八幡次郎好酉の鳥紀行





イースト・コースト・パーク シンガポール East Coast Park, Singapore
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



 
<< Home Page
キンバト (金鳩)

写真@
@ キンバト ♀ 成鳥  ブキ・ティマ自然保護区 シンガポール Bukit Timah Nature Reserve, Singapore 2007/01/19 Photo by Kohyuh
キンバト ♀ 成鳥
ブキ・ティマ自然保護区 シンガポール
Bukit Timah Nature Reserve, Singapore
2007/01/19 Photo by Kohyuh



写真A
A キンバト ♀ 成鳥  ブキ・ティマ自然保護区 シンガポール Bukit Timah Nature Reserve, Singapore 2007/01/19 Photo by Kohyuh
キンバト ♀ 若鳥
ブキ・ティマ自然保護区 シンガポール
Bukit Timah Nature Reserve, Singapore
2007/01/19 Photo by Kohyuh



写真B
B キンバト ♀ 成鳥  ブキ・ティマ自然保護区 シンガポール Bukit Timah Nature Reserve, Singapore 2007/01/19 Photo by Kohyuh
キンバト ♀ 成鳥
ブキ・ティマ自然保護区 シンガポール
Bukit Timah Nature Reserve, Singapore
2007/01/19 Photo by Kohyuh




キンバト (金鳩) *201 *205 *207 2012/03/15
ハト目 Columbiformes
ハト科 Columbidae
 学名 Chalcophaps indica
 英名 Emerald Dove
 全長 (L) = 25 cm

 2007年 1月 19日
 腹部の金色をとるか、翼のエメラルド色のどちらを取るかで、和名と英名の違いがでていることは興味深いことである。

 私はエメラルド派である。 理由は、この写真の角度でしか見ていないし、誕生石がエメラルドであるからだ。





 気配を感じたのであろうか、ふと、道路脇に目をやると、大きなエメラルド色のハトが見えた。 もちろん、初見である。 こちらに背を向けて、一心不乱に羽繕いをしていた。

 カメラを向けるが動じる気配がなかった。 これはいいのだが、お尻を向けたままなので、横を向いてくれないと絵にならない、と考えていた。

 ここで注文を付けていては、証拠写真も残らない一瞬の出逢いになりかねないので、撮り続けていたのである。






キンバトの気持ち
 今こうして写真を見直してみると、キンバトの気持ちが分ってきたのは、不思議でも何でもない。 喜びと悲しみと、怒りと安らぎと、愛情と憎しみと、およそ喜怒哀楽の感情のどれをとっても人間が一番だと言うものはない。

 カメラに動じなかったのは、目に入らなかっただけである。 後ろを向いているときには、目をつむっているではないか。 後ろに首を伸ばすと自動的にまぶたが閉じるのであろう。

 しかし、それだけではない筈である。 嘴 くちばし に神経を集中しなければ羽繕いは出来ない。 目を通して入る余分な情報をカットする意味もあるに違いない。 我々が目を閉じて音楽に聞き入るのも同じ理屈である。

 ふと我に返って目を開けると、後ろからカメラで覗き見している私に気がついた。 眼が怒っている。 また、彼女が怒るのは当然のことであろう。


 『なによ、いやらしい ・・・』 と言い残して飛び去ったのは言うまでもない。 私にはやましい気持ちなど、一切なかったのに ・・・ そういう意味では、この 写真B は第三種接近遭遇レベルのものと言えようか。

 cf. 接近遭遇写真のレベル



 このキンバト (リュウキュウキンバト) は、日本では国の 天然記念物 (1972/05/15 指定) である。







渡り  *205
 インド、マレー半島、ミャンマー、タイ、ラオス、カンボジア、ベトナム、フィリッピンなど、インドシナに 留鳥 として生息する。 日本でも宮古島以南の南西諸島に分布する。




食べ物 by Wikipedia
 植物食傾向の強い雑食で、果実、種子、シロアリ等を食べる。 地表を徘徊し採食を行う。




名前の由来 *31
 江戸時代中期から、きんばと、あやばと、錦鳩の名で呼ばれ、輸入されていたという。
 羽色が金色の光沢のある緑色であることに由来するそうである。 なるほど、和名と英名を上手く結びつけたものであるが、これは "著者の思い" ではなかろうか。






英名の意味
emerald エメラルド色の、鮮緑色の
dove cf. dove
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998




関連記事
ハト科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
ドバトの名前の由来 諸説あるが ・・・
ハトは歩くときなぜ頸を振るか 分かるような分からないような



 




履歴
2012/03/15 ロゴ統一更新
2008/09/10 初版公開











キンバト (金鳩) Emerald Dove (Chalcophaps indica) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2019   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾