八幡次郎好酉の鳥紀行





カオヤイ国立公園 タイ Khao Yai National Park, Thailand
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
鳥紀行 |タイ編 (1) ||タイ編 (2) | ツイート |タイ編 (2014) |



<< Home Page
アオショウビン (青翡翠)

写真①
① アオショウビン 成鳥 カオヤイ・コテージ タイ Khao Yai National Park, Thailand 2014/01/29 Photo by Kohyuh
アオショウビン 成鳥  カオヤイ・コテージ タイ
Khao Yai National Park, Thailand
2014/01/29 Photo by Kohyuh



写真②
② アオショウビン 成鳥 カオヤイ・コテージ タイ Khao Yai National Park, Thailand 2014/01/29 Photo by Kohyuh
アオショウビン 成鳥  カオヤイ・コテージ タイ
Khao Yai Cottage, Thailand
2014/01/29 Photo by Kohyuh



写真③
③ アオショウビン 成鳥 カオヤイ・コテージ タイ Khao Yai National Park, Thailand 2014/01/29 Photo by Kohyuh
アオショウビン 成鳥  カオヤイ・コテージ タイ
Khao Yai Cottage, Thailand
2014/01/29 Photo by Kohyuh



アオショウビン (青翡翠)  *201-182 *212-plate57 2014/02/06
ブッポウソウ目 Coraciiformes
カワセミ科 Alcedinidae
 学名 Halcyon smyrnensis
 英名 White-throated Kingfisher
 全長 (L) = 27 cm
 雌雄同色

 いよいよチェックアウトするための準備をしていたとき、聞きなれない鳥の声がしたといって、家内が窓から覗き見をした。 かって、マレーシアで出逢ったことのあるアオショウビンだった。








カオヤイ・コテージ Khao Yai Cottage
カオヤイ・コテージ Khao Yai Cottage (1) 一戸建ての部屋にはベランダが裏庭に向けてある。

 そのすぐ下には水路があって、その向こうはヤシの木や見知らぬ木々がこんもりとあり、そのため、その向こうの先は見えない。

 水路は左の写真からでは、向かって右側奥にある。











カオヤイ・コテージ Khao Yai Cottage (2) 広い庭を囲むように数棟のコテージとレストランや管理棟などがある。

 ここだけでも鳥観 とりみ が出来そうで、いかにも鳥が好きそうな雰囲気があった。

 右端に見える大きな家はレストラン棟で、朝食や夕食も摂れる。














Nim さんとの出逢い
 このカオヤイ・コテージは、カオヤイ国立公園へ行くための足場とするために選んだものだ。 もちろん、カオヤイは日本の軽井沢と呼ばれるように、ホテルは多々あるのだが、多少の交通の不便やホテルの格式といったものは、経済的な観点からすれば除外せざるを得なかった。

 それがここに来て、格式だけでは計れないものがあるという思いを新たにしたのである。 何でもそうだが、ものの良し悪しは、そこに携わる人の資質によるということである。 ここで、そういったNim さんとの出逢いがあったのだ。



メールの応答でわかる
 今回の旅でも、ピックアップ・サービスなどの問い合わせをメールで行ったのだが、一流のものでも無しのつぶてのホテルもあった。 もちろん、それを一流というのはおかしいのだが ・・・ まぁ、五つ星ホテルともなると違うのかも知れない。


 その点、このカオヤイ・コテージは立派だった。 五つ星にも勝るとも劣らないと言えるであろう。 応答のスピードといい、的確で親切な説明といい ・・・


 このカオヤイ・コテージへのアクセス方法について、バンコクからメールで問い合わせをしていたのだった。 それというのも、情報が少なくて、ここへ行くのは、そう簡単ではなかったからだ。


 ・・・ すると直ぐに、以下の応答があったのである。 実に的確なもので、また、立派な英文でもある。 教養の高さがうかがえる。



Dear Sir,
I'm so sorry there're no pick up service of our Hotel. There're three choice of getting Khao Yai.

The first choice is getting the local bus (blue one which 2 rows seatside), there're every 30 mins. The bus stop is nearing 7-11 (which roundabout in front of 7-11), it's cost 40 Baht/person. This case is cheaper and be proper if you haven't many luggage (or the big one). Tell the driver that you want to go to Khao Yai Cottage (bann Kud Kla near 7-11 , kms.20 Thanarat rd.) It's about 25 kms. from Pakchong, and takes about 40 mins.

The second choice is hiring taxi at the bus stop when you reach Pakchong. It's more convenience but costs about 500 Baht. The officer at the bus stop can arrange for you. And my telephone no. is 081-9196771 , if they can't understand you should ask them to call me.

And the last one is choose the minivan from Bangkok to Pakchong. The name of this company is 'Jamnong Tour', their office is near Century Departmentstore, connect to The Victory Monument. It's one of the van to Pakchong (from Bangkok). When you buy the ticket, tell them that you want to go to Khao Yai (Khao Yai Cottage , bann Kud Kla near 7-11 , kms.20 Thanarat rd.) It costs 300 Baht/person. You'll reach Khao Yai Cottage directly.

I don't know which way is the best for you. And so sorry that we haven't this service. I hope to serve you by prepare convenience&clean cottage for your trip.

Best Regards,
Nim : Khao Yai Cottage




 メールを受け取ったとき、Nim さんは男性と思っていたから、管理棟でチェックインのときに応対してくれたおばさんがそうだとは気がつかなかった。 おばさんといっては失礼かもしれない。 歳も家内よりはずっと若いだろう。

 ただ、身を飾らない普段着姿で、物静かな語り口で応対してくれた。 日本にも行ったことがあるというので話が弾んだ。


 家内が折り鶴を折って見せたり、また、彼女もチャレンジしたりした。 お互いに写真も撮りあったりした。


 ここに至って、『メールをくれたのは貴方ですか?』 と聞いたのである。 彼女しかいないと確信したからである。









風の神の娘アルキュオネ
 アオショウビンの学名にある "Halcyon" は、ギリシャ神話の風の神アイオロスの娘アルキュオネに由来する。 そこには悲しくも仲睦まじい夫婦の物語があったのだ。

古代ギリシャ語: "Halcyon" = "Alcyon" = "Alcyone"



 彼女の夫は明けの明星の息子でテッサリア王ケユクスである。 二人は深く愛し合い、最高神ゼウスとヘラの夫婦のようだと噂されるほどだった。 残念なことに、調子に乗ったわけでもないのだが、お互いを 「ゼウス」、「ヘラ」 と呼ぶようになり、それがもとで神々の怒りを買ってしまったのである。

 テッサリア王国は天災や異変が続いた。 ケユクスは神々の怒りを鎮めるためアポロンの神殿に神託を受けるために船出したのだった ・・・ 妻のアルキュオネが止めるのも聞かずに ・・・


 ・・・ というのも、風の神の娘である彼女は嵐の恐ろしさをよく知っていたのだ。 そして、案じたとおりケユクスの船は嵐に襲われ、彼も帰らぬ人となってしまったのだった。


 夫の死を知らず女神ヘラの神殿に何度も祈り続けるアルキュオネは、眠りの神ヒュプノスの息子モルペウスにより、夢の中で夫の死を告げられた。

 女神ヘラが哀れんだのであろう、虹の女神イリスにヒュプノスを目覚めさせるよう命じた。 彼女の計らいでヒュプノスは目覚めて、息子モルペウスにケユクスの姿でアルキュオネの夢枕に立ち、彼の死を告げるように命じたのである。


 最愛の夫の悲報を知ったアルキュオネは、海に身を投じて彼の後を追ってしまう。 これを哀れに思ったゼウスは、二人の亡骸を二羽の美しいカワセミに変えた。

 最高神といえども彼らを元どおりには戻せない。 こうして二人は、姿は変わったが、また仲睦まじく暮らせるようになったそうだ。


【補追】
 偶然にもショウビンの漢字名である "翡翠" は、一対のカワセミのことだった。 ギリシャ神話の世界観が、古代中国と同じだったのだ。

 cf. ショウビンの由来 ・・・ 雄を翡、雌を翠と言う


by 図解ギリシャ神話より引用








アオショウビンの渡り
アオショウビンの食べもの
アオショウビンの名前の由来





関連記事
カワセミ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
アオショウビン 1 マレーシアの鳥










cf. ツィータ過去ログ連動
 (1)_twitter January 29, 2014 さよならカオ・ヤイ・コテッジ
 (2)_twitter January 29, 2014 パク・チョンのメイン通り
 (3)_twitter January 29, 2014 長距離バス
 (4)_twitter January 29, 2014 巨大バスターミナル
 (5)_twitter January 29, 2014 タイ料理



補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter およびツィートピック twitpic を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。










履歴
2014/02/06 初版公開











アオショウビン (青翡翠) White-throated Kingfisher (Halcyon smyrnensis) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2017   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾