八幡次郎好酉の鳥紀行





トレド旧市街の夕暮れ スペイン Toledo, Spain
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



 
<< Home Page
モリバト (森鳩)

写真@
@ モリバト 成鳥  デティーロ公園 マドリッド スペイン Parque del Retiro, Madrid, Spain 2005/04/19 Photo by Kohyuh
モリバト 成鳥
レティーロ公園 マドリッド スペイン
Parque del Retiro, Madrid, Spain
2005/04/19 Photo by Kohyuh



写真A
A モリバト 成鳥  ヴァンセンヌの森 フランス Bois de Vincennes, France 2004/04/20 Photo by Kohyuh
モリバト 成鳥
ヴァンセンヌの森 フランス
Bois de Vincennes, France
2004/04/20 Photo by Kohyuh




モリバト (森鳩) *203 2012/03/15
ハト目 Columbiformes
ハト科 Columbidae
 学名 Columba Palumbus
 英名 Wood Pigeon
 全長 (L) = 42 cm
 留鳥(西欧)
 雌雄同色

 ヨーロッパに広く分布しており普通に見られる。 一見ドバトのようであるが、日本の キジバト (ヤマバト)に似て、首の両側にある白い斑紋(パッチ patch)が特徴的である。

 モリバトは名前のとおり森に棲むことが多いから付けられたのであろうが、街中でも見かけることが多々あった。






 最初に観たときは、えらく神経質な鳥という印象を受けたが、その後、何度となく見てくると、日本で見るキジバトに似て、人馴れしているものも多い。








渡り *207
 モリバトは、主に西欧で留鳥として棲息している。東欧・中央・西アジアなどで夏鳥として棲息するものは、冬場にはアフリカ北部の地中海沿岸部などに渡って越冬する。




食べもの by Wikipedia
 モリバトの食性は植物食で、主に野菜、葉っぱ、芝、若芽、穀物、松の実、フルーツ、ベリー類などを採餌する。




名前の由来 *31
 図鑑 *31 には、モリバトのことをホルトモンバトとして記載されている。インドの「ホルトモンの地よりいず」ということである。江戸時代にインドから伝来して知られていたようだ。現在のモリバトの名は、英名 "Wood Pigeon" の直訳であろう。






学名の意味
Columba [古ギリシャ] 潜る diver のラテン語化
palumbus [鳥] モリバト
 by Wikitionary




英名の意味
wood [しばしば複数形で; 単数または複数扱い] 森
(比較 grove より大きく forest より小さいものにいう)
pigeon 〔鳥〕 ハト
 cf. pigeon
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998




関連記事
ハト科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
モリバト 1 鳥紀行 フランス編
モリバト 3 スペインの鳥(サラマンカ)
ドバトの名前の由来 諸説あるが ・・・
ハトは歩くときなぜ頸を振るか 分かるような分からないような







履歴
2018/08/31 「学名の意味」 追加
2012/03/15 ロゴ統一更新
2008/09/10 スタイル統一
2008/04/19 初版公開











モリバト (森鳩) Wood Pigeon (Columba Palumbus) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2018   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾