八幡次郎好酉のプロフィールへ
スコットランド エジンバラ城 Edinburgh Castle, Scotland
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



 
<< Home Page
ハヤブサ (隼)

写真①
① ハヤブサ ♂ 成鳥 ニュー・ラナーク スコットランド New Lanark, Scotland 2009/05/26 Photo by Kohyuh
ハヤブサ ♂ 成鳥 ニュー・ラナーク スコットランド
New Lanark, Scotland
2009/05/26 Photo by Kohyuh



写真②
② ハヤブサ ♀ 成鳥</A> ニュー・ラナーク スコットランド New Lanark, Scotland 2009/05/26 Photo by Kohyuh
ハヤブサ ♀ 成鳥 ニュー・ラナーク スコットランド
New Lanark, Scotland
2009/05/26 Photo by Kohyuh



写真③
③-1 ハヤブサ ♂ 成鳥</A> ニュー・ラナーク スコットランド New Lanark, Scotland 2009/05/26 Photo by Kohyuh③-2 ハヤブサ ♂ 成鳥</A> ニュー・ラナーク スコットランド New Lanark, Scotland 2009/05/26 Photo by Kohyuh
ハヤブサ ♂ 成鳥  ニュー・ラナーク スコットランド
New Lanark, Scotland
2009/05/26 Photo by Kohyuh



ハヤブサ (隼) *203 *205 *207 *209 2012/02/14
タカ目 Accipitriformes
ハヤブサ科 Falconidae
 学名 Falco peregrinus
 英名 Peregrine Falcon
 全長 (L) = 36-48 cm
 雌雄同色

 2009年 5月 26日
 ニュー・ラナーク New Lanarkクライド滝ビジターセンター Falls of Clyde Visitor Center で、この近くでハヤブサが営巣しているという情報を得た。








 ここから窓越しに見えるクライド川 River Clyde は、早瀬あり、渕ありの、日本で見る渓流そのものである。 奥には滝もあるという。

 さすがに、スコットランド Scotland がハイランド highland と呼ばれるだけあって、山も川も清滝(京都)を思わせる。






§ ニュー・ラナーク New Lanark
 ニュー・ラナーク へ行くには、ラナーク Lanark という街を通り越さなければ行けないが、大渋滞に巻き込まれた。 メイン通りは一本しかなくて、迂回も出来ないから、ただ待つしかなかった。 渋滞の原因は道路工事で片側通行を余儀なくされたからだが、それだけでもなさそうだ。



 ラナークは、幹線道路が何本も交差する交通の要衝であるが、それが、この小さな峠の街のメイン道路一本に集中するからだろう。 それに、この辺りは、山深い上に、古くからある街であるから、道路整備もままならないに違いない。

 一方、ラナークから程近い、ニュー・ラナーク New Lanark の街は、クライド川が渓谷を成す、その狭い谷間にある。 そして、そこまで車を乗り入れることが出来るのは、そこに暮らす人たちだけである。 観光客用の駐車場は高台にあった。







世界遺産  ニュー・ラナーク New Lanark
 このニュー・ラナークの水資源をうまく利用して綿紡績工場を建設(1786年)し、成功した一族の中に博愛主義者として知られるロバート・オウエン Robert Owen がいた。 彼は、『人間は環境によって変えられる』 という言葉どおり、それを実践で示そうとしたのである。

 彼は、当時劣悪だった工場労働者たち、特に、子供たちのために、環境改善を決意した。 彼らの住宅を建てたり、幼児学校を建てたりした。 そして、工場を中心とするこの村は、次第に、彼の目指す ユートピア を体現する存在となっていったのである。


 工場労働者の家や学校などが保存され、当時の村の様子が体験できるように、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン (USJ) にあるような乗り物に乗って巡るアトラクション設備などがある。




世界遺産の名前 地区 種別 登録年
ニュー・ラナーク New Lanark スコットランド 文化遺産 2001年

【補注】 10項目ある基準の内、以下の三つを満たしているとして登録された。
(2) ある期間を通じて、または、ある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
(4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
(6) 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と、直接にまたは明白に関連するもの。






New Lanark
ニュー・ラナーク New Lanark の村と、クライド川 River Clyde 2009/05/26 Photo by Kohyuh
ニュー・ラナーク New Lanark の村とクライド川 River Clyde
2009/05/26 Photo by Kohyuh










クライド滝野生保護区 Falls of Clyde Wildlife Reserve
 クライド滝 ビジターセンター Falls of Clyde Visitor Center を基点として、このクライド滝野生保護区を巡る トレッキング・ルートが整備されている。 ハヤブサが営巣している旨の張り紙があったので、そのコースを辿ることにした。


 クライド川の右岸を上流に向かって歩くが、渓流は眼下にある。 ときに、柵つきの木馬道のように、ときに、ハイキングの山道のように、安全が配慮された道は歩いていて気持ちが良い。

 また、ときに、見晴らしのよい展望所へ誘導するように脇道もある。 また、ときに、森の中へ迂回するコースもあるが、迷いそうな気配はない。 どれも、クライド滝 Falls of Clyde へ向かっているからだ。






Falls of Clyde
クライド滝 Falls of Clyde 2009/05/26 Photo by Kohyuh
クライド滝 Falls of Clyde
2009/05/26 Photo by Kohyuh




 やがて、谷側を背丈より大きな板塀で遮蔽するようにした道が現れた。 どうやら、目指すハヤブサの営巣地が近かそうだ。 さらに進むと、その板塀に庇 ひさし がついた程度の観察小屋が現れた。





 レンジャーの男性の他に、鳥好きの人たちが五六人いた。 フィールドスコープやカメラが並んでいた。 聞くと、ハヤブサは対岸の岸壁にいるといって、フィールドスコープを覗かせてくれた。

 先ほどまで、メスが子供に餌を与えていたのだが ・・・ といっていた。 残念ながら、私が観たときは、メスは巣の中で、ときおり、頭を上げたり、にじり動いたりするだけであった。

 オスは近くの岩棚で、巣を見守るように立っていたが、眠そうな目をしていた。 家族水入らずの平和な時間が流れていた。



レンジャー ranger
 〈森林・国立公園などの管理員〉 ex. a ranger (in a national park)

 
by New College Japanese-English Dictionary, 4th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1933,1995,1998






 クライドの滝は、このハヤブサの営巣地から、それほど遠くはない。 階段状に流れ落ちる滝の高さは、合わせて 60m程というから、豪快さはない。 それでも、高い山のない英国では、滝は貴重な存在であろう。 何より、緑濃き谷を流れ落ちる滝を俯瞰する風情は、その大小ではなく、また、いいものだ。











渡り
 ハヤブサは、全世界に分布し、極地帯 を除く、地球上のいたるところで見られるといっても過言ではない。 英国をはじめ、ヨーロッパ、インド、オーストラリア、アメリカ西海岸などでは 留鳥 として棲息する。

 一方、スカンジナビア半島、ユーラシア大陸や北アメリカ大陸の高緯度帯などで 夏鳥 として繁殖するものは、冬場には、アフリカや中米などに渡って避寒する 渡り鳥 でもある。
*207




食べもの
 ハヤブサは、もっぱら、ハト、ガン・カモシギチといった中サイズの鳥を捕食する。

 cf. ハヤブサの狩りのスタイル





名前の由来 *31
 ハヤブサは、奈良時代から "はやぶさ" の名で知られていた。 ただし、語源については記載がない。 思うに、こういった古くからの呼称は、語源が特定し難いものである。 それでも、"早く飛ぶ" ということに由来することは間違いなかろう。








英名の意味
peregrine 放浪する、さまよう ※8
falcon 〔鳥〕 ハヤブサ 《タカ狩りに用いる》 ※5
 



関連記事
ハヤブサ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
ハヤブサ 1 日本の鳥



 

一覧メニューへ戻る




履歴
2009/12/14 ロゴ統一更新
2009/10/01 初版公開










ハヤブサ (隼) Peregrine Falcon (Falco peregrinus) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾