八幡次郎好酉の鳥紀行




ナローボート・クルーズ ロンドン Narrowboat Cruise, London
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



 
<< Home Page
バン (鷭)

写真①
①  バン 成鳥 ケンジントン・ガーデンズ ロンドン Kensington Gardens, London 2009/06/20 Photo by Kohyuh
バン 成鳥  ケンジントン・ガーデンズ ロンドン
Kensington Gardens, London 2009/06/20 Photo by Kohyuh



写真②
②  バン 成鳥 ケンジントン・ガーデンズ ロンドン Kensington Gardens, London 2009/06/20 Photo by Kohyuh
バン 成鳥  ケンジントン・ガーデンズ ロンドン
Kensington Gardens, London 2009/06/20 Photo by Kohyuh




バン (鷭) *203 *205 *207 *209 2015/10/27
ツル目 Gruiformes
クイナ科 Rallidae
 学名 Gallinula chloropus
 英名 Moorhen
 全長 (L) = 32 cm
 雌雄同色

2009年 6月 20日
 ずっと前からハイドパーク Hyde Park と思っていたところが、実はケンジントン・ガーデンズ Kensington Gardens ということが分かった。

 隣どおしだから、特に区別する必要もないのだが、その中心となるサーペンタイン湖 The Serpentine に、このバンや カンムリカイツブリ などがいた。

 cf. ここは、ハイド・パーク Hyde Park ?







 バンは、ヨーロッパでは広く 留鳥 として生息しているから、珍しくも何ともない。 ただ、よく目にするのだが、なかなかカメラには収めにくいものである。 とにかく、用心深くて、あれよあれよと言う間に姿を隠す。 しばらく待てばいいのだが、旅先ではそうも行かないからである。

 cf. バンの危険回避戦略
 cf. 鳥類は根気がない




Kensington Gardens
サーペンタイン湖 The Serpentine of Kensington Gardens 2009/06/20 Photo by Kohyuh
ケンジントン・ガーデンズのサーペンタイン湖
The Serpentine of Kensington Gardens 2009/06/20 Photo by Kohyuh







同定理由
 ・
額板 がくばん と嘴 くちばし 基部が赤い
 ・両脇の白い三角班




渡り *205
 バンは、ユーラシア大陸、南北アメリカ大陸、アフリカ大陸に広く分布する。 主に 留鳥 として生息するが、夏場に、ヨーロッパ東部からロシア中央部にかけて、また、北アメリカ大陸中央部から東部にかけて繁殖するものは、その南部に渡って避寒する 渡り鳥 でもある。




食べ物 *209
 バンは、植物の種子や実、また、カタツムリや昆虫などを、主に湿地や浅瀬などで採餌する。




名前の由来 *31
 一説には "ばん" の漢名である "鴋" が転じたものとしているが、異論もあるという。 江戸時代では、バンも オオバン も区別されずに、ただ、"ばん" と呼ばれていたり、ときに、"おおばん" と "こばん" というように区別されることもあったようだ。










英名の意味
Moorhen 〔鳥〕 バン
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998




関連記事
クイナ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
バン 1 日本の鳥
バン 2 鳥紀行 レザンドリー Les Andelys



 

野鳥一覧意戻る




履歴
2015/10/27 庭園制度の項追加
2012/02/19 ロゴ統一更新
2009/12/01 初版公開











バン (鷭) Moorhen (Gallinula chloropus) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2015   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾