八幡次郎好酉の鳥紀行




ダヴァルの断崖 エトルタ フランス Falaise d'Aval, France
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



<< Home Page
ムラサキサギ (紫鷺)


写真@
@ ムラサキサギ 成鳥  カマルグ湿原地帯 フランス Camargue, France 2004/05/03 Photo by Kohyuh
ムラサキサギ 成鳥
カマルグ湿原地帯 フランス
Camargue, France
2004/05/03 Photo by Kohyuh



写真A
A ムラサキサギ 成鳥 スンガイ・ブロー湿地保護区 シンガポール Sungei Buloh Wetland Reserve, Singapore 2007/01/17 Photo by Kohyuh
ムラサキサギ 成鳥
スンガイ・ブロー湿地保護区 シンガポール
Sungei Buloh Wetland Reserve, Singapore
2007/01/17 Photo by Kohyuh



写真B
B ムラサキサギ 成鳥  ドナウデルタ ルーマニア Delta Dunarii, Romania Photo by Kohyuh 2008/06/11
ムラサキサギ 成鳥  ドナウデルタ ルーマニア
Delta Dunarii, Romania Photo by Kohyuh 2008/06/11



ムラサキサギ (紫鷺) *203 *205 *207 2012/03/15
コウノトリ目 Ciconiiformes
サギ科 Ardeidae
 学名 Ardea purpurea
 英名 Purple Heron
 全長 (L) = 78-90 cm
 雌雄同色

 アオサギ を見慣れている人たちは、ムラサキサギを目の前にしても、アオサギと見間違うかもしれない。

 というのは、普段、アオサギと出逢っても、「また、アオサギか ・・・」 などとつぶやいて、ろくに見ない癖がついてしまっているからである。







 それに、"シラサギ" とは明らかに異なる外見であるから、一目見て区別がついてしまう。 即ち、

"シラサギ ではない" = "アオサギ"


 という方程式が身についてしまっている。 だから、ムラサキサギを見ても、アオサギに見えてしまう訳だ。 これは、他の誰でもない、私自身のことを言っているのである。

 こんな大型の鳥と出逢えるという、恵まれた環境にいるということ自体に気がつかないでいた。 写真@も、『こんなところにアオサギが居るわ。 記念に撮っとこ』 という具合で撮ったものであった。

 ムラサキサギは、ヨーロッパの何処にでもいるというものではない。 それは、日本のような水田といったものがないからかもしれない。 湿原など、保護された地域でしか見なかったような気がする。




 不思議なのはタイのように水田の風景が広がっているのに、サギの姿が少ないことだ。 思うに、餌となるものが少ないことが原因とすれば、かって日本でも問題になった、農薬が影響しているのかもしれない。 ドジョウやタニシなどが姿消したことがある。








渡り *207
 ヨーロッパでは 夏鳥 として渡来し、冬場にはアフリカ中部から南部に渡って避寒する渡り鳥である。 また、インドからシンガポールやタイ含む東南アジアでは 留鳥 である。

 日本でも南西諸島に留鳥として分布し、九州以北には、渡り期に稀に出現することがある。 *205




食べもの
 主に魚や蛙や昆虫を捕食する




名前の由来
 アオサギに似るが、顔から頸、胸は赤茶色みを帯びるところを "むらさき" として区別したのだろう。 または、英名の直訳かもしれない。








英名の意味
purple 紫(色)の
heron 〔鳥〕 サギ
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998



関連記事
サギ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示






履歴
2012/03/15 ロゴ統一更新
2008/08/16 初版公開











ムラサキサギ (紫鷺) Purple Heron (Ardea purpurea) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2019   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾