八幡次郎好酉の鳥紀行





夕暮れの大聖堂遠望 サラマンカ スペイン Salamanca, Spain
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|ツイート過去ログ スペイン・ポルトガル編|



 
<< Home Page
カササギ (鵲)

カササギ(3態)
カササギ成鳥(3態-1) サラマンカ スペイン Salamanca, Spain 2018/06/21 Photo by Kohyuh
カササギ成鳥(3態-2) サラマンカ スペイン Salamanca, Spain 2018/06/21 Photo by Kohyuh
カササギ成鳥(3態-3) サラマンカ スペイン Salamanca, Spain 2018/06/21 Photo by Kohyuh
カササギ 成鳥
サラマンカ スペイン
Salamanca, Spain
2018/06/21 Photo by Kohyuh


カササギ (鵲) *203 2018/10/05
スズメ目 Passeriformes
カラス科 Corvidae
 学名 Pica pica
 英名 Eurasian magpie
 全長 (L) = 45 cm
 留鳥サラマンカ
 雌雄同色
戻る 2018年 6月 21日 サラマンカ(スペイン) 次へ
 カササギを初めて見たのはシャンゼリゼコンコルド広場に向かって歩いているときだった。ちょっとした庭や広場にいたのである。このような大型の綺麗な鳥が街中にいることに驚いたことだった。何しろ、こちらではブト君ボソ君の方が珍しいほどなのだ。
 cf. カササギ(鳥紀行フランス編)
 cf. 鳥観 とりみシャンゼリゼ





 今思い返せば、珍しくも何ともない、世界中にいるカササギなのだが・・・それでも出逢えば嬉しいのはどうしてだろう。要するに、今まで普通に見られたものが、突然のようにして姿を消すことほど悲しいものはないのだが、そういったことが何時起こっても不思議ではない・・・人災を含めて環境等の変化を肌で感じているからだろう。


 カササギは日本でも見られるのだが、佐賀県という局地的に棲息しているものなので、当時は未だ見ていなかったのだ。ただ、実際にカササギの姿を目にしなくても、カササギの橋という名の橋は全国津々浦々に存在するし、また、カササギ伝説をご存知の方も多々おられよう。
 cf. 日本では天然記念物
 cf. カササギ伝説
 cf. カササギの橋







Puente Romano view from Salamanca Old Town
旧市街側から見たローマ橋(3景)
Puente Romano, Salamanca. Spain 2018/06/24

 何でもそうだが・・・同じ場所でも立ち位置によって・・・見る感じが違って来るものだ。同じ道なのに、振り返って見たり、また、行きと帰りとでは景色がまったく違って見えたりする。こういったことは、誰しも何度も経験していることであろう。更には、時間帯や季節の移ろいによっても違うだろう。


感性の問題
 これは個人的な問題だが・・・もし、この地に永く住み続けると仮定するならば・・・やがて見慣れたものとして、このような違いに気付くことも無くなるのではないかと我が身を心配する。

 それというのも、実際に・・・日々の風景にしても、また、風や音や光といったものの僅かな移ろいでさえ・・・五感で、また、全身全霊で感じ取って・・・絵や音楽や詩といった、あらゆる表現手段を用いて・・・その感動を伝えている人が多々いるのである。


 願わくば、その感動を表現する手段を持たなくとも、その感性だけは失いたくない。それというのも、初めは誰しも持っていたものなのだ。ただ、「馴れの問題」 が五感を鈍らせるに違いないと思うのである。



馴れの問題
 この 「馴れる」 ということも生存のために必要な能力であることは間違いなかろう。いつまでも赤ちゃんのように無垢のままでは命永らえることは出来ない相談と同じである。

 持てる五感を総動員して変化をキャッチして行動しなければ、食べものも得られないだろうし、また、身の危険を避けることも出来ないだろう。

 一方、緊張の連続では身が持たないことも事実である。このように変化をキャッチするということは緊張無くしては有り得ないからだ。そして、緊張は少なからず心身を疲労させる。

 要するに、適当な休息も生きて行く上で欠かせない問題なのだ。その切り替え時を経験則として獲得して来たものが 「馴れる」 ということではなかろうか。




生命維持の三要素
 (1) 食べること
 (2) 危険から身を避けること
 (3) リラックスすること
 これら生存に欠かせない課題の内、(1)(2)項の多くは親から学んだことで事足りるだろう。


 このことは、鳥にしても獣 けもの にしても、彼等の子育てを見れば分かる。親は伝えるべきことを我が子に伝えて旅立たせるのだ。そこには決して手抜きはない。

 ただ、(3)項のリラックスするという課題は、少し様子が違ってくる。最早、親の庇護下には無いのだ。要するに、子育ての最後に、自分の意志で何事も行動しなければならないということを伝えるために我が子を突き放す。

 良くも悪くも、日々の行動から経験を重ねるしかない。次第に馴れて行くにことによって、自然に培われて来るものであろうと考える。「馴れる」 とはそういうものだ。

 ただ、鳥や獣 けもの ならば、この三つの条件を満たすことが出来れば何ら問題なく暮らして行けるだろうが、人間の場合は何か足りないものがある気がする。


馴れで失うもの
 思うにそれが・・・ 「馴れる」 ことによって失いがちなもの・・・ 「感動する」といった感情ではなかろうか。

 要するに 「馴れる」 ということは両刃の剣のように、「生きる術」 を与えるが、また、同時に、生きる糧となる 「感動する術」 を遠ざけるものでもあるのかも知れない。




 要するに、喜怒哀楽といった基本的な感情は、鳥や獣 けもの も人間と何ら変わらないことは周知の事実であろう。特に、共に暮らしたことがある人ならば、よく分かる話だ。
 cf. チュンの感情表現
 cf. チュンの感情表現 《怒り・抗議》
 cf. チュンの感情表現 《不安・恐怖》



 更には、利他的な行動も確認されているので、彼等もかなり感情豊かに生きていることが分かるのである。
 cf. 鳥たちの利他的な行動
 cf. 瀕死のハイイロガラス



 ただ、「感動する」 といった感情を鳥や獣 けもの も持っているかと自問自答すると、限りなく否定的になってしまう。

 この「馴れる」 という両刃の剣と上手く付き合って行くには、ただ一つ 『気付きを意識する』 ことであろう。
 cf. 青い鳥もいろいろ
 cf. 素晴らしい気付き
 cf. 悲しい物語があった
 cf. ベニハシガラスのペア
 cf. 優しさモード
 cf. 誰かのように
 cf. 気付かないでいる
 cf. 安らぎあればこそ





ローマ橋(3景)
ライオンか白熊か
 ローマ橋を渡り切るところに不思議な彫像がある。ライオンのようでもあり、白熊のようでもあり、イノシシのようでもある。何しろ肝心の顔の部分が破壊されていて、よく分からないのだ。

 それに、狛犬さんでも仁王さんでも左右一対あってこそバランスというか、美的感覚というか・・・そんなもんだろう。とにかく、この地からローマ人を追い出した後、破壊して川に投げ捨てたとか何とか・・・あったのかも知れない。



 このローマ橋 Puente Romanoは見るからに頑丈そうで、また、道幅も広いが人専用の橋である。ローマ時代では軍隊や軍馬が往来したのであろう。



 
Puente Romano view from Salamanca Old Town 2018/06/21







カササギの学名の意味
カササギの英名の意味
カササギの渡り
カササギの食べもの
カササギの名前の由来




関連記事
カラス科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
カササギ 1 日本の鳥
カササギ 2 鳥紀行 フランスの鳥







履歴
2018/10/05 初版公開











カササギ (鵲) Magpie (Pica pica) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2018   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾