八幡次郎好酉の鳥紀行





ストーン マウンテン パーク Stone Mountain Park, Georgia, USA
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|鳥紀行 アメリカ編||アメリカの州名とその略称||ツイート過去ログ アメリカ編|



<<Home Page
モリタイランチョウ  (森太蘭鳥)

モリタイランチョウ成鳥

モリタイランチョウ (成鳥
ストーン・マウンテン・パーク ジョージア州 米国
Stone Mountain Park, Georgia, USA
2013/06/17 Photo by Kohyuh





モリタイランチョウ幼鳥(2態)


モリタイランチョウ (幼鳥
ストーン・マウンテン・パーク ジョージア州 米国
Stone Mountain Park, Georgia, USA
2013/06/17 Photo by Kohyuh




モリタイランチョウ(森太蘭鳥)  *215_p328 2018/04/18
スズメ目 Passeriformes
タイランチョウ科 Tyrannidae
 学名 Contopus virens
 英名 Eastern wood pewee
 全長 (L) = 16 cm
 留鳥(ジョージア州)

戻る 2013年 6月 17日 次へ
 このモリタイランチョウ(森太蘭鳥)とよく似たニシモリタイランチョウ(西太蘭鳥)という小鳥がアメリカ合衆国にいる。それは、この地を東西に分断するようにあるロッキー山脈の影響によるものだ。






ロッキー山脈 Rocky Mountains by wikipedia
 北アメリカ大陸西部を凡そ北から南に走る大山脈で、複数の山系から構成されており、その長さは国境を越えて、アメリカ合衆国のアラスカ州、カナダ、アメリカ合衆国、メキシコ北部まで、総延長約 7,600㎞ に至る。


ロッキー山脈の分水界
 このロッキー山脈を源流とする河川は太平洋にそそぐものと、大西洋にそそぐものと、五大湖にそそぐものといった風に、ロッキー山脈分水界になっている。

 分水界とは専門過ぎて聞き慣れないが、水系を分けるのは何も山稜だけではないということだろう。・・・日本の分水嶺の感覚は、一つの山脈が水系を分けるものだが、ロッキー山脈分水界とは規模が異なる感じがする。


分水界
 雨水が、二つ以上の水系へ分かれて流れる境界のこと。
by デジタル大辞泉より引用

分水嶺
 分水界になっている山稜のことをいう。
by デジタル大辞泉より引用

 cf. 定義が大事(ディベート)





 飛翔力が弱い小鳥にとっては、このように巨大な分水界は彼らの進化にも影響を及ぼすことになり、「種のレベル」で区分できるほどに分化させる結果となったようだ。

 ・・・当初は、「亜種のレベル」の分化と考えていたのだが・・・要するに、お相手探しと言っても容易に交流することが難しいのであろう。


 


 即ち、モリタイランチョウ Eastern wood pewee はロッキー山脈から東部に、ニシモリタイランチョウ Western wood pewee は西部に分布する。そういう意味では、このモリタイランチョウは「東森太蘭鳥」とするべきだろうが、今となっては仕方がない。そして、その外見的な違いはニシモリタイランチョウの方がモリタイランチョウに比べて全体的に黒っぽい。

 cf. 分水嶺ならぬ分鳥嶺
 cf. グロージャーの法則 Gloger's rule
 cf. タイランチョウ科 Tyrannidae の特徴
 cf. タイランチョウで思うこと





渡り bu Wikipedia
 モリタイランチョウは、主にアメリカ合衆国のロッキー山脈より東部(フロリダ半島を除く)及びカナダのロッキー山脈より東部に留鳥として分布する。
 cf. タイランチョウ科 Tyrannidae の特徴




食べもの  by Wikipedia
 モリタイランチョウの食性の大部分は昆虫節足動物を捕食するが、ときにベリー類も採餌する。




名前の由来 *31
 モリタイランチョウの名前の由来は辞典には記載はないが・・・モリ・タイランチョウとして読み解けば、「森に棲むタイランチョウ科の仲間」ということになる。







学名の意味
Contopus ???
virens ???




英名の意味
Eastern 東部の
wood 森、森林
pewee [鳥] モリタイランチョウ(北米産)
by weblioより引用






関連記事
タイランチョウ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示









cf. ツィータ過去ログ連動 ・・・ アメリカ編 (2013/05/08 - 2013/07/31)
 2013/06/17 "Stone Mountain Park" (1) 巨大レリーフ
 2013/06/17 "Stone Mountain Park" (2) 巨大レリーフ
 2013/06/17 "Stone Mountain Park" (3)
 2013/06/17 "Stone Mountain Park" (4) "Song Bird Habitat Trail"




補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter およびツィートピック twitpic を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。






アメリカ編に戻る




履歴
2018/04/18 初版公開










モリタイランチョウ  (ロイヤル鯵刺) Eastern wood pewee (Contopus virens) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2019   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾