八幡次郎好酉の鳥紀行





スタンフォード ガス・エドソン公園近郊 Stamford, CT, USA
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|鳥紀行 アメリカ編||アメリカの州名とその略称||ツイート過去ログ アメリカ編|



<<Home Page
オオクロムクドリモドキ  (大黒椋鳥擬)

写真①
① オオクロムクドリモドキ 成鳥 ガス・エドソン公園 スタンフォード コネチカット州 米国 Gus Edoson Park, Stamford, CT, America 2013/05/14 Photo by Kohyuh
オオクロムクドリモドキ 成鳥
ガス・エドソン公園 スタンフォード コネチカット州 米国
Gus Edoson Park, Stamford, CT, America
2013/05/14 Photo by Kohyuh




写真②
② オオクロムクドリモドキ 成鳥 ガス・エドソン公園 スタンフォード コネチカット州 米国 Gus Edoson Park, Stamford, CT, America 2013/05/14 Photo by Kohyuh
オオクロムクドリモドキ 成鳥
ガス・エドソン公園 スタンフォード コネチカット州 米国
Gus Edoson Park, Stamford, CT, America
2013/05/14 Photo by Kohyuh




写真③
③ オオクロムクドリモドキ 成鳥 ガス・エドソン公園 スタンフォード コネチカット州 米国 Gus Edoson Park, Stamford, CT, America 2013/05/14 Photo by Kohyuh
オオクロムクドリモドキ 成鳥
ガス・エドソン公園 スタンフォード コネチカット州 米国
Gus Edoson Park, Stamford, CT, America
2013/05/14 Photo by Kohyuh




オオクロムクドリモドキ  (大黒椋鳥擬)  *215_P506 2014/01/07
スズメ目 Passeriformes
ムクドリモドキ科 Icteridae
 学名 Quiscalus quiscula
 英名 Common Grackle
 全長 (L) = 32 cm
 留鳥 (スタンフォード)

戻る 2013年 5月 14日 次へ
 今回の旅の先々でうんざりするほど彼らには出逢って来たのであるが 『またテリムクや』 などといいながら次第に撮り控えることが多くなってきた。







悩ましいこと
 ・・・ ところが図鑑を見直すとよく似たものが何種類かいるのである。 それに、その分布が重なるところが多くて、単純に目撃場所の違いで区別するわけにはいかないのだ。


 特に、このオオクロムクドリモドキと、先に見たテリムクドリモドキは外見もそっくりで区別ができないほどである。

 まぁ、それは、かって ・・・ といっても定年退職後のことだが ・・・ ムクドリヒヨドリツグミの違いがわからなかったことを思えば、かなり個人的な見解に過ぎないのだが ・・・

 cf. カワウは初見



アメリカの州名とその略称
略称 州名 (英語) 州名 (日本語)
AK
AL
AR
AZ
CA
CO
CT
DC
DE
FL
GA
HI
IA
ID
IL
IN
KS
KY
LA
MA
MD
ME
MI
MN
MO
MS
MT
NC
ND
NE
NH
NJ
NM
NV
NY
OH
OK
OR
PA
RI
SC
SD
TN
TX
UT
VA
VT
WA
WI
WV
WY
Alaska
Alabama
Arkansas
Arizona
California
Colorado
Connecticut
District of Columbia
Delaware
Florida
Georgia
Hawaii
Iowa
Idaho
Illinois
Indiana
Kansas
Kentucky
Louisiana
Massachusetts
Maryland
Maine
Michigan
Minnesota
Missouri
Mississippi
Montana
North Carolina
North Dakota
Nebraska
New Hampshire
New Jersey
New Mexico
Nevada
New York
Ohio
Oklahoma
Oregon
Pennsylvania
Rhode Island
South Carolina
South Dakota
Tennessee
Texas
Utah
Virginia
Vermont
Washington
Wisconsin
West Virginia
Wyoming
アラスカ
アラバマ
アーカンソー
アリゾナ
カリフォルニア
コロラド
コネチカット
ワシントンDC
デラウェア
フロリダ
ジョージア
ハワイ
アイオワ
アイダホ
イリノイ
インディアナ
カンザス
ケンタッキー
ルイジアナ
マサチューセッツ
メリーランド
メイン
ミシガン
ミネソタ
ミズーリ
ミシシッピ
モンタナ
ノースカロライナ
ノースダコタ
ネブラスカ
ニューハンプシャー
ニュージャージー
ニューメキシコ
ネバダ
ニューヨーク
オハイオ
オクラホマ
オレゴン
ペンシルベニア
ロードアイランド
サウスカロライナ
サウスダコタ
テネシー
テキサス
ユタ
バージニア
バーモント
ワシントン
ウィスコンシン
ウエストバージニア
ワイオミング






同定理由
 テリムクドリモドキは全体的に青っぽくて、一方、オオクロムクドリモドキは黒っぽい。 特に肩羽の色に着目すれば、オオクロムクドリモドキは茶色が目立つ。




渡り
 オオクロムクドリモドキは、北アメリカ大陸のロッキー山脈 Rocky Mountains の東部以東に分布する。 そして、ロッキー山脈東部周辺部とカナダ北部で繁殖するものは、冬場はその南部に渡って越冬する渡り鳥である。 ただし、アメリカ合衆国中部から東部にかけて棲息するものは留鳥として周年見られる。




食べもの
 オオクロムクドリモドキの食性は雑食 omnivorous である。 主に、昆虫、小魚、カエル、卵、ベリー類種子、穀物、小ネズミ、小鳥などを捕食する。




名前の由来
 オオクロムクドリモドキの名前の由来は、ムクドリモドキの仲間にはもっと大型のものがいるのであるが、よく見かける 『テリムクドリモドキよりは大きい』 という意味であろう。


 その観点からすると、どうして "大きい" という意味の冠を付けたのか理解に苦しむのである。 しかし、これも ・・・ まぁ、大した問題ではなかろう。









学名の意味 *12
Quiscalus ???
quiscula ???




英名の意味
common 普通の、平凡な
grackle 〔鳥〕 ムクドリモドキ、特にオオクロムクドリモドキ (北米産)
by パーソナル英和辞典より引用








関連記事
ムクドリモドキ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示











cf. ツィータ過去ログ連動 ・・・ アメリカ編 (2013/05/08 - 2013/07/31)
 (1)_twitter May 14, 2013 ボストン到着





補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter およびツィートピック twitpic を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。





アメリカ編に戻る




履歴
2014/01/07 初版公開










オオクロムクドリモドキ  (大黒椋鳥擬) Common Grackle (Quiscalus quiscula) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾