八幡次郎好酉の鳥紀行





台湾 大雪山 鞍馬山荘 近郊
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
鳥紀行 |台湾編 (1) ||台湾編 (2) | ツイート |台湾編 (1) ||台湾編 (2) ||台湾編 (3) |



 
<<Home Page
キンバネホイビイ (金翼白眉)

写真①
① キンバネホイビイ 成鳥 鞍馬山荘近郊 大雪山国家森林遊楽区 台湾 near by Anma Villa, Dasyueshan National Forest Recreation Area, Taiwan 2012/02/29 Photo by Kohyuh
キンバネホイビイ 成鳥  鞍馬山荘近郊 大雪山国家森林遊楽区 台湾
near by Anma Villa, Dasyueshan National Forest Recreation Area, Taiwan
2012/02/29 Photo by Kohyuh



写真②
② キンバネホイビイ 成鳥 鞍馬山荘近郊 大雪山国家森林遊楽区 台湾 near by Anma Villa, Dasyueshan National Forest Recreation Area, Taiwan 2012/02/29 Photo by Kohyuh
キンバネホイビイ 成鳥  鞍馬山荘近郊 大雪山国家森林遊楽区 台湾
near by Anma Villa, Dasyueshan National Forest Recreation Area, Taiwan
2012/02/29 Photo by Kohyuh



写真③
③ キンバネホイビイ 成鳥 鞍馬山荘近郊 大雪山国家森林遊楽区 台湾 near by Anma Villa, Dasyueshan National Forest Recreation Area, Taiwan 2012/02/29 Photo by Kohyuh
キンバネホイビイ 成鳥  鞍馬山荘近郊 大雪山国家森林遊楽区 台湾
near by Anma Villa, Dasyueshan National Forest Recreation Area, Taiwan
2012/02/29 Photo by Kohyuh



写真④
④ キンバネホイビイ 成鳥 鞍馬山荘近郊 大雪山国家森林遊楽区 台湾 near by Anma Villa, Dasyueshan National Forest Recreation Area, Taiwan 2012/02/29 Photo by Kohyuh
キンバネホイビイ 成鳥  鞍馬山荘近郊 大雪山国家森林遊楽区 台湾
near by Anma Villa, Dasyueshan National Forest Recreation Area, Taiwan
2012/02/29 Photo by Kohyuh



 キンバネホイビイ (金翼白眉) *214 2012/07/13
スズメ目 Passeriformes
チメドリ科 Timaliidae
 学名 Garrulax morrisonianus
 英名 White-whiskered Laughing-thrush
 全長 (L) = 28 cm

 雌雄同色
 固有種 (台湾) *214

戻る 2012年 2月 29日 次へ
 カンムリチメドリがいた緋寒桜の木の下が藪のようになっていて、その中で鳥の動く気配があった。 一瞬シロハラを想像した。

 それが藪の中からなかなか姿を姿を現してくれなかった。 動きはわかるのだが ・・・







読みが当たる
 ただ、こういう状態なら姿を現すのは時間の問題であるということを ・・・ それも、また、意外に早いということを ・・・ 私は学んできて知っている。 要するに相手も私の存在をとっくの昔に知っているのである。

 野生がそうでなくてどうする。 知っているからこそ身を隠したり現したりするのだ。 ただ、見えつ隠れつしているところが肝心だ。 本当に身を隠したいのなら ・・・ そんな真似はしないものだ。

 cf. 覗き見はやめて!
 cf. 根競べ
 cf. 相対的時間感覚
 cf. 鳥類は根気がない



 鳥が偉いと思うのは、人間は観察小屋に隠れて双眼鏡などで覗き見をするのを厭わないが、それは、はしたない行為だと考えているようである。


 彼らにすれば ・・・ 覗き見は既に終わっていて、こちらのことはおおよそ見当がついているのだ。

 その天敵でもないものを一方的に覗き見はしたくないといういうか、する必要がないというか、こそこそしたくないというか ・・・ 堂々と相見 あいまみ えるという気がする。



 まぁ、鳥にもよるが ・・・ このときは、そう思った。 すると間もなく全身を現したのである。 それがこのキンバネホイビイとの最初の出逢いであった。





意外なことに
 外は明るいし、夕食にはまだ時間があったので鞍馬山荘から先の様子を車で見に行くことにした。 少し行ったところに駐車場があったので立ち寄った。

 そこには先客の車が一台あり、縁石に座っているおばさんが目に入った。 観光客のようでもない風で ・・・ この辺りの地元の人のよう見えたが ・・・ 何と、さっきのキンバネホイビイがおばさんの周りに群がっていたのだ。

 どうも手には餌を持っているようで ・・・ びっくりしてみていると、『もう少し先に行くと、もっといるよ』 と笑顔で声をかけて来た。


 それは、つい先ほどのことだったのに ・・・ 緊張感をもって彼と相対峙した時間が確かにあった ・・・ それも、初めて出逢ったときにだけ得られる ・・・ その貴重だった筈の時間が ・・・ 今こうして、いとも簡単に打ち破られたのだ。

 『キンバネホイビイ お前もか』 ・・・ もっとコガモを見習って欲しい。 彼らは人に媚は売らないよ。








思いは不思議
 そして、その後も ・・・ このキンバネホイビイとは行く先々で出逢いを重ねて行くことになるのだった。 それも、地元の鳥撮り人たちからは、邪魔者扱いされるほどの ・・・ まぁ、日本でいえばムクヒヨほどにも注目されない鳥だということが ・・・ 否が応でもわかって来るのだった。

 それでも、このキンバネホイビイにしても、カンムリチメドリにしても、確かに 「どこにでもいた」 のだが、「どこにでもいない」 と考える方が正しい認識だと思う。

 先ずは、台湾の固有種だから台湾以外にはいないのである。 それに、どちらも高原性の鳥だから、台湾といえども、どこにでもいるのではない。 この大雪山国家森林遊楽区だからこそ出逢えるのだが ・・・ ただ、残念なことに ・・・ 彼らの方から物欲しげに姿を現すところが情けない。


情けないのは ・・・
 本来、野生の彼らを見る目に貴賤や上下があってはならない筈なのに ・・・ 同じような目線で見ている自分に気づくからだ。

 彼らのその人懐こい性格を、恥も外聞もかなぐり捨てて餌につられて集まる卑しい者と置換えて見てしまう自分に気づくからだ。



 それは孤高であって欲しいという ・・・ 身勝手にも、自分にはできない、または、出来なかったことを他人に託すような ・・・ いわば、ふがいない自分と重ね合わせて見る思いなのだと気づくからに違いない。

 






霧の雪山山脈
霧の中に浮かぶ 雪山山脈の峰々 2012/02/29 Photo by Kohyuh
霧の中に浮かぶ雪山山脈の峰々
2012/02/29 Photo by Kohyuh





飛翔力のこと
 心優しい多くの生きものたちがそうであるように、激しい競争を余儀なくされる所に嫌気がさして、より地理的要件の厳しい地に移り住むことがあるものだ。

 キンバネホイビイは心優しいだけでなく、見かけより飛翔力は強くないらしい。 そういったこともあって、この山深い高地に永住の地を見つけたのかも知れない。

 ここで彼らとの多くの出逢いがあったといっても、果たして、次の出逢いが何度もあるとは思えない ・・・ 貴重な出逢いだったと今思うのである。

 cf. 地理的要件
 cf. キンバネホイビイの渡り
 cf. キバシガラス









同定理由 *214
・翼や尾羽の一部が金色
・太くて白い眉班
・肉色の嘴
くちばし




名前の由来
 ちなみに漢字名に充てている "金翼白眉" は台湾名である。 
*214
 そして、キンバネは "金翼" であり、翼の一部が金色であるからだろう。 ところが、ホイビイの由来がさっぱりわからない。 台湾名の "白眉" と 和名の "ホイビイ" の接点がわからないのだ。

 ご存知であれば、どなたか教えていただければありがたいです。




渡り
 キンバネホイビイは、台湾に留鳥として生息する、固有種 (台湾) でもある。 標高 2,000m ~ 3,500m の高地の山林に生息する。 渡りをするほどの飛翔力はないが、地上に降り立って採餌するのに適した強い脚を持っている。

by (鳥の楽園) 「大雪山森林レジャー区」 パンフレットより引用





食べもの *214
 キンバネホイビイは、主に、植物の新芽、種子フルーツ昆虫無脊椎動物、トカゲなどを捕食する。







英名の意味
white 白い
whiskered ほおひげのある
【補注】
キンバネホイビイの正面顔を見れば立派な髭に見える。
laughing 人の笑い声のような声を出す
thrush [鳥] ツグミ
by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998




関連記事
チメドリ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示







cf. ツィート過去ログ連動
 (1)_twitpic Feb 28, 2012 布袋大仏を見るなどの街歩き
 (1)_twitpic Feb 29, 2012 レンタカーで大雪山を目指す
 (1)_twitpic Mar 01, 2012 大雪山のご神木を見に行った




補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter およびツィートピック twitpic を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。





 

台湾編(1)へ戻る




履歴
2015/04/06 twitpic 社破綻 → twitter 社統合対応
2012/07/13 バナー更新
2012/06/03 初版公開











キンバネホイビイ (金翼白眉) White-whiskered Laughing-thrush (Garrulax morrisonianus) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2017   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾