八幡次郎好酉のプロフィールへジャンプする





アイルランド モハーの断崖 Clifs of Moher, Ireland
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



 
<< Home Page
モリヒバリ (森雲雀)

写真①
① モリヒバリ 成鳥 バレンシア島 アイルランド Valencia Island, Ireland 2009/06/04 Photo by Kohyuh
モリヒバリ 成鳥
バレンシア島 アイルランド
Valencia Island, Ireland
2009/06/04 Photo by Kohyuh



写真②
② モリヒバリ 成鳥 バレンシア島 アイルランド Valencia Island, Ireland 2009/06/04 Photo by Kohyuh
モリヒバリ 成鳥  バレンシア島 アイルランド
Valencia Island, Ireland 2009/06/04 Photo by Kohyuh



写真③
③ モリヒバリ 成鳥 バレンシア島 アイルランド Valencia Island, Ireland 2009/06/04 Photo by Kohyuh
モリヒバリ 成鳥  バレンシア島 アイルランド
Valencia Island, Ireland 2009/06/04 Photo by Kohyuh



写真④
④ モリヒバリ 成鳥 バレンシア島 アイルランド Valencia Island, Ireland 2009/06/04 Photo by Kohyuh
モリヒバリ 成鳥
バレンシア島 アイルランド
Valencia Island, Ireland
2009/06/04 Photo by Kohyuh



モリヒバリ (森雲雀) *203 *205 *207 *209 2012/02/14
スズメ目 Passeriformes
ヒバリ科 Alaudidae
 学名 Lullula arborea
 英名 Woodlark
 全長 (L) = 15 cm
 雌雄同色

 2009年 6月 4日
 スケリッグ・マイケル Skellig Michael への船が出る前に、ポートマギー PortmageeB&B のおばさんに勧められて、一時間ほど バレンシア島 Valencia Island に立ち寄った。







バレンシア島の頂上
 バレンシア島の頂上は草原のようになっていて、このモリヒバリがいたのであるが、同定 できないまま、これまで正体不明の鳥として保管していただけだった。 というのも、紛らわしい小鳥が多々いるからである。

 ヒバリ然り、マキバタヒバリ然り、ヨーロッパタヒバリ然りである。 さらに困ったことに、これと思うモリヒバリが、図鑑ではアイルランドに生息していないことになっている。


 それでも、モリヒバリはヨーロッパ全土に広く生息し、英国本島 (グレートブリテン島 Great Britain Island) でも、南部に、その範囲は広くはないが、留鳥 として生息している。

 こういったところから、敢て、モリヒバリとした。 消去法でいくと、どうしても、首周りが白っぽいところが最後まで残ってきたからだ。


 cf. バレンシア島 Valencia Island





同定理由
 ・頭頂の縞模様
 ・冠羽がない
 ・腹部は白く、縞模様がない
 ・首周りが白っぽい







渡り by Wikipedia
 ヨーロッパ全域に広く、留鳥 として生息する。 夏場に、東欧からロシア西部にかけて繁殖するものは、冬場には、その南部に渡って避寒する 渡り鳥 でもある。




食べもの *209
 地上で、主に、昆虫やその幼虫、草の種子などを採餌する。 一部草木がなく地面が露出していたり、砂地になっているところを好む。




名前の由来 *31
 cf. ヒバリの名前の由来






英名の意味
woodlark 〔鳥〕 モリヒバリ (ヨーロッパ産)
 by 小学館 プログレッシブ英和・和英中辞典 sony Digital Data Viewer DD-IC100




関連記事
ヒバリ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示



 

野鳥一覧意戻る




履歴
2012/02/14 ロゴ統一更新
2009/11/11 初版公開











モリヒバリ (森雲雀) Woodlark (Lullula arborea) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾