八幡次郎好酉のプロフィールへジャンプする





マレーシア ランカウイ島 Pulau Langkawi
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



 
<< Home Page
タケアオゲラ (竹青啄木鳥)

タケアオゲラ ♀ (4態)
タケアオゲラ ♀ (4態-1) クアラ・セランゴール自然公園 マレーシア Kuala Selangol Nature Park (Taman Alam Kuala Selangol), Malaysia 2010/06/10 Photo by Kohyuh
タケアオゲラ ♀ (4態-2) クアラ・セランゴール自然公園 マレーシア Kuala Selangol Nature Park (Taman Alam Kuala Selangol), Malaysia 2010/06/10 Photo by Kohyuh
タケアオゲラ ♀ (4態-3) クアラ・セランゴール自然公園 マレーシア Kuala Selangol Nature Park (Taman Alam Kuala Selangol), Malaysia 2010/06/10 Photo by Kohyuh
タケアオゲラ ♀ (4態-4) クアラ・セランゴール自然公園 マレーシア Kuala Selangol Nature Park (Taman Alam Kuala Selangol), Malaysia 2010/06/10 Photo by Kohyuh
タケアオゲラ ♀ (4態)

クアラ・セランゴール自然公園 マレーシア
Kuala Selangol Nature Park (Taman Alam Kuala Selangol), Malaysia
2010/06/10 Photo by Kohyuh



タケアオゲラ (竹青啄木鳥) *212-154  2015/12/18
キツツキ目 Piciformes
キツツキ科 Picidae
 学名 Picus vittatus
 英名 Laced Woodpecker
 全長 (L) = 27-33 cm

戻る 2010年 6月 10日 次へ
 あれよあれよという間にズアカミユビゲラが何処かに姿を隠した。 それでも、なおも消えたその方向に歩みを進めていると、路上に降り立っている姿を発見したのである。 ・・・ そう思っていた。







見た目がちょっと違う
 しかし、明らかに見た目が違った。 冠羽が赤くないのだ。 だから、そのときはズアカミユビゲラ の雌のように思えたのである。 それというのも図鑑では、ズアカミユビゲラの雌雄の違いは単に冠羽が赤いか黒いかというだけのことである。

 ・・・ ところが、よく見ると過眼線がない。 また、喉部・胸部・腹部の見た目がちょっと違っていることに気がついたのだ。 メスはメスでもタケアオゲラの雌だということに思い至った次第である。 大きさも少し小さいらしいが、フィールドでは大小という識別方法を優先すると見誤る。 比較するスケールが見つからないことが多いのだ。


 それにしても、素人目にはどうでもいいような違いに思えるのだが、専門家にはとんでもない大きな違いになるのであろう。

 cf. ミクロ micro の道
 cf. マクロ macro の道









名前の由来 *31
 タケアオゲラの名前の由来については辞典に記載がない。 ただ、名前の漢字表記にある竹・青啄木鳥を見れば、「竹林を好む・アオゲラの仲間」 ということであろう。 ちなみに、このタケアオゲラは4本指であり、どちらかというとズアカミユビゲラの三本指の方が少数派である。




渡り *212-154
 タケアオゲラはスマトラ、ジャワ、ミャンマー東部、南部を除くタイ、東南アジア、マレー半島南部、インドネシアなどに留鳥として生息する。




食べもの by Wikipedia
 タケアオゲラの食性は雑食だが、地上や倒木などで、主にカブトムシといった甲虫やハエなどを捕食する。 アカゲラが地上に下り立つというのは珍しいと思うのだが ・・・ アオゲラは何処かで見かけたことがある。







英名の意味
laced レースで飾った、しま模様の
woodpecker [鳥] キツツキ
by パーソナル英和辞典より引用




関連記事
キツツキ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示








野鳥一覧へ戻る




履歴
2015/12/18 初版リリース










タケアオゲラ (竹青啄木鳥) Laced Woodpecker (Picus vittatus) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾