八幡次郎好酉の鳥紀行





スタンフォード ガス・エドソン公園近郊 Stamford, CT, USA
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|鳥紀行 アメリカ編||アメリカの州名とその略称||ツイート過去ログ アメリカ編|



<<Home Page
ニシセグロカモメ  (西背黒鴎)

写真①
① ニシセグロカモメ 成鳥 ガス・エドソン公園 スタンフォード コネチカット州 米国 Gus Edoson Park, Stamford, CT, America 2013/05/14 Photo by Kohyuh
ニシセグロカモメ 成鳥
ガス・エドソン公園 スタンフォード コネチカット州 米国
Gus Edoson Park, Stamford, CT, America
2013/05/14 Photo by Kohyuh




ニシセグロカモメ  (西背黒鴎)  *215_P232 2014/01/01
チドリ目 Charadriiformes
カモメ科 Laridae
 学名 Larus fuscus
 英名 Lesser Black-backed Gull
 全長 (L) = 53 cm
 翼開長 (W) = 137 cm
 夏鳥 (スタンフォード)

戻る 2013年 5月 14日 次へ
 このニシセグロカモメと、日本で見るセグロカモメは見た目も大いに異なる。 それは学名を見れば納得するだろう。 ニシセグロカモメは "黒ずんだカモメ"であり、一方、セグロカモメは "銀色のカモメ" という意味である。








同定理由
 ・・・ ところが、このニシセグロカモメと、ニューヨークで見たオオカモメは、大きさ以外はよく似ている。 その大きさについては写真だけでは実測が出来ないので当てにできないのだ。


 他に、見た目で違いがないかと図鑑を頼りに調べてみると、オオカモメ成鳥) の初列風切の先端部にある白斑が顕著であるという意味であろう、そこに "矢印" が付されているのだ。

 その点に着目すると、このニシセグロカモメの場合、その白斑があまり目立たないのではなかろうか。

 ここアメリカにもカモメは多々いるのだが ・・・ 東海岸沿岸部で見られる翼の背部が黒いのは、この2種類に限られるようだ。 以上のことから、写真のものはニシセグロカモメということになろう。








ニシセグロカモメの渡り
ニシセグロカモメの食べもの
ニシセグロカモメの名前の由来







関連記事
カモメ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
ニシセグロカモメ 1 ポルトガルの鳥
オオカモメ 1 フランスの鳥
オオカモメ 2 アメリカの鳥











cf. ツィータ過去ログ連動 ・・・ アメリカ編 (2013/05/08 - 2013/07/31)
 (1)_twitter May 14, 2013 ボストン到着





補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter およびツィートピック twitpic を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。





アメリカ編に戻る




履歴
2014/01/01 初版公開










ニシセグロカモメ  (西背黒鴎) Lesser Black-backed Gull (Larus fuscus) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾