八幡次郎好酉の鳥紀行





エンパイア・ステート・ビルディングからの眺め Newyork, USA
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|鳥紀行 アメリカ編||アメリカの州名とその略称||ツイート過去ログ アメリカ編|



<<Home Page
オオカモメ  (大鷗)

写真①
① オオカモメ  成鳥 夏羽 ニューヨーク 米国 Newyork, America 2013/05/11 Photo by Kohyuh
オオカモメ  成鳥 夏羽  ニューヨーク 米国
Newyork, America 2013/05/11 Photo by Kohyuh



写真②
② オオカモメ  成鳥 夏羽 ニューヨーク 米国 Newyork, America 2013/05/11 Photo by Kohyuh
オオカモメ  成鳥 夏羽  ニューヨーク 米国
Newyork, America 2013/05/11 Photo by Kohyuh



写真③
③ オオカモメ  成鳥 夏羽 ニューヨーク 米国 Newyork, America 2013/05/11 Photo by Kohyuh
オオカモメ  成鳥 夏羽  ニューヨーク 米国
Newyork, America 2013/05/11 Photo by Kohyuh





オオカモメ  (大鷗)  *203 *215_P232 2013/08/10
チドリ目 Charadriiformes
カモメ科 Laridae
 学名 Larus marinus
 英名 Great Black-backed Gull
 全長 (L) = 76 cm
 翼開長 (W) = 165 cm
 留鳥(ニューヨーク)
 雌雄同色

戻る 2013年 5月 11日 次へ
 マンハッタン島半周クルーズは超満員であったが、ときおり飛来するカモメにカメラを向ける人はいなかった。

 私も、これがオオカモメだ、何たらだ、といったことはまったく気にすることはなかったのだ。 カモメはカモメで間違いなかろう。







カモメはカモメ
 ただ、今見直して見ると日本でお馴染みのオオセグロカモメによく似ている。 実際にはオオカモメの方が少し大きいのだが、測定したわけではないものを、大きいだ小さいだなどと論じても仕方がない。

 ・・・ となると、私にはどこに違いがあるのかよくわからないのである。 ただ、図鑑によれば両者は明らかに分布が異なるのだ。 要するに、オオカモメは太平洋側では見られないようだ。

 このように外見だけでは、すなわち解剖学的見地からでは区別し難いものを、鳴き声や生息地の違いで別種とすることは多々あるのだが ・・・ どうも性に合わない。



 それが ・・・ 最近では、そういった者たちの遺伝子を比較して ・・・ その配列に "種のレベル" の差異があることが証明される時代になった。 もはや鳴き声の差は方言のようなものだという屁理屈が通用しないのである。

 cf. 関東のウグイス



 ただ、そうやって細かく分類するだけで終わって欲しくない。 分類の細分化が目的では無い筈だ。 その分化や進化の過程を通して何がわかるのか、また、何を知りたいのかなどと、大局的な見地に心して事に当たる必要があろう。

 cf. これは人間の業かも知れない




 何たらかんたらごちゃごちゃとまくしたてたが、早い話がカモメ類の同定は難しいということだ ・・・ まぁ、これは個人的なことかもしれないが ・・・


 cf. 画家の眼
 cf. カメラマンの眼
 cf. 若鳥の年齢
 cf. 成長の度合いがわかること
 cf. カモメ類の羽衣の変化
 cf. 赤いポッチは伊達 だて ではない ①
 cf. 赤いポッチは伊達 だて ではない ②







オオカモメのフィールドマーク
オオカモメの同定の理由
オオカモメ の渡り
オオカモメ の食べもの
オオカモメ の名前の由来
オオカモメ の英名の意味









関連記事
カモメ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
オオカモメ 1 フランスの鳥

















cf. ツィータ過去ログ連動 ・・・ アメリカ編 (2013/05/08 - 2013/07/31)
 (1)_twitter May 10, 2013 エンパイアステートビルディング
 (2)_twitter May 10, 2013 自由の女神 (1)
 (3)_twitter May 10, 2013 自由の女神 (2)
 (4)_twitter May 10, 2013 グランドゼロ付近




補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter およびツィートピック twitpic を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。





アメリカ編に戻る




履歴
2013/08/10 初版公開










オオカモメ  (大鷗) Great Black-backed Gull (Larus marinus) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾