八幡次郎好酉の鳥紀行




アクロポリスの丘 アテネ ギリシャ Acropolis of Athens, Greece
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



 
<< Home Page
カンムリカイツブリ (冠鳰)

写真@
@ カンムリカイツブリ 成鳥 夏羽 ケルキニ湖 ギリシャ Kerkini, Greece 2008/05/27 Photo by Kohyuh
《こどもをおんぶしているのはお父さん?》

カンムリカイツブリ 成鳥 夏羽 ケルキニ湖 ギリシャ
Kerkini, Greece 2008/05/27 Photo by Kohyuh



写真A
A カンムリカイツブリ 成鳥 夏羽 ケルキニ湖 ギリシャ Kerkini, Greece 2008/05/28 Photo by Kohyuh
カンムリカイツブリ 成鳥 夏羽
ケルキニ湖 ギリシャ Kerkini, Greece
2008/05/28 Photo by Kohyuh



写真B
B カンムリカイツブリ 幼鳥  ドナウデルタ ルーマニア Delta Dunarii, Romania 2008/06/11 Photo by Kohyuh
カンムリカイツブリ 幼鳥  ドナウデルタ ルーマニア
Delta Dunarii, Romania 2008/06/11 Photo by Kohyuh



写真C
C カンムリカイツブリ 浮き巣 ケルキニ湖 ギリシャ Kerkini, Greece 2008/05/28 Photo by Kohyuh
カンムリカイツブリ 浮き巣  ケルキニ湖 ギリシャ
Kerkini, Greece 2008/05/28 Photo by Kohyuh



写真D
D カンムリカイツブリ 親子  ケンジントン・ガーデンズ ロンドン Kensington Gardens, London 2009/06/20 Photo by Kohyuh
カンムリカイツブリ 親子  ケンジントン・ガーデンズ ロンドン
Kensington Gardens, London 2009/06/20 Photo by Kohyuh



カンムリカイツブリ (冠鳰) *203 *205 *207  2012/03/12
カイツブリ目 Podicipediformes
カイツブリ科 Podicipedidae
 学名 Podiceps cristatus
 英名 Great Crested Grebe
 全長 (L) = 56 cm
 雌雄同色

2008年 7月 18日
 外国に行けば、顔も容姿も言葉も違う人たちがいるのに、そこで出逢う鳥たちの中には、お馴染みのものが多いもので、不思議な気がする。









 カンムリカイツブリは、日本では 冬鳥 として渡来するが、ヨーロッパでは一部の地域を除き、夏鳥 ないし、留鳥 として繁殖しているようだ。


 そのカンムリカイツブリの 幼鳥 写真B を初めて観た。 まるでウリ坊である。 このウリ坊というのは、イノシシだけの専売特許ではなかったのだ。



瓜坊 うりぼう
 イノシシの子。  甜瓜猪 まくわじし ともいう。 うりんぼう。 by 広辞苑第四版引用

 その瓜模様が 隠蔽色 となって、外敵からの目を逃れることが出来る。





瓜模様は弱者のしるし?
 ウリ坊 も成長すれば、"瓜模様" は消えてなくなるのが普通で、それは最早、人目? をごまかす必要がなくなったということだろう。

 イノシシの場合は、身体は何十倍も大きく成長し、また、"牙" という武器も身につける。 瓜模様がなくとも外敵から身を守るには十分であろう。



 一方、カンムリカイツブリは、成長するといっても、それほど身体は大きくはならないし、外敵と戦うための大した武器を手にすることもない。 ただ、飛翔能力を手にすることで、外敵に備えるつもりだろう。



 瓜模様は効果こそあれ、悪いことではなかろうと思うのに、大人になったからといって、どうして慌てて脱ぎ捨てるのだろうか。 シマウマのように、いつまでも縞しま模様では、どうしていけないのであろうか。


 思うに、隠蔽色 というものは、あくまで目立たなくするというだけのもので、"何か食うものはないか" と本気で探す輩の目から、いつまでも逃れることは難しい。


 もし、大人になってからも、そのままウリ坊でいたら、それは、『私は未だ幼い子供で何も抵抗しませんよ』 と言っているのと同じであろう。

 ならば、少々体がデカかろうが "襲っても問題なかろう" と思われるだけかもしれない。 カンムリカイツブリにとっては、要らぬ信号を送る必要はどこにもない。



 『わしはもう大人だ。 喧嘩を売るなら命をかけてこい』 という迫力も必要なときもあろう。





渡り
 カンムリカイツブリはヨーロッパ全域に広く生息する。 ギリシャ、ルーマニアでは 夏鳥 として渡来する。




食べもの
 カンムリカイツブリは魚や貝、昆虫甲殻類を捕食する。




名前の由来  引用 *31
 "カンムリ" は、冠羽 が特徴的で、あたかも冠をかぶっているように見える カイツブリ という意味である。

 cf. カイツブリの語源







英名の意味
great 大きい
crested 冠毛 [とさか、棟(むね)飾り] のある
grebe 〔鳥〕 カイツブリ
by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998



関連記事
カイツブリ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
カンムリカイツブリ 日本の鳥
カンムリカイツブリ 3 オランダの鳥



 




履歴
2012/03/12 ロゴ統一更新
2009/11/28 写真D追加
2008/07/18 初版公開 











カンムリカイツブリ (冠鳰) Great Crested Grebe (Podiceps cristatus) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾