八幡次郎好酉の鳥紀行




ドゥーガ・ルカ・トレイル ポーランド Dluga Luka educational trail, Poland
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
ツイート過去ログ|ロシア編| ・・・ 北京・ポーランド・バルト三国・ロシア



 
<< Home Page
シュバシコウ (朱嘴鸛)


シュバシコウ(7態)
シュバシコウ(7態-1) ビヤウイストック近郊 ポーランド in the suburbs of Bialystok, Poland 2017/06/01-06/04 Photo by Kohyuh
シュバシコウ(7態-2) ビヤウイストック近郊 ポーランド in the suburbs of Bialystok, Poland 2017/06/01-06/04 Photo by Kohyuh
シュバシコウ(7態-3) ビヤウイストック近郊 ポーランド in the suburbs of Bialystok, Poland 2017/06/01-06/04 Photo by Kohyuh
シュバシコウ(7態-4) ビヤウイストック近郊 ポーランド in the suburbs of Bialystok, Poland 2017/06/01-06/04 Photo by Kohyuh
シュバシコウ(7態-5) ビヤウイストック近郊 ポーランド in the suburbs of Bialystok, Poland 2017/06/01-06/04 Photo by Kohyuh
シュバシコウ(7態-6) ビヤウイストック近郊 ポーランド in the suburbs of Bialystok, Poland 2017/06/01-06/04 Photo by Kohyuh
シュバシコウ(7態-7) ビヤウイストック近郊 ポーランド in the suburbs of Bialystok, Poland 2017/06/01-06/04 Photo by Kohyuh
シュバシコウ(7態)
ビヤウイストック近郊 ポーランド
in the suburbs of Bialystok, Poland
2016/06/01-06/04 Photo by Kohyuh


シュバシコウ (ヨーロッパコウノトリ) 【朱嘴鸛】 *207-165  2017/05/11
コウノトリ目 Ciconiiformes
コウノトリ科 Ciconiidae
 学名 Ciconia ciconia
 英名 European White Stork
 全長 (L) = 100-102 cm
 夏鳥 (ポーランド)

【2016/06/01】
 ポーランドの首都ワルシャワからバスでビヤウイストックに来た。この周辺には広大な湿地帯が広がり、それらは幾つかの国立公園に指定されていて自然が護られている。また、その中にはガイドなしでは立入が出来ないところもある。







 これらの国立公園を巡り歩きたいのだが交通の便がはなはだ悪い。仕方なく、拠点とするビヤウイストックでレンタカーを借りることにした次第である。ただ、このシュバシコウを目にするのは、どこそこの国立公園といったところに限定されるものではなく、広くポーランドの全域で ・・・ というよりも、ヨーロッパ全域で見られるものである。


この辺りの主な国立公園
 ・ビャウォヴィエンジャ国立公園 Bialowieza National Park
 ・ナレフ国立公園 Narwianski National Park
 ・ビェブジャ国立公園 Biebrza National Park







コウノトリ街道のこと
コウノトリ街道のこと
人工的に建てられた巣柱で営巣するシュバシコウ

ビヤウイストック近郊 ポーランド
2016/06/01 photo by Kohyuh


 コウノトリ(シュバシコウ)は絵本などでよく見られるように、本来ならば安全な人里近くの教会の塔や民家の煙突などに巣を造ることが多いのだが、近隣の開発が進んだことが影響し個体数が激減したのは世界的な現象である。
 cf. コウノトリ (シュバシコウ) の街


 要するに、コウノトリの主な餌場とする草原や湿原などが近くにあったとしても、こういったところでは営巣できる適当な場所が少ないものである。そこで、彼らに営巣場所を提供し、繁殖を促進するために、スペインなどでもそうだが、人工的な巣柱を立てる試みが成されるようになった。
 cf. コウノトリ(10態)


 ここポーランドでは、「この辺りの国立公園」 を結ぶ主な街道沿いに点々と巣柱を立てたのだ。その数は世界一としてギネスブックに登録されたという。現在では 「コウノトリ街道」 と呼ばれて道路地図に記載されている。







ナレフ国立公園(13景)
Narwianski National Park

 ポーランド語の "Narwianski" は、英語では "River Narew" であり、日本語では「ナレフ川」ということになる。従って、"River Narew National Park" とするべきかも知れないが、そうすればポーランドの国立公園という感じがしなくなる気がする。
 cf. 呼び名のこと

 このナレフ川は数多の支流からなり、且つ、人工的なコントロールはしないで自然の摂理に委ねているため、その流域では生態系は変化に富み、多様な動植物が観察さられる所となっている。。




photo1
ナレフ国立公園(13景-1) Narwianski National Park 2016/06/01 Photo by Kohyuh
ナレフ国立公園の案内板



photo2
ナレフ国立公園(13景-2) Narwianski National Park 2016/06/01 Photo by Kohyuh
インフォーメーション兼管理事務所
ここで入園券を購入する



photo3
ナレフ国立公園(13景-3) Narwianski National Park 2016/06/01 Photo by Kohyuh
いよいよ園内に入ると観察小屋があった



photo4
ナレフ国立公園(13景-4) Narwianski National Park 2016/06/01 Photo by Kohyuh
大きな東屋が見える



photo5
ナレフ国立公園(13景-5) Narwianski National Park 2016/06/01 Photo by Kohyuh
ここから、よく整備された木道に入る



photo6
ナレフ国立公園(13景-6) Narwianski National Park 2016/06/01 Photo by Kohyuh
ボート格納庫からボートが出て来た



photo7
ナレフ国立公園(13景-7) Narwianski National Park 2016/06/01 Photo by Kohyuh
レンジャーがナレフ川の支流に向かう
観察のアトラクションもあるに違いない



photo8
ナレフ国立公園(13景-8) Narwianski National Park 2016/06/01 Photo by Kohyuh
突き当りが観察場所になっている



photo9
ナレフ国立公園(13景-9) Narwianski National Park 2016/06/01 Photo by Kohyuh
トレッキングはコースは延々と続くのだが
コースは選択できるようになっている。



photo10
ナレフ国立公園(13景-10) Narwianski National Park 2016/06/01 Photo by Kohyuh
右にはベンチのある観察場所がある



photo11
ナレフ国立公園(13景-11) Narwianski National Park 2016/06/01 Photo by Kohyuh
ベンチがある観察場所



photo12
ナレフ国立公園(13景-12) Narwianski National Park 2016/06/01 Photo by Kohyuh
ベンチからの眺め



photo13
ナレフ国立公園(13景-13) Narwianski National Park 2016/06/01 Photo by Kohyuh
途中で雲が湧き風が吹き出した。
雨が降る予感がしたので鳥観は止めて管理事務所に急いだ。



ナレフ国立公園(13景)
Narwianski National Park, 2016/06/01 Photo by Kohyuh








シュバシコウの渡り
シュバシコウの食べもの
シュバシコウの名前の由来
シュバシコウの学名の意味
シュバシコウの英名の意味




関連記事
コウノトリ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
シュバシコウ 1 ギリシャの鳥
シュバシコウ 2 ドイツの鳥
コウノトリ 日本の鳥



 




履歴
2017/05/11 初版公開










シュバシコウ (ヨーロッパコウノトリ) 【朱嘴鸛】 European White Stork (Ciconia ciconia) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2017   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾