八幡次郎好酉の鳥紀行




ドナウデルタ河畔の夕暮れ ルーマニア Delta Dunarii, Romania
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



<< Home Page
ツクシガモ (筑紫鴨)


写真@
@ ツクシガモ 成鳥  ドナウデルタ ルーマニア Delta Dunarii, Romania 2008/06/10 Photo by Kohyuh
ツクシガモ 成鳥  ドナウデルタ
ルーマニア Delta Dunarii, Romania
2008/06/10 Photo by Kohyuh



写真A
A ツクシガモ 成鳥 カマルグ湿原地帯 フランス Camargue, France 2004/05/03 Photo by Kohyuh
ツクシガモ 成鳥  カマルグ湿原地帯 フランス
Camargue, France 2004/05/03 Photo by Kohyuh



写真B
B ツクシガモ ♂ 成鳥 ベルファスト港保護区 北アイルランド  Belfast Harbour Reserve, Northern Ireland 2009/06/15 Photo by Kohyuh
ツクシガモ ♂ 成鳥  ベルファスト港保護区 北アイルランド
Belfast Harbour Reserve, Northern Ireland
2009/06/15 Photo by Kohyuh



ツクシガモ (筑紫鴨) *203 *205 *207 2012/03/14
カモ目 Anseriformes
カモ科 Anatidae
 学名 Tadorna tadorna
 英名 Common Shelduck
 全長 (L) = 58-67 cm
 雌雄同色

 ツクシガモを雌雄同色としているが、無理に区別すると "雄" には、ガチョウ のように "こぶ" が有るというから分りやすい。 *207

 ただ、こうして、雌雄同色のものを、わざわざ雌雄の区別をしても、普通の人には何のメリットもないと思うのである。





 ところが、反対に、雌雄異色 のものの "雌雄の区別ができる" ということは、多いにメリットがある。 かって、正体不明の鳥としてお蔵入りしていたものが、オオルリ の雌と判明した例がある。

 お蔵入りのままではもったいないというより、両方観て見たいという気が募り、私は落ち着かない。 例えば、キガシラセキレイ の雄を見てみたいのである。







カモ達はお金持ち?
 ツクシガモを見たのは春先から初夏にかけての時期であったから、カルガモマガモ と同様に、ご当地では 留鳥 ということになろう。 そして、留鳥というのは、カモの仲間では少数派という印象があるし、実際にそうであろう。

 だから、ほとんどのカモ達は、極寒の地から渡ってくるとものという印象を、私達は持っているのではなかろうか。 即ち、冬になると餌場が氷に閉ざされてしまい、食べて行けなくなるから暖かい所へ渡ってくるものと、自分で納得しているのではなかろうか。

 確かに、スズガモ のように北極圏で子育てをしているカモ達も数多くいる。 しかし、それは、むしろ、少数派かもしれないのである。

 このツクシガモをはじめ、温暖な地域で生息しているにもかかわらず、渡りをするカモ達も数多くいるようである。


 「食べ物がなくなるから、止むを得ず渡りをする」 というだけでは説明できない。 「暑いから涼しいところへ、寒いから暖かいところへ」 などといった、まるでお金持ちの人のような生活を送っている気がする。







ふんどし姿
 最初にツクシガモを見たときの私の印象は、ふんどしを着けたように見えたのである。 cf. 写真A
 ところが、「八幡市立こども動物園」 にもいるので、もう一度、実物で観て見たいと思ったのであるが、なかなかその様には見えなかった。


 あまりに近く過ぎるから、腹の下まで見通せない。 どうしても、斜め上から見ることになる。 また、恥ずかしいのか、正面を向いて胸を張ってくれないのである。









渡り
 主にユーラシア大陸の温帯地域で繁殖し、地中海沿岸などに避寒のために 冬鳥 として渡る。 ドナウデルタや カマルグ湿原地帯 では、留鳥 として生息している。 *207

 日本でも、冬鳥 として主に有明海を中心とした九州北部地方に渡来し、和名の "筑紫鴨" の名も、そこに由来するという。 by Wikipedia




食べもの
 海岸や湖岸で、甲殻類や貝類を捕食し、また、藻類も食べる。 by Wikipedia




名前の由来  引用 *31
 江戸時代から、"つくしがも" として知られていた。 当時から、九州北部地方 (筑紫の国) に渡来したからである。








英名の意味
common 普通の
shelduck 〔鳥〕 ツクシガモ
shel : shel は、shell であろう。
そして、shell は、貝殻の意から、貝を食べるカモという意味であろうが、砲弾という意味もある。
私には、飛び姿が砲弾のように見えたのである。
duck : 1 カモ、アヒル
2 カモ [アヒル]の雌
【関連】
 カモは wild duck
 カモ [アヒル]の雄は drake
 アヒルは domestic duck
 子ガモ、アヒルの子は duckling
 鳴き声は quack
by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998




関連記事
カモ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示



 




履歴
2012/03/14 ロゴ統一更新
2009/11/10 写真B追加
2008/08/21 初版公開











ツクシガモ (筑紫鴨) Common Shelduck (Tadorna tadorna) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2019   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾