八幡次郎好酉の鳥紀行
ヨセミテに向かって ・・・ 展望駐車場からの眺め Yosemite, California USA
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|八幡野鳥観察エリアマップ| |野鳥関連用語集| |植物関連用語集| |チョウ関連用語集| |金言集| |八幡市の花・木・鳥・花木|
|鳥紀行 アメリカ編||アメリカの州名とその略称|
ツイート過去ログ |アメリカ編||アメリカ編 (クエリー版)|



<< Home Page
ハイイロホシガラス  (灰色星鴉)

ハイイロホシガラス (4態)
ハイイロホシガラス (4態) ヨセミテ国立公園 カリフォルニア州 米国 Yosemite National Park, California, America 2013/07/16 Photo by Kohyuh

ハイイロホシガラス (4態) ヨセミテ国立公園 カリフォルニア州 米国 Yosemite National Park, California, America 2013/07/16 Photo by Kohyuh

ハイイロホシガラス (4態) ヨセミテ国立公園 カリフォルニア州 米国 Yosemite National Park, California, America 2013/07/16 Photo by Kohyuh

ハイイロホシガラス (4態) ヨセミテ国立公園 カリフォルニア州 米国 Yosemite National Park, California, America 2013/07/16 Photo by Kohyuh
ハイイロホシガラス (4態)


ヨセミテ国立公園 カリフォルニア州 米国
Yosemite National Park, California, America 2013/07/16 Photo by Kohyuh





ハイイロホシガラス  (灰色星鴉)  *215_P356 2024/04/29
スズメ目 Passeriformes
カラス科 Corvidae
 学名 nucifraga_columbiana
 英名 clarks_nutcracker
 全長 (L) = 31 cm
 夏鳥 (ヨセミテ国立公園)

戻る 2013年 7月 16日 次へ
 ニューヨークからサンフランシスコに向かってドライブ旅をして来たが、ヨセミテ国立公園で初めて、このハイイロホシガラスに出会った。もちろん個人的には初見である。それに “同定” には時間がかかったのは仕方がない。

 cf. 貴方たちはいい時期に来た セントラルパーク
 cf. 海外ドライブ旅行のすすめ
 cf. 八幡次郎好酉の鳥紀行 野鳥一覧(アメリカの鳥)




ハイイロホシガラスのこと *215_P356
 飛行時のハイイロホシガラスは、翼 つばさ は黒く、、尾羽の中心部分も黒い。そして、翼 つばさ には白い斑紋があり、尾羽の外縁も白い。

 また、英名にある “nutcracker (クルミ割り器)” とは大げさすぎると考える。この嘴 くちばし の形状では、物理的に見てクルミの殻 から を割ることができるとは思えない。

 確かに、ホシガラスが松ぼっくりを突いているのは見たことがあるが・・・それは松の実をほじくり出して食べているのである。

 まぁ、“名前” とはそんなもので・・・なんだかんだと屁理屈を並べて・・・いちゃもんをつける方がおかしいかも知れない。




 cf. ホシガラス(台湾)
 cf. ホシガラス(日本)




渡り by Wikipedia
 “ホシガラス” が旧北区に分布するのに対して、このハイイロガラス新北区に生息する。

新北区(しんほっく) Nearctic realm
 生物地理区の区分のひとつで、北アメリカ大陸のうち、メキシコ北部以北のエリアのこと。 アメリカ合衆国、カナダ、グリーンランドを含む。

 ・ Nearctic: 新北区の
 ・ realm: (動植物の)分布圏
by Wikipedia より引用

 cf. 旧北区とは





食べもの by Wikipedia
 ハイイロホシガラスは雑食だが、主にマツ類の種子などを食べたり、貯食する。その他に昆虫果実、小哺乳類なども食べる。

 cf. ホシガラスの食べもの
 cf. コガラの貯食




名前の由来
 ハイイロホシガラスの名前の由来は辞典(*31)にはない。しかし、漢字名である “灰色星鴉” から、ホシガラスの仲間で灰色をしたものということであろう。

 cf. ホシガラス(台湾)
 cf. ホシガラス(日本)




 日本でも見られるのかどうか知らないが、コントルタ松 Lodgepole pine (Pinus contorta) は、この ハイイロホシガラス と独特な共生関係をもって生存確保が保たれているという。

 ハイイロホシガラスは毎年約 3 5,000 個/羽 の松の実を土中に埋めて隠す習性がある。ただ、貯食しても食べられなかった松の実は・・・一年後に成長を始めるという。

 要するに、ハイイロホシガラスは食料を得る代わりに、一方では、コントルタ松のタネを新しく植えていることになる。


 cf. どんぐりの戦略: 被食散布











学名の意味 by Wikipedia
nucifraga (合成語)
  木の実を砕く
 [独] Nussbrecher を Turner (1544) が訳したもの
  (The Key to Scientific Names)
columbiana (オハイオ州) コロンビアナ郡の
by 「野鳥の学名入門 くまたか」、Wikipedia より流用




英名の意味
clarks : アメリカ西部への探検隊を指揮したウィリアム・クラーク少尉 William Clark の名前に因む
nutcracker : クルミ割り器
by パーソナル英和辞典より引用




関連記事
カラス科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示












cf. ツィータ過去ログ連動 ・・・ アメリカ編 (2013/05/08 - 2013/07/31)
2013/07/16
2013/07/16
2013/07/16
Trail to Yosemite Fall (1)
Trail to Yosemite Fall (2) Lowe Yosemite Fall の滝壺
Mirror Lake
スマホ限定




補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter およびツィートピック twitpic を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。





アメリカ編に戻る




履歴
2024/04/29 初版公開










フタオビチドリ  (二帯千鳥) Killdeer (Charadrius vociferus) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2024   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾