八幡次郎好酉の鳥紀行


ダヴァルの断崖 エトルタ フランス Falaise d'Aval, France
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



<< Home Page
ユリカモメ (百合鴎)

写真@
@ ユリカモメ 夏羽  トゥルチャ ルーマニア Tulcea, Romania 2004/05/02 Photo by Kohyuh
ユリカモメ 成鳥 夏羽
トゥルチャ ルーマニア
Tulcea, Romania
2008/06/10 Photo by Kohyuh



写真A
A ユリカモメ 夏羽 カマルグ湿原地帯 フランス Camargue, France 2004/05/02 Photo by Kohyuh
ユリカモメ 成鳥 夏羽
カマルグ湿原地帯
フランス Camargue, France
2004/05/02 Photo by Kohyuh



写真B
B ユリカモメ 夏羽 カマルグ湿原地帯 フランス Camargue, France 2004/05/02 Photo by Kohyuh
ユリカモメ 成鳥 夏羽 飛び姿
カマルグ湿原地帯
フランス Camargue, France
2004/05/02 Photo by Kohyuh



ユリカモメ (百合鴎) *13 *203 *205 *207 2012/03/15
チドリ目 Charadriiformes
カモメ科 Laridae
 学名 Larus ridibundus
 英名 Black-headed Gull
 全長 (L) = 37-43 cm
 雌雄同色

 2008年 6月 10日 2008/08/03追加
 ドナウデルタ (ルーマニア) の玄関口であるトゥルチャ Tulcea の港を飛び回っていた。 最初は、ズグロカモメかと思って期待したのだが ・・・ どうやら、ユリカモメのようだ。









夏羽姿を見たければ
 3月になれば日本でも、このユリカモメの 夏羽 姿を見られると聞いて鶴見緑地公園に出かけたのだが、ほとんどの水鳥たちは、既に渡って行った後だった。 (2008/03/09)

 彼らが出発したのは、一日前だったかも知れないし、また、一週間前だったかも知れない。 あったとしても、せいぜいその程度の誤差である。

 しかし、北へ帰っては行くが、一気に渡るのではなかろう。 休憩や腹ごしらえをしながら、点々と移動していく筈である。

 だから、例え、大阪を出発したとしても、琵琶湖辺りで休んでいるかもしれない。 少なくとも、関東、東北までは行き着いていないだろう。 夏羽 のユリカモメを見たければ、その時期に、その辺りまで行けばよいことになる。

 cf. ユリカモメ (夏羽)










2004年 5月 2日 2008/04/19追加
 この鳥が鴨川で良く見るユリカモメとは思わなかった。 珍しい鳥を見つけたと、喜んでいたのに ・・・

 オシドリ のように雄が 婚姻色 で綺麗に変身するのなら分かるけれど、雌雄同色 だという。 ただこれは、雌雄ともども受け入れOKというサインだから、わかりやすくていいかも知れない。 しかし、これでは恥ずかしくて街を歩けないという人もいるだろう。

 それなりの理由があるはずで、それを知りたいものだ。 鴨川でも、この 夏羽 のユリカモメを見ることができるんだろうか。

 cf. ユリカモメ (夏羽)








学名の意味 *12
Larus カモメ  【ギ】 larus
ridibundus 笑っている  【ラ】 ridibundus、rideo 笑う



英名の意味
black-headed 黒い頭の
black : 黒い、黒色の
headed : [複合語をなして] 頭が…の、…頭の
gull 〔鳥〕 カモメ
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998



関連記事
カモメ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
ユリカモメ 日本の鳥
ユリカモメ ユリカモメ本文










履歴
2012/03/15 ロゴ統一更新
2008/08/03 写真@追加 (変更@A→AB)
2008/04/19 スタイル統一(更新)
2007/12/24 スタイル統一











ユリカモメ (百合鴎) Black-headed Gull (Larus ridibundus) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2019   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾