八幡次郎好酉の鳥紀行




アクロポリスの丘 アテネ ギリシャ Acropolis of Athens, Greece
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



 
<< Home Page
コシアカツバメ (腰赤燕)


写真@
@ コシアカツバメ ケルキニ湖 ギリシャ Kerkini, Greece  2008/05/28 Photo by Kohyuh
コシアカツバメ ケルキニ湖
ギリシャ Kerkini, Greece
2008/05/28 Photo by Kohyuh



写真A
A コシアカツバメ ケルキニ湖 ギリシャ Kerkini, Greece  2008/05/28 Photo by Kohyuh
コシアカツバメ ケルキニ湖 ギリシャ
Kerkini, Greece 2008/05/28 Photo by Kohyuh



 コシアカツバメ (腰赤燕) *203 *205 *207 2012/03/14
スズメ目 Passeriformes
ツバメ科 Hirundinidae
 学名 Cecropis daurica
 英名 Red-rumped Swallow
 全長 (L) = 16-17 cm
 雌雄同色

 参考にした図鑑 *207 にある学名は、Cecropis daurica となっているが、これは、グールド鳥類図譜によるもので、現在では Hirundo daurica が使われているようである。 *205









ジョン・グールド John Gould 1804-1881
 英国の博物学者で、膨大な数の "鳥類図譜" を著した。 鳥人(バードマン)と異名があるほどで、多くの鳥好きや学者に受け入れられた。




一種複数学名について
 学名には、同じものに対して、初めから、二つ以上の名前がある分けではない。 人間のように、"太郎" などという名の者が、何人いてもよい、ということはない。 一種一学名である。

 また、新種の "鳥" を発見して、例え、誤って "猫" に関連する名前を付けたとしても、それが正式な学名として登録されれば、それはそれで、そのまま使われるものである。


 学名は学名で、その良否 (例えば、うまくその種であることを表現した名前になっているかどうか) は、それほど重要なことではないだろう。


 ただ、いろんな人が新種を発見して、それらの学名を命名し、それが登録された後になって、研究が進み、かって、登録されていたものと、同じものだったと "同定" されることも多々あろう。 人間が命名することであり、完璧である筈がない。


 また、命名者ではない博物学者などが、図鑑を著すときに、記憶違いや、勘違いや、混乱したりして、本来の学名に対して、それを誤って記したり、また、誤植したりすることも、多々あろう。

 これもまた、人間がすることであるから。 そして、著名な図鑑であればあるほど、誤ったまま、気づかれないまま、使いまわされることになろう。


 結果、"同じ種" なのに、見かけ上、学名が "複数" 存在することになる場合も、多々、起こり得ることだ。 しかし、このような一種複数学名が顕在化するようになれば、やがてそれは、時の経過とともに、一種一学名へと軌道修正がなされていくだろう。


 なぜなら、
 @ 後世になって、同じものと 同定 された場合は、どちらかというと、最初の発見者の命名が尊重されるに違いない。

 A また、記憶違いや誤記・誤植などに起因するものは、その図鑑等の利用者の多くの眼によって、誤りに気がつき、訂正され、改訂されて行くことになるに違いない。





 コシアカツバメが大挙して、湖岸の土をとりに来ていた。 その土が巣材となるのである。 行きつ戻りつしていたが、どこに運んで行ってるのかは分からない。

 この程度の写真でも、コシアカツバメと 同定 する根拠には問題はない。 ただ、その名前の由来となる "赤い腰" なる部分は、残念ながら写っていない。







フィールドマーク *2
 ・赤い腰
 ・喉から腹は黒い縦斑
 ・細い赤みをおびた眉斑








英名の意味
red 赤い、赤色の、真っ赤の
rumped (四足獣の)尻、臀部 でんぶ
swallow 〔鳥〕 ツバメ
by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998






関連記事
ツバメ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
コシアカツバメ 八幡の鳥







履歴
2012/03/14 ロゴ統一更新
2008/05/13 初版公開











コシアカツバメ (腰赤燕) Red-rumped Swallow (Cecropis daurica) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾