八幡次郎好酉の鳥紀行


ベレンの塔 リスボン ポルトガル Torre de Belem, Lisboa, Portuggal
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



 
<< Home Page
ニシセグロカモメ (西背黒鴎)


写真@
@ ニシセグロカモメ  若鳥 リスボン ポルトガル Lisbon, Portugal 2005/04/28 Photo by Kohyuh
ニシセグロカモメ 若鳥 リスボン ポルトガル
Lisbon, Portugal 2005/04/28 Photo by Kohyuh



写真A
A ニシセグロカモメ  若鳥 リスボン ポルトガル Lisbon, Portugal 2005/04/28 Photo by Kohyuh
ニシセグロカモメ 若鳥 リスボン ポルトガル
Lisbon, Portugal 2005/04/28 Photo by Kohyuh



ニシセグロカモメ (西背黒鴎) *203 *205 *207 2012/03/14
チドリ目 Charadriiformes
カモメ科 Laridae
 学名 Larus fuscus
 英名 Lesser Black-backed Gull
 全長 (L) = 51-64 cm
 雌雄同色

2009/03/22
 ポルトガル Portugal の首都であるリスボン Lisbon を流れるテージョ川 Rio Tejo の対岸には、カシーリャス Cacilhas という漁師町がある。

 そこは海鮮料理店が軒を並べる小さな町で、特にイワシの炭火焼が美味いとのことで食べに行くことにした。






 この辺りのテージョ川は海のように、対岸の町は小さな島のように見えた。 そのカシーリャス Cacilhas へは、ファド fado で有名なアルファマ Alfama からフェリーで渡ることが出来る。


ファド 【fado ポルトガル】
 (運命の意) リスボンで行われる民衆歌謡。
 小ぶしを利かせた歌い回しで、哀調を帯び、ギターで伴奏する。
 by 広辞苑第四版






イワシの炭火焼き
 2人分注文したら、節分のときに食べるような 20cm大のイワシが10匹以上は出てきただろうか。 むかし、七輪で秋刀魚などを焼くときに使ったものと同じ形の焼き網を使っていた。

 取っ手があり、二つに折りたたむ構造の金網 かなあみ で、これも知る人ぞ知るというもので、今では見かけなくなってしまった。

 それにイワシを挟んで焼けば、引っくり返すのに都合が良い。 一度に5匹は焼ける。


 また、七輪も、今では死語となり、知る人も随分少なくなったのではなかろうか。 関西では 「かんてき」 と呼んでいた。


七厘・七輪 しちりん
 (物を煮るのに価七厘の炭で足りる意からという) 焜炉 こんろ の一つ。 多くは土製。


焜炉 こんろ
 土や金属でつくり、煮たきに用いる持ち運びのできる小さい炉。 しちりん。 かんてき。 ちんからり。
 by 広辞苑第四版






 イワシをバターやオリーブオイルで調理するのではない。 素朴な塩焼きである。 その塩加減がよくて、確かに美味いのだが、なんぼなんでも飯なしで、そんなに食べれる訳がない。


 それでも、私は頑張って5匹は食べた。 ところが、併せて注文した、せっかくのエビのボイルがイワシの味にかき消されてしまって台無しであった。




 まぁ、一ッ匹でよいと思うのだが ・・・ そういった注文は出来ないようである。 焼き網単位であろうから、一人前を何人かで分けるのがよかろう。










 テージョ川 Rio Tejo の "4月25日橋 Ponte 25 de Abril " を望む
テージョ川 Rio Tejo の 4月25日橋 Ponte 25 de Abril を望む
リスボン ポルトガル Lisbon, Portugal
2005/04/28 Photo by Kohyuh






 アルファマ Alfama のフェリー乗り場の港近くに、このニシセグロカモメがいたという訳である。 何しろ 同定 の難しいカモメ類の 若鳥 であるから自信はないのだが、一つの手掛かりを得たので紹介する。








同定理由
 ポルトガルで観られるカモメの仲間で、判断に迷うものは、キアシセグロカモメ と、このニシセグロカモメの 2種類しかいない。 要するに、最も紛らわしい セグロカモメ はいないことが分ったのである。 *207  だから、「キアシ」 か 「ニシ」 かの二者択一の選択の問題になるわけである。

 このニシセグロカモメは英語名に "Lesser" という冠 かんむり が付くだけに小粒だ。 だから、大きさを比べて見れば直ぐ分かる筈である。 ところが、この一羽でいる写真では大きさは判断できないので、残念ながら、これは使えない。

 一方、「キアシ」 は "脚が黄色い" という意味である。 となれば、頼るところは、この脚の色で判断するしかない。 即ち、脚の色が黄色くなければ、ニシセグロカモメということになる。


 そこで、写真を見れば明らかに、『ニシセグロカモメの脚の色は、黄色と言っても、キアシセグロカモメほど黄色くはない』 ということが見て取れるであろう。 ちゃんちゃん。






若鳥の年齢
 若鳥 は、このニシセグロカモメに限らず、大型カモメ類の場合、ほぼ、4年かけて成鳥になる。 また、アオサギの場合は2年かけて成鳥になるようだ。 ベテランともなると何年目の若鳥と言い当てるそうであるが、私は、さっぱり理屈が分からない。



年齢による嘴 くちばし の色の変化
ニシセグロカモメ 若鳥1 頭部 ニシセグロカモメ 若鳥2 頭部 セグロカモメ 成鳥 頭部
若鳥1 (写真A 若鳥2 (写真@ 成鳥



 ただ、嘴 くちばし の黒味の色具合から、写真A のものが、写真@ のものより若いと言えるのではないか。 即ち、巣立ち直後のものは、くちばし全体が黒い。

 それが、次第に嘴 くちばし 基部の方から黄色くなり、やがて先端部だけが黒いポッチとして残る。 それも、やがて赤いポッチに変って行って、成鳥 になるのである。

 cf. カモメ類の羽衣の変化








赤いポッチはだてじゃぁない A
 ヒナが、その赤いポッチを突つくことにより、親は口移しに餌を与えるという行動が誘発されるという。

 これは、Fixed action pattern (FAP) といって、生きものが生得的に持っている決まりきった行動パターンの一つである。 そして、動物行動学 Ethology の分野では、こうした様々な興味深い事例が報告されている。

 例えば、欠伸 あくび が伝染することは誰しも経験していることであるが、これもFAPの一つの行動パターンということだ。

 面白いことに、人間以外でも、チンパンジー (アイちゃん) にも伝染したという実験報告がある。

 cf. 赤いポッチはだてじゃぁない @








渡り *207
 主にアイスランド、スカンジナビア半島沿岸部、ロシア北西部の 高緯度帯 から 極地帯 にかけて繁殖し、英国、イベリア半島沿岸部、アフリカ北西部沿岸などに 冬鳥 として渡来する 渡り鳥 である。 また、その中でもアイスランドで繁殖したものは、北アメリカ大陸の東部沿岸部に 冬鳥 として渡来する。




食べもの by Wikipedia
 夏場は、ミミズ worms昆虫 insects、鳥の卵、魚、小動物を捕食する。 冬場はもっぱら魚や貝類 shellfish、カニ・エビなどの 甲殻類 crustacean、また、人里近くでゴミなどをあさったりする。




名前の由来  引用 *31
 ニシセグロカモメの語源については記載なし。 ただ、「ニシ」 とは、「西欧の」 という意味合いで付けられたことは間違いない。 ニシコクマルガラスニシイワツバメ も然りである。








学名の意味 *12
Larus 〔鳥〕 カモメ
【ラ】 larum カモメ 、【ギ】 glaros カモメ
fuscus 黒ずんだ






英名の意味
lesser 小さい [少ない、劣った] 方の
black-backed 背部が黒い
gull 〔鳥〕 カモメ
by New College English-Japanese Dictionary,
6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998




関連記事
カモメ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
ニシセグロカモメ 2 アメリカの鳥







戻る




履歴
2012/03/14 ロゴ統一更新
2009/03/22 初版リリース










ニシセグロカモメ (西背黒鴎) Lesser Black-backed Gull (Larus fuscus) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2019   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾