八幡次郎好酉の鳥紀行


coocan_b


カメンカ川 スーズダリ モスクワ郊外
Kamenka River, Suzdal, suburab of Moscow
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
ツイート過去ログ|ロシア編| ・・・ 北京・ポーランド・バルト三国・ロシア



<< Home Page
ハイイロガラス(灰色鴉)


ハイイロガラス幼鳥(2態)
ハイイロガラス(2態-1) ウラジミール市 モスクワ郊外 ロシア Suzdal, Vladimir, suburb of Moscow 2016/07/15 Photo by Kohyuh
ハイイロガラス(2態-2) ウラジミール市 モスクワ郊外 ロシア Suzdal, Vladimir, suburb of Moscow 2016/07/15 Photo by Kohyuh
ハイイロガラス幼鳥(2態)
スーズダリ ウラジミール市 モスクワ郊外 ロシア
Suzdal, Vladimir, suburb of Moscow
2016/07/15 Photo by Kohyuh



ハイイロガラス(灰色鴉) *203-168 *207-87 2019/06/07
スズメ目 Passeriformes
カラス科 Corvidae
 学名 Corvus cornix
 英名 Hooded Crow
 全長 (L) = 45-47 cm
 雌雄同色

 確たる根拠はないのだが・・・この写真のハイイロガラスは、この春生まれの幼鳥であろう。そして不思議なことだが、誰しも「見るからに幼い顔をしている」と思うのではなかろうか。






幼く見える理由
 幼顔に見えるのに・・・その根拠を示せないのがもどかしい。ただ、嘴 くちばし の大きさや、嘴 くちばし と眼の配置などに鍵があると考えるのだが・・・上手く説明できない。

 思うに幼く見えるというのは、何も私たちだけが持つ能力ではなく、仲間の鳥たちはもちろんのこと、捕食者である獣たちも認識できるものに違いないのだ。また、その違いは単なる大きさではないということだ。


 単純に大きさだけで言うのなら、巣立ち頃の幼鳥は親より大きいものだ。このあと親からの給餌なしに筋トレを続けて、捕食者の手に掛からないように身体を絞り込んで飛行能力を高めて行くのである。

 cf. 赤ちゃんの力
 cf. 赤ちゃんはかわいいか?
 cf. 生き残り戦略
 cf. 定説です
 cf. 星模様は幼鳥の特徴
 cf. モズの幼鳥のこと







カーメンカ川のリバークルーズ





 カメンカ川 Kamenka River の川面は鏡のようだった。まるで池のように流れは感じられず、川辺には世界遺産の教会群が立ち並び、近くに・・・また、遠くに・・・その姿を映し出していた。


ここに暮らす人たちが・・・
 楽しそうに川遊びに興じている・・・
  また、両親と一緒に散歩がてらに・・・
   夕陽輝くカメンカ川の姿を眺めている・・・
    赤ちゃんが手を振って挨拶してくれた・・・
     これ以上の平和なひと時が他にあろうか・・・

2016/07/15 Photo by Kohyuh







ハイイロガラスの渡り
ハイイロガラスの食べもの
ハイイロガラスの名前の由来
ハイイロガラスの学名の意味
ハイイロガラスの英名の意味






関連記事
カラス科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
ハイイロガラス 1 ギリシャ、オーストリア、ブルガリアの鳥
ハイイロガラス 2 トルコの鳥
ハイイロガラス 3 クロアチアの鳥



 




履歴
2019/06/07 初版リリース










ハイイロガラス(灰色鴉) Hooded Crow (Corvus cornix) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2019   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾