八幡次郎好酉の鳥紀行





アイルランド モハーの断崖 Clifs of Moher, Ireland
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



 
<< Home Page
ハジロコチドリ (羽白小千鳥)

写真@

@ ハジロコチドリ 成鳥 夏羽 イニシュボーフィン島 アイルランド Inishbofin Island, Ireland 2009/06/09 Photo by Kohyuh
ハジロコチドリ 成鳥 夏羽  イニシュボーフィン島 アイルランド
Inishbofin Island, Ireland 2009/06/09 Photo by Kohyuh



写真A

A ハジロコチドリ 成鳥 夏羽 イニシュボーフィン島 アイルランド Inishbofin Island, Ireland 2009/06/09 Photo by Kohyuh
ハジロコチドリ 成鳥 夏羽  イニシュボーフィン島 アイルランド
Inishbofin Island, Ireland 2009/06/09 Photo by Kohyuh



写真B

B ハジロコチドリ 成鳥 夏羽 イニシュボーフィン島 アイルランド Inishbofin Island, Ireland 2009/06/09 Photo by Kohyuh
ハジロコチドリ 成鳥 夏羽
イニシュボーフィン島 アイルランド
Inishbofin Island, Ireland
2009/06/09 Photo by Kohyuh



写真C

C-1 ハジロコチドリ 若鳥 ラスリン島 北アイルランド Rathlin Island, Northern Irelamd 2009/06/14 Photo by KohyuhC-2 ハジロコチドリ 若鳥 ラスリン島 北アイルランド Rathlin Island, Northern Irelamd 2009/06/14 Photo by Kohyuh
ハジロコチドリ 若鳥 (2態) ラスリン島 北アイルランド
Rathlin Island, Northern Irelamd 2009/06/14 Photo by Kohyuh



ハジロコチドリ (羽白小千鳥) *203 *205 *207 2012/03/14
チドリ目 Charadriiformes
チドリ科 Charadriidae
 学名 Charadrius hiaticula
 英名 Ringed Plover
 全長 (L) = 19 cm
 雌雄同色

2009年 11月 1日
 ハジロコチドリの繁殖地は主に 極地帯 であるが、ここ、ラスリン島イニシュボーフィン島 でも繁殖しているようだ。

 そういえば、スカイ島ブロードフォード Broadford の海岸では、数十羽の集団で休んでいるところを見た。







 このような動かない状態では、あたかも、ただの石くれのように見えて、鳥好きでなければ気がつくまい。 また、彼らもそのことをよく承知しているのであろう、少々のことでは逃げ出さないものである。

 面白いことに、極地帯 で繁殖するものは、アフリカ南部などへ大旅行するが、ここのハジロコチドリたちは、少しは移動するようだが、まぁ、留鳥 のようなものであろうか。


 写真C を見れば、「チドリは3本指」 といわれているように、後趾 うしろあしゆび が退化しているのが分かる。










2005年 5月 5日 released 2009/04/19
 スペインの アルガイダ湿地帯 la Algaida y la marisma にハジロコチドリがいた。 この湿地帯は、広大な ドニャーナ国立公園 Donana National Park の一部である。 また、ここは立ち入り自由といっても、柵があったりして、道路上からの観察が余儀なくされる。 従って、私の双眼鏡やカメラでは、こういった シギチ の場合、とても手に追えるものではないのは仕方がなかろう。




ハジロコチドリ 2005/05/05 Photo by Kohyuh
ハジロコチドリ
2005/05/05 Photo by Kohyuh
 この写真(右)の現場にいたときは、普通の コチドリ と思っていたし、それに遠くにいたから、とにかくよく観てどうのこうのという気にはなっていなかった。 最初から 同定 のことはあきらめていて、漠然と見ていただけである。


 それが最近になって写真を見直していたら嘴 くちばし が黄色いことに気がついた。 それに、嘴 くちばし の先が黒い。 『コチドリとはちょっと違うな ・・・』 という感じがして、調べなおした次第である。










 この程度のピンボケ写真でも、どうやらハジロコチドリであることがわかった。 日本でも稀 まれ に渡来することがあるというから、見過ごされていた方もおられよう。




 そういう眼で見ると、ハマシギ と一緒に写っているものがあったので見比べてみると、ハジロコチドリの大きさは、ハマシギ大であることがわかった。 ようするに、コチドリより大きいことも立証できたのである。



 これだから、シギチ同定 は難しい。 また、磯辺や浜辺に、それも物理的に接近が難しいところに多くいたりするから、道具がよくなければ、観たいものも見えない。

 それに、大群の中に一羽だけで紛れ込んでいたりするから、丹念に観察しなければ見つからないような場合も多々あるという。 それがまた、愛好家が多い訳でもあろう。













同定理由
 ・ハジロコチドリは、コチドリ によく似るが少し大きく、アイリング も目立たない。
 ・嘴 くちばし は黄橙色で、先が黒い。






渡り *207 *205 *203
 グリーンランドからスカンジナビア半島、ユーラシア大陸高緯度帯 から 極地帯 にかけて繁殖し、冬場には、地中海沿岸部、アラビア半島沿岸部、イラン、パキスタン沿岸部、アフリカ中部から南部で避寒する渡り鳥である。

 スペインや日本では 冬鳥 または 旅鳥 として各地に渡来する。 しかし、日本では稀 まれ という。




食べもの by Wikipedia
 ハジロコチドリは、エビやカニといった 甲殻類 crustaceans、カタツムリやカイといった 軟体動物 mollusks、 ミミズといった海生の ワーム worms などの 無脊椎動物 invertebrate を捕食する。 




名前の由来  引用 *31
 ハジロコチドリの語源については記載なし。 ただ、"ハジロ" は "羽白" であり、飛んでいる時に翼の上面に白い帯が目立つことに由来するという。 by Wikipedia

 cf. コチドリの名前の由来







学名の意味 *12
Charadrius ギリシャ語 Charadrios (渓谷に巣を作るチドリの一種)
hiaticula ???




英名の意味
ringed 輪のように取り囲まれた (アイリングのある、という意であろう)
plover 〔鳥〕 チドリ
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998




関連記事
チドリ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
シギとチドリの区別 チドリは嘴 くちばし が短い



 

戻る




履歴
2012/03/14 ロゴ統一更新
2009/11/01 写真AB追加更新 (旧A→C)
2009/08/14 写真@A入替更新
2009/04/19 初版公開










ハジロコチドリ (羽白小千鳥) Ringed Plover (Charadrius hiaticula) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2019   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾