八幡次郎好酉の鳥紀行





ミシシッピ川 ニューオーリンズ Mississippi River, New Orleans, USA
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|鳥紀行 アメリカ編||アメリカの州名とその略称||ツイート過去ログ アメリカ編|



<<Home Page
ムラサキツバメ (紫燕)

ムラサキツバメ♂(3態)
ムラサキツバメ(8態-1) ポンチャートレイン湖畔 ルイジアナ州 米国 Lakeside of Pontchartrain, New Orleans, Louisiana USA 2013/06/13 Photo by Kohyuh
ムラサキツバメ(8態-2) ポンチャートレイン湖畔 ルイジアナ州 米国 Lakeside of Pontchartrain, New Orleans, Louisiana USA 2013/06/13 Photo by Kohyuh
ムラサキツバメ(8態-2b) ポンチャートレイン湖畔 ルイジアナ州 米国 Lakeside of Pontchartrain, New Orleans, Louisiana USA 2013/06/13 Photo by Kohyuh





ムラサキツバメ♀
ムラサキツバメ(8態-3) ポンチャートレイン湖畔 ルイジアナ州 米国 Lakeside of Pontchartrain, New Orleans, Louisiana USA 2013/06/13 Photo by Kohyuh





ムラサキツバメ親子
ムラサキツバメ(8態-4) ポンチャートレイン湖畔 ルイジアナ州 米国 Lakeside of Pontchartrain, New Orleans, Louisiana USA 2013/06/13 Photo by Kohyuh
ムラサキツバメ♂(右)も給餌する
幼鳥(左)は♀に似ている





ムラサキツバメ♀の給餌(4態)
ムラサキツバメ(8態-5) ポンチャートレイン湖畔 ルイジアナ州 米国 Lakeside of Pontchartrain, New Orleans, Louisiana USA 2013/06/13 Photo by Kohyuh
ムラサキツバメ(8態-6) ポンチャートレイン湖畔 ルイジアナ州 米国 Lakeside of Pontchartrain, New Orleans, Louisiana USA 2013/06/13 Photo by Kohyuh
ムラサキツバメ(8態-7) ポンチャートレイン湖畔 ルイジアナ州 米国 Lakeside of Pontchartrain, New Orleans, Louisiana USA 2013/06/13 Photo by Kohyuh
ムラサキツバメ(8態-8) ポンチャートレイン湖畔 ルイジアナ州 米国 Lakeside of Pontchartrain, New Orleans, Louisiana USA 2013/06/13 Photo by Kohyuh
幼鳥(右)は更におねだりしてる
体格はすっかり成鳥並みになっているのに





ムラサキツバメ (9態)
ポンチャートレイン湖畔 ルイジアナ州 米国
Lakeside of Pontchartrain, New Orleans, Louisiana USA
2013/06/13 Photo by Kohyuh



ムラサキツバメ (紫燕)  *215_P368 2018/01/15
スズメ目 Passeriformes
ツバメ科 Hirundinidae
 学名 Progne subis
 英名 Purple Martin
 全長 (L) = 20 cm
 夏鳥 (ルイジアナ州)
 雌雄異色

戻る 2013年 6月 13日 次へ
 電線や街灯の上でムラサキツバメが飛び交っていた。よく見ていると親子だった。ただ、姿かたちや飛び方だけでは親子の区別は難しいかも知れない。子供は、もう立派に飛べるように見えるのだが親が餌を持って帰るの待っている。巣立ちしたばかりなんだろう。







ムラサキツバメのこと by Wikipedia
 ムラサキツバメは北アメリカで最大のツバメということである。しかし、見た目では、日本で見るツバメと大きさの違いは分からないだろう。ただ、ムラサキツバメ雄はハシブトガラスのように体全体がメタリックな黒色をしているので見間違いすることはなかろう。
 cf. 玉虫色について
 cf. 構造色

 一方、ムラサキツバメ雌は腹部が白っぽい灰色であるから雄と見間違うことはなかろう。ただ、幼鳥も雌と同じような外見であるから・・・雌と幼鳥の区別は難しいかも知れない。特徴的なのは、雌雄ともに燕尾はツバメのように長く突出しない。





Lakeside of Pontchartrain
ポンチャートレイン湖畔
Lakeside of Pontchartrain 2013/06/13


 ポンチャートレイン湖畔のレストランで早めの夕食を摂った後、ホテルへの帰路に就いたが・・・途中でツバメが道路脇の街灯の周りを飛び交う姿があった。こちらでも日本で見られるツバメも多々いるのだが、一方で日本では見られないツバメも多々いることがわかっている。

 せっかくだから確認していくことにした。この辺りの道路は湖畔を散策したり、風景を楽しんだりするため・・・というより、ニューオーリンズ市立公園の一部として設計されているのかも知れない・・・駐車スペースが設けられている。遊歩道やベンチも置かれていた。


 飛び交っていたのはムラサキツバメだった。もちろん同定できたのは今の今になってからであるが・・・初見のものであった。

 日本でも幼鳥が巣立った後も、なお、近くの電線の上に止まって親からの給餌を待つ姿がよく見られるが、それとまったく変わらない光景だ。

 ツバメの場合、幼鳥成鳥では燕尾の長さが大きく異なるが、このムラサキツバメの場合は、その差が無いようである。



 2013/06/13 Photo by Kohyuh






同定の根拠
 ムラサキツバメ♂は全身が黒いということだけで同定ができる。一方、ムラサキツバメ♀については、特徴を羅列するまでもなく、ペアでいたから間違いない。
 cf. 同定とは




渡り *215_P368
 ムラサキツバメは、主に北アメリカ大陸ロッキー山脈より東側で繁殖し、冬場では南アメリカに渡って越冬する渡り鳥である。




食べもの by Wikipedia
 ムラサキツバメは、主に飛翔性昆虫を飛びながら空中で採餌する。




名前の由来 *31
 ムラサキツバメの名前の由来は、図鑑で調べるまでもなく、見た目の色合いから名付けられたものに違いない。








学名の意味
Progne ツバメの属
subis ???
by weblio より引用




英名の意味
purple 紫色の、華麗な
martin ツバメ科の数種の鳥の総称、(特に)イワツバメ
by weblio より引用







関連記事
ツバメ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示











cf. ツィータ過去ログ連動 ・・・ アメリカ編 (2013/05/08 - 2013/07/31)
 (1)_twitter June 13, 2013 ニューオーリンズ植物園 (1)
 (2)_twitter June 13, 2013 ニューオーリンズ植物園 (2) 小泉八雲日本庭園



補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。




アメリカ編に戻る




履歴
2018/01/15 初版公開










ムラサキツバメ (紫燕) Purple Martin  (Progne subis) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2019   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾