八幡次郎好酉の鳥紀行




アクロポリスの丘 アテネ ギリシャ Acropolis of Athens, Greece
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



 
<<Home Page
カンムリヒバリ (冠雲雀)


写真@
@ カンムリヒバリ 成鳥  ケルキニ湖 ギリシャ Kerkini, Greece 2008/05/28 Photo by Kohyuh
カンムリヒバリ 成鳥  ケルキニ湖 ギリシャ
Kerkini, Greece 2008/05/28 Photo by Kohyuh



写真A
A カンムリヒバリ 成鳥  ケルキニ湖 ギリシャ Kerkini, Greece 2008/05/28 Photo by Kohyuh
カンムリヒバリ 成鳥 ケルキニ湖 ギリシャ
Kerkini, Greece 2008/05/28 Photo by Kohyuh



写真B
B カンムリヒバリ 成鳥  ケルキニ湖 ギリシャ Kerkini, Greece 2008/05/28 Photo by Kohyuh
カンムリヒバリ 成鳥  ケルキニ湖 ギリシャ
Kerkini, Greece 2008/05/28 Photo by Kohyuh



カンムリヒバリ (冠雲雀) *203 *205 *207 2012/03/129
スズメ目 Passeriformes
ヒバリ科 Alaudidae
 学名 Galerida cristata
 英名 Crested Lark
 全長 (L) = 17 cm
 雌雄同色

2008年 7月 19日
 カンムリヒバリは、日本でも、今後記録される可能性があるとして紹介されている。 *205  ヨーロッパでは一部の地域を除き、広く留鳥 として繁殖しているようだ。








 見た目は ヒバリ で、また、よく 冠羽 を立てるところも似ているが、そんなものではない。 これ見よがしに反り返って、まるで角が生えているようである。 わざわざ、"ヒバリ" に "カンムリ" という冠が付く所以である。

 ヒバリと同様に、カンムリヒバリも唄うのが上手いという。 私が聞いたのは、ヒバリのように空に舞い上がってさえずるのではなかった。 丘の岩のてっぺんで鳴いていた。 だが、それも、今はもう思い出せない。







ヒバリは素晴らしい歌い手か? 流用 *10
 確か、「おてもやん」 だったと思うが、"ピーチク パーチク ひばりのこ" というフレーズがあるように、私にも、その程度にしか聞こえない。


 "ピーチク パーチク" という表現は、決して、素晴らしい歌い手に対する賞賛の言葉ではなかろうと考える。 少々、うるさく聞こえるのである。



 それでも、ヒバリの歌う技術の高さは、他を寄せ付けないほどのものと、私は承知している。 研究者によれば、歌うことにかけては、ヒバリは鳥の中で最も進んでいる種類だという。 大体、スズメ目のものはそうらしい。


 なわばりの歌、恋の歌、浮かれ歌と、それぞれに使い分けることができるそうだし、歌の文句もたくさん持っていて、それを繰り返したり、混ぜたり、続けたり、などと、そこらのシンガー・ソングライターも足元にも及ばないそうである。

 cf. さえずり



 それでも、"おてもやん" で軽くあしらわれたりするのは、要するに、音楽は好みの問題で、その好みの違いにより、心地よく聞こえたり、反対に、耳障りな音として聞こえるものなのであろう。









同定理由
 ヒバリと、何処がどう違うのか、と問われると答えに窮するが、まぁ、冠羽の "尖り具合" ということになろうか。




食べもの
 ヒバリと同様、草の種や昆虫を食べる。 特に、昆虫を食べるのは子育て中のときのようである。 何しろ昆虫は高蛋白・高カロリーの栄養源であるから。




名前の由来  引用 *31
 ヒバリ冠羽も、冠 かんむり をかぶったように見えるが、カンムリヒバリのそれは、より目立つものであるから、さらに "カンムリ" という言葉が付けられたのであろう。

 cf. 名前の由来: ヒバリ





英名の意味
crested 冠毛 [とさか、棟(むね)飾り] のある
lark 〔鳥〕 ヒバリ
【解説】
 春、朝早くから空高く舞い上がり美しく鳴く鳥として知られる;
 夜明けを告げる鳥、自由の象徴としてよく詩歌に歌われる。
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998



   
関連記事
ヒバリ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
ヒバリ 旅先の鳥
ヒバリ 日本の鳥
イワヒバリ ヒバリ科ではないよ!



 




履歴
2012/03/12 ロゴ統一更新
2008/07/19 初版公開 











カンムリヒバリ (冠雲雀) Crested Lark (Galerida cristata) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾