八幡次郎好酉の鳥紀行
 鳥紀行エピソード (アメリカ編)
エンパイア・ステート・ビルディングからの眺め Newyork, USA
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|鳥紀行 アメリカ編||アメリカの州名とその略称||ツイート過去ログ アメリカ編|



<< Home Page
ニューヨーク到着 2014/08/02

2013年 5月 8日 ニューヨーク到着 次へ
 今回は約三ヶ月の旅である。 遠距離介護をして来た母も黄泉の国へ旅立った。 そのことで特にご迷惑をかける人もこともいないという思いがあって満を持しての出発なのだ。


アメリカのこと
 アメリカは、子供の頃からあこがれの国だった。 三味線や義太夫といった日本伝統の芸能は劣るもの、恥ずかしいものといった気持ちがあった。 ギターやポップスが当たり前のように、何のわだかまりも抵抗もなく ・・・ 身体に染みついていった。

 今は違う。 日本の伝統芸能にしても、誇りに思うことの方が多いのだ。 要するに、風土・風俗・風習・文化といったものに好き嫌いが例えあるとしても、それを良いや悪いの問題に置き換える愚は心して避けなければならないという思いを強くするのである。 また、実際に、、いろんな旅を通して得た感覚では忌み嫌うものなど一切なかった。


 国家や宗教や民族といった違いから生れる異なる風土・風俗・風習・文化といった違いに想像を絶するものがある筈がない。 すべての源は感情移入ができる同じ人間であるからだ。

 今回のアメリカの旅について感想を先にいえば、国民性にしても、人情にしても、非常に旅のしやすい国だった。 もちろん車社会であるから車の旅をお勧めする。


 cf. ツィータ過去ログ連動 ・・・ アメリカ編 (2013/05/08 - 2013/07/31)



  


座席のモニタ画面座席のモニタ画面
 時差のことはピンとこないのだが、大韓航空で関空を発ったのが 2013/05/08 12:10 で、先ずはソウル到着したのが 14:00 だった。

 それから、ニューヨーク行 (19:30発) に乗り換える。 5時間半の待ち時間がある。

 そして、ケネディー空港に到着したのが同日の2013/05/08 20:40 であった。





格安航空券では仕方がない
 それに格安航空券の旅では、まず、ダイレクト便を使うことはなかろう。 安い代わりに乗り継ぎに 5-6時間待つことはざらにある。 それが我慢ならない方も多々おられようが ・・・


その理由
 ・休暇が少ないから、時間的な無駄は出来ない。
 ・長時間ボケーと過ごすことに耐えられない。


 こういう場合は、お金を出せば、その無駄な時間を買い取ってくれるのだ。 また、窮屈な座席から解放される術もある。 この世の中 ・・・ とにかく金はかかるが楽に過ごせることは多々あるものである。

 cf. Money is Time
 cf. 自給するということ
 cf. 要求される資質






乗り換え待ち時間の過ごし方
 5時間半の待ち時間というのは長すぎるかという問題だが、人それぞれであろう。 私に関してはまったく苦にならない。


 何故なら、そこはもう外国であり、旅の最中にあるということだ。 はじめから最終目的地などはない話なのだ。 




(1) 空港内散策
 先ずは試に空港内を見物するのが良い。 土産物店をひやかして回るのもよい。 電話ボックスから日本に電話するのもよい。


 初めての旅ならこれで十分だが、何度もとなるとそうはいかないかも知れない。 ただ、この問題は、航空会社を変えればいいだろう。 例えば ・・・



航空会社と経由地 
大韓航空 ソウル経由
エミュレーツ航空 ドバイ経由
シンガポール航空 シンガポール経由
タイ航空 バンコク経由
中華航空 北京経由
など

 その他の利点としては、経由地でも旅をすることが出来る。 ダイレクト便で、ただ往復するよりも楽しみが増えるということだ。

 cf. チャンギー国際空港 ChangiAirport








[余談] よくやった
 むかし、娘が大学生だったころ、ご近所の友人と一緒にドイツに個人旅行に出かけたことがあった。 私たちの経験談を聞いていたからだ。

 あらかじめ、チャンギー国際空港で待ち時間があるから安否確認のためにも電話してくるように約束していた。 当時は、クレジットカード式の公衆電話がコンコースにあって、私も暇つぶしに家に国際電話を掛けたことがあった。


 少し、勝手は違うが現金なしでかけられるので旅先では都合がいいのである。 操作方法が表記されているので特に説明はしていなかった。


 ところがいつまでたっても電話がかかってこなかったのだ。 あとで聞くと、どうしても電話がかからなかったという。 私の娘はよいにしても友人の親御さんは心配されたことだろう。

 アポなしの列車を使っての一ヶ月ほどの旅だったが、出発直前になっているのに計画を立てている様子もない。 トーマスクックの時刻表は持っているのに見方も知らないことを知って吃驚した。


 仕方なく私が徹夜までして、おすすめコースの全行程に付箋を付けて、見方や使い方を伝授した次第である。 ・・・ 見るからに冷や汗ものだったが無事に帰ってきてくれた。


 それが後で話を聞くと意外にも、臨機応変に対応していて良い旅をしているのだった。


 出発早々、チャンギー国際空港で電話がかけられなかったこと、鉄道周遊券が中々買えなかったこと、コーヒを注文したのにコーラが出てきたこと ・・・ などなど、この先どうなることかと泣きたくなるほどだったという。

 それでもいろんな経験を積み重ねるにつれ、またいろんな親切にもめぐり会うにつれて、旅の醍醐味を味わったに違いない。


 若かった彼女たちにとっては、これに勝る旅は、もう有りえないかも知れない。 





(2) インターネットの活用
 昨今のインターネットの普及は旅の仕方を変えた。 航空券やホテルの予約までパソコンからというのが常識になってきた。

 WiFi の普及で、旅先からツイッター等に画像を送るのも容易である。 また、スカイプ等で無料のテレビ通話が可能である。 出来ることは山ほどある。 長い待ち時間などという感覚がなくなった。




(4) ラウンジの活用
 VISA ゴールドカードで関空のラウンジを使ってきたが、今回は新たにアメックス American Express を使うことにした。 分不相応だが、いろいろ利点があり、投資額を上回ると計算したからである。

 ・普通の搭乗マイルに加えて、新規加入者にはボーナスマイルが得られる
 ・VISAより、ワンランク上のラウンジが利用できる
 ・デルタ航空の優先搭乗や、空席があればワンランク上の席が得られる








cf. ツィータ過去ログ連動 ・・・ アメリカ編 (2013/05/08 - 2013/07/31)
 (1)_twitter May 13, 2013 セントラル・パークで鳥観
 (2)_twitter May 13, 2013 ロックフェラーセンターの展望台




補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter およびツィートピック twitpic を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。





アメリカ編へ戻る




履歴
2014/08/02 スタイル変更
2013/11/10 初版公開










イエスズメ  (家雀) House Sparrow  (Passer domesticus) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2017   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾