八幡次郎好酉の鳥紀行





カプチーニ山上からの眺め トリノ (イタリア)
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
ツイート過去ログ|トルコ~イタリア編||スペイン・ポルトガル編|



<< Home Page
オオバン (大鷭)


 オオバン (7態)
オオバン (7態-1) ポー川 トリノ イタリア Po, Torino, Italy 2018/06/19 Photo by Kohyuh
オオバン (7態-2) ポー川 トリノ イタリア Po, Torino, Italy 2018/06/19 Photo by Kohyuh
オオバン (7態-3) ポー川 トリノ イタリア Po, Torino, Italy 2018/06/19 Photo by Kohyuh
オオバン (7態-4) ポー川 トリノ イタリア Po, Torino, Italy 2018/06/19 Photo by Kohyuh
オオバン (7態-5) ポー川 トリノ イタリア Po, Torino, Italy 2018/06/19 Photo by Kohyuh
オオバン (7態-6) ポー川 トリノ イタリア Po, Torino, Italy 2018/06/19 Photo by Kohyuh
オオバン (7態-7) ポー川 トリノ イタリア Po, Torino, Italy 2018/06/19 Photo by Kohyuh
オオバン (7態)
ポー川 トリノ イタリア
Po, Torino, Italy
2018/06/19 Photo by Kohyuh



オオバン (大鷭)  *205-207 *209-137 *207-170 2018/08/12
ツル目 Gruiformes
クイナ科 Rallidae
 学名 Fulica atra
 英名 Common Coot
 全長 (L) = 39 cm
 留鳥 (トリノ)
 雌雄同色

 最近になって身近にオオバンをよく見かけるようになった。もちろん冬鳥としてのことではあるが、その進出ぶりには驚かされる。
 21世紀の幕開きと共に鳥観を始めた頃は、それこそ琵琶湖まで出かけなければ見ることは難しかった。それが現在では、八幡市内近辺でも容易に見ることが出来るようになったのである。原因は知らないが、何らかの環境の変化があったに違いない。






気付き
 初めて子育てをするオオバンを見たのはフランス (2004) だった。それも、小さな用水路だったり、観光客が多々行き来する水辺だったりするのである。それに、彼らもまた、人馴れしているようだった。要するに、それほどにヨーロッパでは珍しくも何ともない存在である。

 今回、そのオオバンを撮っていて、改めて気づかされたことがある。とにかくオオバンは、ヒドリガモマガモ達が羨む潜水巧者なのだが、決して生まれながらのものではないと思うようになった。要するに、努力の積み重ねで潜水技術を身に着けたという気がしてならない。必要なのは好奇心と探求心であり、オオバンはそれを持っている。

 cf. カキを食べるオオバン





オオバンの潜水
 オオバンを見ていると、泳ぐのに便利な水掻き(蹼)はないが、その代わりに弁足を持っている。それでも、カワウカイツブリほど潜水が出来る分けでもなさそうだ。いわゆる非潜水型の体形に見えるということだ。言い換えれば浮力が大きそうに見える。

 それでも浅瀬であれば、勢いをつけなくても水底の水草を採って食べることが出来るだろう。ところが少し深くなるとそうは行かなくなるようだ。それがこの一連の写真を見て気が付いたのだ。


 はじめは食べる水草がないかキョロキョロと探しながら泳いでいたが、それを見つけたが深そうなところにあることが分かったようだ。

 この態勢では潜っても餌場までは到達できそうにないと知ったオオバンは、勢いをつけるために、一旦羽ばたいて水面上まで飛び上がり、そして飛び込んだのだ。これは理にかなった行動であろう。

 ところが面白いと思うのは、このとき頭から飛び込めばより効果が上がるところを腹から飛び込んだことだ。まだ頭が残っている。これでは、せっかく飛び上がることに要したエネルギーが、十分に生かされていないことになる。・・・見ていてコーチしてやりたかったのだが、如何ともしがたい話ではある。

 cf. 潜水型と非潜水型
 cf. 非潜水型
 cf. 潜水型
 cf. 潜水型の有利性
 cf. 潜水泳法は不利







サンタ・マリア ・ アル ・ モンテ教会とカプチン会修道院 (22景)
Santa Maria del Monte - Monte dei Cappuccini
 今日はこれからサンタ・マリア ・ アル ・ モンテ教会 Santa Maria del Monte とカプチン会修道院 Monte dei Cappuccini へ向かう。そこから眺めるトリノ市街の展望がお勧めとガイドブックに載っていたからだ。

 この街歩きの途中にあったポー川には思い入れがあるので橋の上からしばらく川面を眺めていた。さすがにいい川だと思った。そのとき堰の上流部右手にオオバンを見つけたのだ。何しろ遠いので使えるほどの映りは期待せず、取り合えずカメラに収めて置いただけである。ところが見直して見て笑ってしまった。・・・ オオバンに失礼! ・・・

 cf. 2018/06 17 トリノ街歩き ヴァレンチノ城と中世の村 ポー川の流れ


photo1 サンタ・マリア ・ アル ・ モンテ教会とカプチン会修道院 (22景) Santa Maria del Monte - Monte dei Cappuccini 2018/06/19 Photo by Kohyuh
オオバンは、このポー川の堰の上流側右手にいた。

photo2 サンタ・マリア ・ アル ・ モンテ教会とカプチン会修道院 (22景) Santa Maria del Monte - Monte dei Cappuccini 2018/06/19 Photo by Kohyuh
 手前に見える川はポー川で、左手の橋の向こうに見えるドームはグラン・マードレ・ディ・ディーオ教会、右の山の上に見える搭はサンタ・マリア ・ アル ・ モンテ教会とカプチン会修道院で、これから目指すところである。


グラン・マードレ・ディ・ディーオ教会
photo3 サンタ・マリア ・ アル ・ モンテ教会とカプチン会修道院 (22景) Santa Maria del Monte - Monte dei Cappuccini 2018/06/19 Photo by Kohyuh
 橋を渡るとグラン・マードレ・ディ・ディーオ教会 Church of Gran Madre di Dio の威容が目に入る。その麓からカプチーニ山に行くバス停がある筈だ。

 暑いので歩きたくない一心で探したのは良かったがバスが一向に来なかった。日照りの中小一時間待ってようやく乗れたが、一汗かいた。



寝殿造り
photo4 サンタ・マリア ・ アル ・ モンテ教会とカプチン会修道院 (22景) Santa Maria del Monte - Monte dei Cappuccini 2018/06/19 Photo by Kohyuh
 グラン・マードレ・ディ・ディーオ教会の神殿風のファサードは、規模こそ小さいがギリシャのパンテオン(万神殿)のようである。

 階段の下は、フェンスで囲われていたが、一部開けてあり、そこから人が入って行くのを見かけたので、同じようにして入って行った次第である。

 cf. グラン・マードレ・ディ・ディーオ教会(動画)




グラン・マードレ・ディ・ディーオ教会からの眺め
photo5 サンタ・マリア ・ アル ・ モンテ教会とカプチン会修道院 (22景) Santa Maria del Monte - Monte dei Cappuccini 2018/06/19 Photo by Kohyuh
 正面左右に走る道路の向こう側にポー川が流れているが、ここからでは見えない。このグラン・マードレ・ディ・ディーオ教会はカプチーニ山の麓に位置するのだが、この辺りから山上に向かって森が続いている。

グラン・マードレ・ディ・ディーオ教会の神殿造りのポーチ部
photo6 サンタ・マリア ・ アル ・ モンテ教会とカプチン会修道院 (22景) Santa Maria del Monte - Monte dei Cappuccini 2018/06/19 Photo by Kohyuh
photo7 サンタ・マリア ・ アル ・ モンテ教会とカプチン会修道院 (22景) Santa Maria del Monte - Monte dei Cappuccini 2018/06/19 Photo by Kohyuh
上: 石柱の様子
下: 天井部の様子

グラン・マードレ・ディ・ディーオ教会の内部
photo8 サンタ・マリア ・ アル ・ モンテ教会とカプチン会修道院 (22景) Santa Maria del Monte - Monte dei Cappuccini 2018/06/19 Photo by Kohyuh
photo09 サンタ・マリア ・ アル ・ モンテ教会とカプチン会修道院 (22景) Santa Maria del Monte - Monte dei Cappuccini 2018/06/19 Photo by Kohyuh
photo10 サンタ・マリア ・ アル ・ モンテ教会とカプチン会修道院 (22景) Santa Maria del Monte - Monte dei Cappuccini 2018/06/19 Photo by Kohyuh
 ローマのパンテオンに似たドームだが、それとは違って内部は、祭壇や装飾品や彫像で埋め尽くされている。中央に置かれているのは洗礼盤だろうか?

カプチーニ山に行くバス停
photo11 サンタ・マリア ・ アル ・ モンテ教会とカプチン会修道院 (22景) Santa Maria del Monte - Monte dei Cappuccini 2018/06/19 Photo by Kohyuh
 炎天下のバス停で待つこと小一時間。他の方面行きのバスは時刻表があるのにカプチーニ山方面行きのものはなかった。当てもないのに待つというのは辛いものがある。

 他に一人の待ち客がいたが、行先の違うバスに乗って行ってしまったから、ますます不安が募ったものだった。

カプチーニ山の最寄りバス停の様子
photo12 サンタ・マリア ・ アル ・ モンテ教会とカプチン会修道院 (22景) Santa Maria del Monte - Monte dei Cappuccini 2018/06/19 Photo by Kohyuh
 バスは教会の前まで行ってくれるのかと思っていたのだが、そうではなかった。左手に見える道を上って行かねばならない。

 帰りはバスはやめて、左手の坂道を下りて行くと決めた。これは推測だが、きっとグラン・マードレ・ディ・ディーオ教会に行けるだろう。


案内板
photo13 サンタ・マリア ・ アル ・ モンテ教会とカプチン会修道院 (22景) Santa Maria del Monte - Monte dei Cappuccini 2018/06/19 Photo by Kohyuh
 坂道を上がると案内板があった。左手方向に行けば museo nazionale della montagna (国立山岳博物館)、右手方向には会議エリアでオリンピック記念の中庭がある。ここには2006年トリノ冬季オリンピックに関連する資料や会議室などがあるのだろう。見れば中庭はレストランになっていてテーブルが多数並べられてあった。


右手方向の様子
photo14 サンタ・マリア ・ アル ・ モンテ教会とカプチン会修道院 (22景) Santa Maria del Monte - Monte dei Cappuccini 2018/06/19 Photo by Kohyuh
会議エリアでオリンピック記念の中庭


国立山岳博物館
photo15 サンタ・マリア ・ アル ・ モンテ教会とカプチン会修道院 (22景) Santa Maria del Monte - Monte dei Cappuccini 2018/06/19 Photo by Kohyuh
 今分かったのだが・・・この教会のような白い建物がサンタ・マリア ・ アル ・ モンテ教会とカプチン会修道院と思って目指してきたのだが・・・国立山岳博物館だったのだ。

 思うに、昔から国立山岳博物館としてこの地にあった分けではなく、サンタ・マリア ・ アル ・ モンテ教会、カプチン会修道院などの施設を使用して、新しくオープンさせたものであろう。

 あいにく昼休み時間だったのか入れなかったので、それらの教会等は確認できなかったが、この敷地内にあることは間違いない。


国立山岳博物館入り口に到着
photo16 サンタ・マリア ・ アル ・ モンテ教会とカプチン会修道院 (22景) Santa Maria del Monte - Monte dei Cappuccini 2018/06/19 Photo by Kohyuh
photo17 サンタ・マリア ・ アル ・ モンテ教会とカプチン会修道院 (22景) Santa Maria del Monte - Monte dei Cappuccini 2018/06/19 Photo by Kohyuh
photo18 サンタ・マリア ・ アル ・ モンテ教会とカプチン会修道院 (22景) Santa Maria del Monte - Monte dei Cappuccini 2018/06/19 Photo by Kohyuh

正面入り口の壁に見える文字
Club Alpino Italiano
Sezione di Torino

Museo Nazionale della Montagna
"Duca Degli Abruzzi"
イタリアン アルパイン クラブ
トリノ セクション

国立山岳博物館
アブルッツィ公爵
 アブルッツィ公爵はイタリアの王族で登山家だった。1897年7月31日に北アメリカ大陸北西部にあるセイントイライアス山(標高5,489m)に初めて登頂した。


 
国立山岳博物館から眺め
photo19 サンタ・マリア ・ アル ・ モンテ教会とカプチン会修道院 (22景) Santa Maria del Monte - Monte dei Cappuccini 2018/06/19 Photo by Kohyuh
photo20 サンタ・マリア ・ アル ・ モンテ教会とカプチン会修道院 (22景) Santa Maria del Monte - Monte dei Cappuccini 2018/06/19 Photo by Kohyuh
 中央に見えるクーポラのような建物は、トリノのシンボルと呼ばれているラ・モーレの塔 Mole Antonelliana だ。ここは別途訪問する予定であるが、内部には国立映画博物館が入っている。


クーポラ cupola
 クーポラはイタリア語だが、英語ではドーム dome に当たる言葉で、教会建築などにみられる、半球形につくられた天井のこと。
 丸天井、ドームなどとも呼ばれている。また、吉永小百合の映画「キューポラのある町」のキューポラも、炭鉱の町に見られた「ぼた山」の形から付けられたものだろう。


 




オリンピック記念の中庭
photo21 サンタ・マリア ・ アル ・ モンテ教会とカプチン会修道院 (22景) Santa Maria del Monte - Monte dei Cappuccini 2018/06/19 Photo by Kohyuh
photo22 サンタ・マリア ・ アル ・ モンテ教会とカプチン会修道院 (22景) Santa Maria del Monte - Monte dei Cappuccini 2018/06/19 Photo by Kohyuh
エスプレッソで一休み



サンタ・マリア ・ アル ・ モンテ教会とカプチン会修道院 (22景)
Santa Maria del Monte - Monte dei Cappuccini
2018/06/19 Photo by Kohyuh









ツィータ過去ログ連動
 cf. ツィーと過去ログ スペイン・ポルトガル編 (2018/06/11 - 2018/07/25)




補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。










履歴
2018/08/12 初版公開











オオバン (大鷭) Common Coot (Dicrurus leucophaeus) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2019   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾