八幡次郎好酉の鳥紀行





トレド旧市街の夕暮れ スペイン Toledo, Spain
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



 
<< Home Page
アカアシシギ (赤足鷸)

写真@
@ アカアシシギ 成鳥 夏羽 アルガイダ湿地帯 ドニャーナ国立公園 スペイン la Algaida y la marisma, Donana National Park, Spain 2005/05/05 Photo by Kohyuh
アカアシシギ 成鳥 夏羽
アルガイダ湿地帯
ドニャーナ国立公園 スペイン
la Algaida y la marisma,
Donana National Park, Spain
2005/05/05 Photo by Kohyuh



写真A
A-1 アカアシシギ 成鳥 夏羽 アルガイダ湿地帯 ドニャーナ国立公園 スペイン la Algaida y la marisma, Donana National Park, Spain 2005/05/05 Photo by KohyuhA-2 アカアシシギ 成鳥 夏羽 アルガイダ湿地帯 ドニャーナ国立公園 スペイン la Algaida y la marisma, Donana National Park, Spain 2005/05/05 Photo by Kohyuh
アカアシシギ (2態) 成鳥 夏羽
アルガイダ湿地帯 ドニャーナ国立公園 スペイン
la Algaida y la marisma, Donana National Park, Spain
2005/05/05 Photo by Kohyuh



写真B
B アカアシシギ 成鳥 夏羽 アルガイダ湿地帯 ドニャーナ国立公園 スペイン la Algaida y la marisma, Donana National Park, Spain 2005/05/05 Photo by Kohyuh
アカアシシギ 成鳥 夏羽
アルガイダ湿地帯 ドニャーナ国立公園 スペイン
la Algaida y la marisma, Donana National Park, Spain
2005/05/05 Photo by Kohyuh



アカアシシギ (赤足鷸)  *203 *205 *207  2009/04/21
チドリ目 Charadriiformes
シギ科 Scolopacidae
 学名 Tringa totanus
 英名 Common Redshank
 全長 (L) = 27-29 cm
 雌雄同色

2009/04/21
 アカアシシギは、シギチ の大群の中では目だって大きかった。 また、その数も少ないので自ずと目が行ってしまう。









 ハマシギハジロコチドリ混群のようにして遠くに群がっていたのだが、このアカアシシギは、それとは少し離れたところで採餌 さいじ していた。 それに夢中になって気がつかないのだろう、こちらに近づいてきたりする。

 また、そういう意味では "シギ" は "チドリ" よりも警戒心が薄いといえるかも知れない。 チドリの方は近寄ってこなかった。




 アカアシシギは、現在ではともかく、日本でも江戸時代からよく知られていたし、ヨーロッパでは珍しくもなんともないシギのようである。 このアカアシシギは、一夫一婦制 であり、同じペアで、また、同じ場所に帰ってくるという。





一夫一婦 monogamy
 一夫一婦(制)とは、「夫ひとりに対して、ひとりの妻だけを認める婚姻形態(制度)」 のことであるが、鳥類においては、90%がこの形態であるといわれている。

 ただ、一夫一婦制といってもいろいろあり、このアカアシシギがどのタイプであるかは知らない。



@ 繁殖期のときだけ結ばれている
 種の数が最も多いスズメ目のほとんどはこの形態であり、その他でも同様である。

A 数回の繁殖期に渡って結ばれている
 我々には馴染みがないが、コマツグミ American Robinsミドリツバメ Tree Swallowsナゲキバト Mourning Doves などがいる。

@ 生涯を通して結ばれている
 ナベヅル などツルの仲間、アホウドリ albatrosses、ミズナギドリ目の海鳥 petrels、白鳥 swans、ガチョウ geese、ワシ eagles、それに、ある種のフクロウ owls や オウム parrots などがいる。









鳥は鳥目 とりめ か?
 アカアシシギは、夜に "渡り" をするというから、いわゆる鳥目 とりめ ではなかろう。 夜目が効くものは、他にもフクロウもいる。 また、カモ達は、夜なよな、ひこばえ を食べに陸に上がるという。 要するに、「鳥 = 鳥目」 という一般式は成り立たないようだ。 

 cf. 渡りの仕方






目くらまし
 「私のチュン」 が若かりし頃、我々が寝る前にはいつもチュンをつかまえて、強制的ではあるが安全のために、彼の 夏の宮殿 で眠ってもらっていたのである。 それが容易ではなかった。


 もう、手を伸ばせばつかまえられるというところまで、部屋の隅に追い詰めたあと、両方の手のひらで囲むようにして迫るのであるが、チュンの身体一つ通るほどの隙間を見つけては、するりと逃げ出したものだった。

 しばらくして、素手ではダメと気づいて、タオルケットを両手で広げて持ちながら、チュンを部屋の隅に追い詰めたあと、投げ網の理屈で、壁を背中に身構えるチュンに、バサッとかぶせてつかまえていたのである。

 ただ、この方法では、チュンに怖い思いさせる上に、身体にも負荷がかかるだろうと、どうしたものかと思案していた。 すると、あるとき鳥目の話から思いついて、部屋の電気を消してみたのである。


 チュンは一瞬、目くらましにあったように呆然としていた。 ところが、私の目には、暗くなったとは言え、テレビもついているから、はっきりチュンの姿は確認できたのである。 いとも簡単に、素手でチュンをつかまえることが出来たのである。




 ならば、チュンが鳥目かというと、そうでもなさそうである。 そのあとテレビも消し、チュンの宮殿をタオルケットで囲んでいるのだが、餌を啄ばむ音がするのである。

 また、いつも寝るのは止まり木の最上段と決まっているのは、外敵から身を守るためであろう。 そこまで、暗がりの中を飛び上がっていた。


 思うに、目くらましに弱いということではなかろうか。 こんなことは、自然界では有り得ないことだから、チュンに限らず、野生動物はみな似たり寄ったりではなかろうか。


 太陽の運行による暗闇が迫るスピードでは、彼らが鳥目と言われるほどの病的な症状は現れないような気がするのである。 となると、本当に鳥目と言われる鳥がいるのだろうかと思う。 よくニワトリが例に出されるが、本当だろうか。










同定理由
 アカアシシギの主な特徴が、下記のように確認できる
 ・嘴 くちばし は赤く、先が黒い
 ・脚は赤い
 ・白い アイリング がある




渡り *207 *205 *203
 アカアシシギは、夏鳥 としてアイスランド、英国、ヨーロッパのほぼ全域、中東、アジアの 温帯域 に渡来し、繁殖する。 そして、冬場には、ヨーロッパの大西洋沿岸部、地中海沿岸部、アフリカ中部から北部にかけての沿岸部、インドから南アジアにかけての沿岸部などで避寒のために渡りをする、渡り鳥 である。

 スペインでは、冬鳥 または、夏鳥 として渡来する。
 また、日本には 旅鳥 として全国に渡来するが、数はそれほど多くない。 北海道東部では 夏鳥 として渡来し繁殖する。 九州以南では越冬するものもいる。




食べもの by Wikipedia
 アカアシシギは、エビやカニといった 甲殻類 crustaceans、バッタやトビケラといった昆虫 insects、カタツムリやカイといった 軟体動物 mollusks、ミミズといった ワーム worms など、主に 無脊椎動物 invertebrate を捕食する。




名前の由来  引用 *31
 江戸時代には、"しぎ" と "ちどり" は混同されて、"あかあしちどり" とか、"あかがねしぎ" などと呼ばれていた。 要するに、"脚が赤い" ところに由来する。


 ここで、"あかがね" とは "赤金" で、"銅 どう" の雅語的表現である。 これは、銅 copper が赤い色しているところに由来する。










学名の意味 *12
Tringa クサシギ
【ギ】 Tryngas に由来する
totanus 【伊】 totan アカアシシギ のラテン語化
 




英名の意味
common 普通に見かける
redshank 〔鳥〕 アカアシシギ
red : 赤い
shank : (人・動物の脚の)すね
   《ひざ (knee) と足首 (ankle) の間
 by 小学館 プログレッシブ英和・和英中辞典




関連記事
シギ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
シギとチドリの区別 シギは嘴が長い
シギチ 仲間用語



 

戻る




履歴
2012/03/12 ロゴ統一更新
2009/04/21 初版公開










アカアシシギ (赤足鷸) Common Redshank (Tringa totanus) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2019   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾