八幡次郎好酉の鳥紀行


ダヴァルの断崖 エトルタ フランス Falaise d'Aval, France
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



 
<< Home Page
オオカモメ (大鴎)


写真@
@ オオカモメ 成鳥  モン・サン・ミッシェル フランス Mont St-Michel, France 2004/04/24 Photo by Kohyuh
オオカモメ 成鳥 夏羽  モン・サン・ミッシェル フランス
Mont St-Michel, France
2004/04/24 Photo by Kohyuh



写真A
A オオカモメ 若鳥 飛姿  モン・サン・ミッシェル フランス Mont St-Michel, France 2004/04/24 Photo by Kohyuh
オオカモメ 若鳥 飛姿  モン・サン・ミッシェル フランス
Mont St-Michel, France
2004/04/24 Photo by Kohyuh



オオカモメ (大鴎)  *203 *205 *207 *209 2012/03/12
チドリ目 Charadriiformes
カモメ科 Laridae
 学名 Larus marinus
 英名 Great Black-backed Gull
 全長 (L) = 66 cm

 2004年 4月 24日
 モン・サン・ミッシェル の駐車近くにオオカモメがいた。 かなりどう猛らしい。 他のカモメの卵や幼鳥や大きな オオバン cootパフィン paffin なども捕食するという。








 確かに悪いやっちゃと思うが ・・・ それでも人間に比べたら可愛いもんだ。 他の生き物を絶滅させたということも聞いたことがないし、有り得ないであろう。





 オオカモメが頭上間近なところを飛ぶ姿は見ものである。 大型の鳥といっても、アオサギダイサギ などが、人を恐れて慌てて逃げるような飛び方ではない。 こちらとしては、邪魔をする気は毛頭ないにもかかわらず、鬼でも来たかのように逃げられるのだから、これは嫌みであろう。


 オオカモメの場合、むしろ逆で、すきがあれば何か奪ってやろうと狙っているのかも知れない。 しかし、そうは問屋が卸さない、という心の余裕を持って眺めることが出来るというものだ。









オオカモメフィールドマーク
 ・黒い翼 (wings) と襟羽 (mantle)
 ・白い頭部と腹部
 ・黄色い嘴と赤いポッチ (red spot)
 ・ピンクの脚
 ・黄色い眼




同定理由
 翼の黒色が セグロカモメ より濃い。 また、大きく見える。


【補注】 2007/12/23
 写真A の飛姿では、嘴のポッチが黒く見える。 ウミネコ は日本産であり、日本の周辺に限られるから、ここに居るわけがない。

 また、黒く見えるポッチも、赤みが見て取れる。 オオカモメの 若鳥 かもしれない。





渡り by Wikipedia
 ヨーロッパ北部沿岸部、アイスランドやスカンジナビア半島沿岸部、および、その周辺海域に分布する。

 
 また、北米大陸では、主に大西洋沿岸部、五大湖東部で繁殖する。 ニューファンドランド北東部沿岸で繁殖するものは、五大湖のエリー湖、ミシガン湖や、フロリダ東部沿岸などに渡って越冬する。*215




食べもの
 繁殖期の夏場はどう猛な捕食者となって、海鳥や、ネズミなどを襲う。 また、魚や、カニ・エビといった 甲殻類 や、その他の 無脊椎動物 などを捕食する。


 いわゆる 掃除屋さん で、〔腐肉・残飯などを〕あさって食べたり、海やビーチの廃物の中から食べられるものをあさったりする。





名前の由来 *31
 オオカモメの名前の由来については、日本では見られないため、辞典には記載がない。 大きさから見て、単に、"大きなカモメ" という意であろうことはいうまでもない。








英名の意味
great (規模・程度など) 大きい、大…
black-backed 黒い背の
gull 〔鳥〕 カモメ
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998




関連記事
カモメ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
オオカモメ 1 鳥紀行 フランス編
オオカモメ 2 鳥紀行 アメリカ編










履歴
2012/03/12 ロゴ統一更新
2008/04/04 スタイル統一
2007/12/23 写真A (飛姿) 追加
2007/09/14 初版リリース










オオカモメ (大鴎) Great Black-backed Gull (Larus marinus) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2019   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾