八幡次郎好酉の鳥紀行




ドナウデルタ河畔の夕暮れ ルーマニア Delta Dunarii, Romania
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



 
<<Home Page
シジュウカラ (四十雀)

写真@
@ シジュウカラ ♀ 成鳥 ルシュノフ砦 ルーマニア Rasnov Fortress, Romania 2008/06/14 Photo by Kohyuh
シジュウカラ ♀ 成鳥  ルシュノフ要塞 ルーマニア
Rasnov Fortress, Romania
2008/06/14 Photo by Kohyuh



写真A
A シジュウカラ 若鳥  Olanesti, Romania 2008/06/16 Photo by Kohyuh
シジュウカラ ♀ 成鳥  Baile Olanesti ルーマニア
Baile Olanesti, Romania
2008/06/16 Photo by Kohyuh



写真B
B シジュウカラ 若鳥 ブルノ チェコ Brno, Czech 2007/05/23 Photo by Kohyuh
シジュウカラ 若鳥
ブルノ チェコ Brno, Czech
2007/05/23 Photo by Kohyuh



写真C
C-1 シジュウカラ 親子 バラトン湖 バダチョニ山 Lake Balaton, Badacsony hegy, Hungary 2007/06/04 Photo by KohyuhC-2 シジュウカラ 幼鳥 バラトン湖 バダチョニ山 Lake Balaton, Badacsony hegy, Hungary 2007/06/04 Photo by Kohyuh
シジュウカラ 親子 バラトン湖 バダチョニ山
Lake Balaton, Badacsony hegy, Hungary
2007/06/04 Photo by Kohyuh




 シジュウカラ (四十雀) *203 *205 *207 2012/03/14
スズメ目 Passeriformes
シジュウカラ科 Paridae
 学名 Parus major
 英名 Great Tit
 全長 (L) = 15 cm
 留鳥 in Europe

 シジュウカラは、ヨーロッパ全土に広く 留鳥 として生息している。 季節がら、子育てする姿が目立った。

 色んなところで姿を見かけるのだが、ムキムキの雄は、すばしっこくてカメラに納めることは出来なかった。






 待てばいいのだが、そうしないところが私の旅のスタイルであるから仕方がない。 鳥観 とりみ のために旅をするのではないからだが、といっても、鳥たちとの出逢いは楽しい。 それぞれに思い出を残してくれた。








写真@
 ルシュノフ要塞
Rasnov
ルシュノフ要塞から町を望む
ルシュノフ要塞から町を望む
Rasnov Fortress, Romania
2008/06/14 Photo by Kohyuh
 通りすがりに見たお城が気になって立ち寄ったルシュノフ Rasnov という町のことを思い出す。 この要塞の麓の B&B に泊まった。

 要塞の中の植え込みにシジュウカラ 写真@ がいた。


 日本では知られていないが、ルシュノフ要塞 Rasnov Fortress は、車で30分ほどの、すぐ近くにあるドラキュラ伯爵ゆかりのブラン城 Castelul Bran に勝るとも劣らない見応えがあった。


 ガイドによる案内ではなく、自由に見て回れるし、個人の住居 (お城) ではなく、要塞の何たるかがよく分かる。







 普段は要塞の中で生活し、事があればそこに立てこもり、平穏なときには、門を開けて農作業に出かける。 そういった様子が偲ばれるのである。 それに、何より見晴らしがよい。

  cf. ルシュノフ要塞の中庭








写真A
 スパの街 Baile Olanesti
 この Baile Olanesti という街には スパ spa があるから行ってみたらよいと、ルーマニアの人に教えられて来た所である。 本道から脇道に入って、田舎道を 10km ほど進むと、それこそ スパ spa の街は、忽然と現れた。

 こんな山奥なのに、大人から子供まで、大変な人出である。 ここに来て見れば、スパ spa の何たるかがよく分かった。  露店が立ち並び、遊園地があり、ホテルやレストランなどが林立する一大保養地という風情であった。





 この 写真A のシジュウカラは、露天商が陳列している木の実を狙っているのである。 一つつまんでは、どこかに飛んで行き、しばらくして、また帰ってくる。

 私がカメラを構えているのを見て、何度も木の実を持って行かれるのを我慢して、撮り終るまで待っていてくれた。

 木の実を狙っていたのは、シジュウカラだけではないようだ。 そのとき気づかなかったが、イスカ が偶然写っていた。 シジュウカラほど大胆ではなく、遠くで隙 すき を狙っていたのだろう。






Baile Olanesti (1)
鉱泉への道 
鉱泉への道
Baile Olanesti, Romania
2008/06/16 Photo by Kohyuh

 お祭りののような屋台が立ち並ぶ通りを過ぎると、せせらぎがあり、静かな林の中へと続いていた。

 その道を行き交う大勢の人々は、手にペットボトルをぶら下げて歩いていた。

 中には、数本下げている人もいた。 後でわかったが、量を確保するためではなく、鉱泉水の成分が異なるようである。




 どうやら、この人の流れに従ってついて行くと、鉱泉源あるようだ。







 やがて、白い建物が現れ、観光客がそのまま中に入って行った。 私たちも入っていいものかとためらわれたが、特に受付があるわけではなかった。

 さらに奥には、こういった鉱泉水の、どれが自分の身体に合っているのか、など、診断してくれたり、温泉による入浴治療を施したり、長期療養したりする宿泊施設や公営の病院があるのだろう。







Baile Olanesti (2)
十数種類もの鉱泉水が湧き出る施設 (無料) 蛇口
十数種類もの鉱泉水が湧き出る施設 (無料)
蛇口
Baile Olanesti, Romania 2008/06/16 Photo by Kohyuh



 鉱泉源では、写真上左のようなブースが並んであった。 成分の異なる鉱泉水が何種類も出るからである。 各ブースには、鉱泉水の番号と、その成分表が張ってあり、それぞれに蛇口 (写真上右) がついていて、かけ流しにしている。

 その中から、自分の身体に合った鉱泉水を、何種類かペットボトルに入れ分けて持ち帰るのである。 人気のある鉱泉には行列が出来ている。 いろいろ試して見たが、行列のするものは飲みやすかった。



スパ spa
 鉱泉[温泉]の出る保養地 ※5









写真B
 トゥーゲントハット邸 Villa Tugendhat (ブルノ Brno, チェコ Czech)
 吉永小百合のテレビコマーシャルで有名になった、チェコ共和国の首都プラハに次ぐ、第2の都市ブルノ Brno にあるトゥーゲントハート邸 Villa Tugendhat を見に行った。 世界文化遺産である。 開館を待っている人たちがいたので一緒に並んでいた。


 いよいよ開館になったので入ろうとすると、予約はあるかと聞かれた。 もちろん、予約がいるとは知らなかった。 15人ほどしかいないのに、どうしても入れてくれなかった。

 仕方なく、次の開館に予約したが、また、2時間ほど時間を潰さなければならなかった。 近くには大きな、立派な公園があるから、鳥観 とりみ には都合が良かったが、それにしても疲れた。 写真B のシジュウカラは、この公園にいた。



 ちなみに邸内は撮影禁止であったし、外からでは絵にならないように上手く設計されていた? 普通の住宅街にあり、その中のごく普通の家にしか見えない。 見学している人は、建築関係の人が多かった。



世界遺産の名前 地区 種別 登録年
トゥーゲントハット邸
 Tugendhat Villa in Brno

ブルノ チェコ Brno, Czech 文化遺産 (2), (4) 2001年

(2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。

(4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。 





near by Tugendhat Villa
トゥーゲントハート邸近くの公園 ブルノ チェコ near by Tugendhat Villa in Brno, Czech 2007/05/23 Photo by Kohyuh
トゥーゲントハート邸近くの公園 ブルノ チェコ
near by Tugendhat Villa in Brno, Czech
2007/05/23 Photo by Kohyuh




傘の思い出
 次回の開館時間が近づいたので鳥観 とりみ を切り上げて受付に帰って来たのだが、あいにく小雨がぱらつき出した。 たいした雨ではないが街路樹の下で雨宿りしていた。 15, 6人の人たちが開館を待っていたが、傘を持っていない人は私たちの他に数人いた。

 私は、もう 5分も我慢すれば中に入れるだろう。 帰りはタクシーを呼んでもらおう、などと考えていた。 そのときである。 一人の男性が開館間近なのに、小雨の中を道路を渡って歩き出す姿が見えた。

 どうやら路上駐車しているようであったから、車でも移動させるのかと思っていたのだが、車のトランクを開けて、傘をもう一本取り出したのである。 私は、雨宿りで他にすることもないので、ついつい、彼の行動を眼で追っていたのである。

 彼は夫婦で見学に来ているようで、なるほど傘はそのためかと納得したことだった。 そのご夫妻は、最初は相合傘であったから、もう一本取りに行ったとばかり思っていた。 私は内心、その傘のことが羨ましく思っていた。

 この段階で、私の眼は、見るとは無しに、どこか他の目標に移っていたのだろう、不意に横から声をかけられて、我に返った。 先ほどの男性が傘を差し出して目で促していた。 『これは捨てようと思っていた壊れた傘なんですが、使ってください』 とのことである。


 他にも傘がない人はいたのだが、私たちが二人連れだし、日本人とわかって特別に気遣ってくれたのだろう。 まさかと思うのだが、あの吉永小百合のTVコマーシャルは、こちらでも放映されていたのかもしれない。

 私が傘を受け取るなり、特に、『どこから来たのか?』 といった会話を求めることはなく、再び、奥さんの傘に戻っていった。 それはとても自然な感じで、また、回りの人たちも何ごともなかったように、眼を向けることもなかった。



 その傘は多いに助かった。 ガイドによる室内の見学が終わったあと庭に出るのだが、ここで自由解散である。 庭の散策は、ご自由に ・・・ とのことだ。 それが、まだ、雨が降っていたのである

 私たちは、彼のご夫妻の後を付かず離れずの距離で庭を散策した。 出口で傘を返して、タクシーで帰ろうと考えていたのだ。

 そして、出口で声をかけたのである。 すると、『もし、不要になったら捨ててください』 といって傘は受けとらなかった。 確かに、傘は骨が折れたものだったが、多いに助かったことは間違いない。 考えてみれば、タクシーも拾えたかどうかわからない。 また、駅までの道程は、徒歩 20分はかかるものだった。 


 この傘の経験があって、今では私も、不要な傘を一本、車に用意している。 いつか、誰かに、ここで受けた "お礼の気持ち" をお返ししたいのである。










写真C
 バラトン湖 Lake Balaton
 バラトン湖は、中央ヨーロッパで最大を誇り、海のないハンガリーでは、"ハンガリーの海" と呼ばれて親しまれているという。 そのバラトン湖の眺望が最も美しいといわれているところがバダチョニ山 Badacsony heg である。


 その トレッキング の道を辿ると、所々に展望所があり、その度に、バラトン湖のいろんな姿が楽しめる。 その途中に、写真C のシジュウカラの親子 (母親と幼鳥 2羽) がいた。





バラトン湖 バダチョニ山からの眺め
バラトン湖 バダチョニ山からの眺め Lake Balaton, Badacsony hegy, Hungary 2007/06/04 Photo by Kohyuh
Lake Balaton, Badacsony hegy, Hungary
2007/06/04 Photo by Kohyuh










英名の意味
great (規模・程度など)大きい、大…
tit 〔鳥〕 シジュウカラ科の小鳥
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998



関連記事
シジュウカラ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
シジュウカラ 1 日本の鳥
シジュウカラ 2 アイルランドの鳥
八幡市の鳥はシジュウカラ 八幡市の鳥に制定







履歴
2012/08/20 写真DE移動独立
2012/03/14 ロゴ統一更新
2009/11/22 写真DE追加更新
2008/07/28 初版公開










シジュウカラ (四十雀) Great Tit (Parus major) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2019   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾