夏羽 Baile Olanesti ルーマニア Romania 2008/06/16 Photo by Kohyuh
キセキレイ ♂ 夏羽  Baile Olanesti ルーマニア
Baile Olanesti, Romania 2008/06/16 Photo by Kohyuh



写真B
キセキレイ ♂ 夏羽 Baile Olanesti ルーマニア 2008/06/16 Photo by Kohyuh
キセキレイ ♂ 夏羽  Baile Olanesti ルーマニア
2008/06/16 Photo by Kohyuh



 キセキレイ (黄鶺鴒) *203 *205 *207 2012/03/12
スズメ目 Passeriformes
セキレイ科 Motacillidae
 学名 Motacilla cinerea
 英名 Grey Wagtail
 全長 (L) = 20 cm
 雌雄同色

 日本で見る キセキレイ と全く同じである。 学名も同じであるし、ルーマニアに限らず、ほぼヨーロッパ全域で 留鳥 として居るようである。

 写真A は、キセキレイにしては尾羽が短いように見えるだろうが、実際に短かった。 ところが 幼鳥若鳥 でもなさそうである。








 私のチュン も尾羽が抜け落ちるのを何度も見てきたが、いつの間にか、また、再生してきたものだった。 換羽 の途中かも知れない。




雌雄の判別
 キセキレイの喉が黒いのは雄の 夏羽 の特徴である。 一方、雌では白いものから黒いものまで変異がある。 *205  ・・・ ということであるから、この写真のものは喉が黒いから、雄かもしれないし、雌かも知れないということになる。


 一方、冬羽 では、雄の喉は白くなり、雌雄とも体下面は 夏羽 に比べ淡くなる。 だから、雌雄の区別はよけいに難しくなる。 *205


 要するに、雌雄の判別がつけやすい 夏羽 の時でさえ、このように曖昧である。 だからこそ、多くの図鑑では、キセキレイは "雌雄ほぼ同色" としていることが多いのだろう。

 そして、ここでは "雌雄ほぼ同色" という曖昧な言葉は使わず、"雌雄同色" に一本化しているのである。

 それは、バーダー にとって雌雄の決着をつけることは、さほど重要なことではないと思うからだ。


 かといって、雌雄判別を始めから諦めていては、面白くない。 できる努力はしてこそ、興味が湧いてくるというものだ。


 この場合、「約67パーセントの確率で、オス(夏羽) と判断する」 などと言えばよいのである。 ただし、メス(夏羽)の白と黒の比が50対50と仮定する。








キセキレイフィールドマーク *2
 ・黄色い腹と灰色の背
 ・長い尾と、それを上下に振る動作
 ・脚を交互に出して歩く
 ・波状に翔ぶ






同定理由
 ・外形や尾羽を振る動作がセキレイそのもの
 ・腹部が黄色








学名の意味 *12
Motacilla 小さな(尾)を動かすもの→セキレイ 【ラ】
cinerea 灰色の 【ラ】 cinereus の女性形



英名の意味
grey 《米》 では gray、《英》 では grey と綴る
灰色の、ねずみ色の、グレーの
wagtail 〔鳥〕 セキレイ
【語源】 .歩く時に尾を振ることから
by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998






関連記事
セキレイ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示する
想像力がたくましい 「教え鳥」 って、何を教えてくれるの
セキレイが尾を振るわけ 聞いてびっくり、高等戦術!
キセキレイ 1 日本の鳥
キセキレイ 3 タイの鳥
キセキレイ 4 日本の鳥 (♂ 夏羽







履歴
2012/03/12 ロゴ統一更新
2008/07/06 初版公開










キセキレイ (黄鶺鴒) Grey Wagtail (Motacilla cinerea) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2017   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾