八幡次郎好酉の鳥紀行
ガッラ・プラチーディアの廟
Mausoleo di Galla Placidia
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
ツイート過去ログ|トルコ~イタリア編||スペイン・ポルトガル編|
ツイート過去ログ (クエリー版)|トルコ~イタリア編 1||トルコ~イタリア編 2||スペイン~イタリア編|
ツイート過去ログ (クエリー版)|スペイン・ポルトガル編|



<< Home Page
スズメ(雀)


スズメ(6態)
スズメ(6態-1) ラヴェンナ イタリア Ravenna, Italia 2019/06/19 Photo by Kohyuh
スズメ(6態-2) ラヴェンナ イタリア Ravenna, Italia 2019/06/19 Photo by Kohyuh
スズメ(6態-3) ラヴェンナ イタリア Ravenna, Italia 2019/06/19 Photo by Kohyuh
スズメ(6態-4) ラヴェンナ イタリア Ravenna, Italia 2019/06/19 Photo by Kohyuh
スズメ(6態-5) ラヴェンナ イタリア Ravenna, Italia 2019/06/19 Photo by Kohyuh
スズメ(6態-6) ラヴェンナ イタリア Ravenna, Italia 2019/06/19 Photo by Kohyuh
スズメ(6態)
ラヴェンナ イタリア Ravenna, Italia
2019/06/19 Photo by Kohyuh



スズメ(雀) *203-p162 *205-p209 *206-p301 *207-p83 2019/09/14
スズメ目 Passeriformes
スズメ科 Passeridae
 学名 Passer montanus
 英名 Tree Sparrow
 全長 (L) = 14.5 cm
 雌雄同色
日本産鳥類目録第7版準拠
cf. 変わるものと変わらないもの

 今回のスペイン北部のビルバオ、オビエド等の旅は、格安航空券の都合でイタリアのボローニャから始まった。そのボローニャから日帰り列車旅で行ったラヴェンナで、このスズメに出逢ったのだ。









西欧で少なくなったスズメ
 西欧ではスズメが少なくなったと実感するようになって以来、意識してスズメがいないか探すようになった。よく目につくのがイエスズメであるが、イエスズメが好む環境は、それはまた、スズメが好む環境でもあるのだ。逆に、イエスズメもいないようなところではスズメもいないだろう。


 要するに、西欧ではイエスズメスズメが共存しているのだが、圧倒的にスズメの方が少ない。しかし、イエスズメが見つかれば、スズメもいるだろうという思いでいると、出逢いの確率が高くなる。

 cf. 探し方のコツ
 cf. ポットを探せ
 cf. ソロモンの指環の世界
 cf. サギのコロニー
 cf. スズメがお似合い
 cf. スズメの巣
 cf. スズメの訪問
 cf. スズメは何処から来た
 cf. スズメは挨拶なしに
 cf. スズメやゴジュウカラも渡りをする?
 cf. ニュウナイスズメを追い出したのは誰だ?
 cf. 五穀を食べることを許されたスズメ
 cf. スズメの餌
 cf. スズメの家族
 cf. ブンブン回し
 cf. 可愛い奴
 cf. 私のチュン
 cf. 集団行動と単独行動
 cf. 単独行動の効果






ガッラ・プラチーディアの廟
Mausoleo di Galla Placidia

パンテオン Pantheon
 古代ローマは多神教の時代であり、まだ、キリスト教は存在していなかった。その古代ローマを代表する建築では、ローマにあるパンテオンが有名だが、あくまでパンテオン pantheon (万神殿: すべての神に捧げられた神殿) という名前の通り、キリスト教色はまったくなかったのであった。

 それが、その後のイエスの誕生と受難と、その使徒たちの苛酷極まりない布教の成果が実ることとなり、次第にキリスト教が世界に広まって行った。そして、このパンテオンは万神殿とい意味合いはなくなり、キリスト教の聖堂を指すようになった経緯がある。




古い写真 (2001/04/17) をデジカメで撮り直したもの










 このガッラ・プラチーディア廟堂は、そのパンテオンがキリスト教の聖堂になった頃の末期古代ローマ時代の初期キリスト教の霊廟ということである。

 中でも、天井部のモザイク画の保存状況がよくて、創建当時の姿を垣間見ることが出来るということである。実際に、キリスト教のモチーフが多々描けれている。
 cf. 世界宗教へ
 cf. 白と黒の石畳のモチーフ


ガッラ・プラチーディア Aelia Galla Placidia
 ローマ皇帝テオドシウス1世(大帝)とその後妻ガッラ(ウァレンティニアヌス1世の娘)の娘で敬虔なカトリック教徒だった。西ゴート王妃・西ローマ皇后。
by Wikipedia より引用




奥に石棺が見える











2019/06/19 Photo by Kohyuh





スズメの渡り
スズメの食べもの
スズメの名前の由来
スズメの学名の意味
スズメの英名の意味






関連記事
スズメ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
スズメ 1 日本の鳥
スズメ 2 ルーマニアの鳥
スズメ 3 タイの鳥
スズメ 4 日本の鳥
スズメ 5 今が旬だよ



 




履歴
2020/03/25 ハタオリドリ科→スズメ科に変更
2019/09/14 初版リリース










スズメ(雀) Tree Sparrow (Passer montanus) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2020   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾