八幡次郎好酉の鳥紀行





アイルランド モハーの断崖 Clifs of Moher, Ireland
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



 
<< Home Page
シロカツオドリ (白鰹鳥)


写真@
@ シロカツオドリ 成鳥 夏羽 小スケリッグ島 アイルランド Little Skellig, Ireland 2009/06/04 Photo by Kohyuh
シロカツオドリ 成鳥 夏羽  小スケリッグ島 アイルランド
Little Skellig, Ireland 2009/06/04 Photo by Kohyuh



写真A
A シロカツオドリ 成鳥 夏羽 バスロック エジンバラ Bass Rock, Edinburgh 2009/05/17 Photo by Kohyuh
シロカツオドリ 成鳥 夏羽  バス・ロック エジンバラ
Bass Rock, Edinburgh
2009/05/17 Photo by Kohyuh



写真B
B シロカツオドリ 成鳥 夏羽 小スケリッグ島 アイルランド Little Skellig, Ireland 2009/06/04 Photo by Kohyuh
シロカツオドリ 成鳥 夏羽  小スケリッグ島 アイルランド
Little Skellig, Ireland 2009/06/04 Photo by Kohyuh



写真C
C シロカツオドリ 若鳥 小スケリッグ島 アイルランド Little Skellig, Ireland 2009/06/04 Photo by Kohyuh
シロカツオドリ 若鳥  小スケリッグ島 アイルランド
Little Skellig, Ireland 2009/06/04 Photo by Kohyuh



写真D
D シロカツオドリ バスロック エジンバラ Bass Rock, Edinburgh 2009/05/17 Photo by Kohyuh
シロカツオドリ
バス・ロック エジンバラ
Bass Rock, Edinburgh
2009/05/17 Photo by Kohyuh



写真E
E シロカツオドリ 成鳥 夏羽 バスロック エジンバラ Bass Rock, Edinburgh 2009/05/17 Photo by Kohyuh
シロカツオドリ 成鳥 夏羽  バス・ロック エジンバラ
Bass Rock, Edinburgh 2009/05/17 Photo by Kohyuh



写真F
F シロカツオドリの群れ  小スケリッグ島 アイルランド Little Skellig, Ireland 2009/06/04 Photo by Kohyuh
シロカツオドリの群れ  小スケリッグ島 アイルランド
Little Skellig, Ireland 2009/06/04 Photo by Kohyuh



シロカツオドリ (白鰹鳥) *203 *205 *207 2012/03/14
ペリカン目 Pelecaniformes
カツオドリ科 Sulidae
 学名 Morus bassanus
 英名 Northern Gannet
 全長 (L) = 81-110 cm
 雌雄同色

2009年 6月 4日
 シロカツオドリだ、カツオドリだ、などと区別するのは、そうしないと差し障りがある人だけだろう。

 地元の人は単に 「カツオドリ Gannet」 と呼ぶ。 それはそうだろう、当然 "はじめに Gannet ありき" の筈だ。







 それを 『地球の裏側に黒いものがいるから ・・・ 』 といわれて、いちいち 「シロカツオドリ Northern Gannet」 と言い直すのも、ご当地では現実的ではなかろう。





 そのシロカツオドリであるが、エジンバラ Edinburgh 郊外沖の Bass Rock でも観たし、バリーキャッスル Ballycastle 沖の ラスリン島 Rathlin Island でも観た。 ただ、パフィン と違って、『この小スケリッグ島 Little Skellig が一番だ』 とはいえないのである。


 どちらも上陸して観察するという訳にはいかない所にいる。 それに、おびただしい数のシロカツオドリが空を乱舞し、岩山を埋めつくように営巣している光景を見ては、優劣をつける方がおかしいだろう。 それらを目の当たりに見る感動は、数の多少、規模の大小は最早問題外のことであった。










§ 小スケリッグ島 Little Skellig
 小スケリッグ島 Little Skellig は、スケリッグ・マイケル Skellig Michael (Great Skellig) に並ぶようにして在るが、全体が草木のない岩山だ。 cf. Great Skellig


 ここは人の住まない無人島だが、カツオドリ Gannet の 聖域 sanctuary となっている。 そして、毎年2月から10月にかけて、およそ 27,000 組ものペアが、ここで営巣し繁殖しているという。

 cf. 聖地とは何か



 彼らが着陸と営巣に必要な場所は、この島の全てが利用され尽くして、立錐 りっすい の余地もないほどだ。 さすがにヒレ足では、垂直の絶壁だけは利用できないようだが ・・・

 遠望では島全体が白っぽく見えたがは、カツオドリの糞で汚れているものと思っていた。

 それが船が近づくにつれ、そうではなく、びっしりと隙間なくカツオドリで埋め尽くされていたのである。

 空には 「ツバメの塒 ねぐら 入り」 を見るようにカツオドリが乱舞していた。 ときに着水するものもおり、ときに海面をバシャ バシャ ・・・ と走って舞い上がるものも、また、のんびりと波に揺られているものもいる。



 カツオドリは卵を一つしか産まず、孵化 ふか 直後の雛 ひな は雪のように白い。 また、彼らは小魚を捕食するが、その際、ときに 30m か、それ以上の高さから海に飛び込み、猛スピードで水をけって泳ぐことが出来る。

 彼らの卵や羽毛は、かって、大スケリッグ島 Great Skellig (スケリッグ・マイケルのこと) の修道士たちの収入源になった貴重な商品だったという。

by バレンシア島 Valentia Island 頂上展望台にある案内板より






 Little Skellig
@ シロカツオドリで埋め尽くされた小スケリッグ島 Little Skellig 2009/06/04 Photo by Kohyuh
A シロカツオドリで埋め尽くされた小スケリッグ島 Little Skellig 2009/06/04 Photo by Kohyuh
シロカツオドリで埋め尽くされた小スケリッグ島 Little Skellig
2009/06/04 Photo by Kohyuh







渡り by Wikipedia
 北大西洋の沿岸部で大きなコロニーを作って繁殖する。 冬場は陸地から遠く離れた海上で生活するという。 どの季節でも見れるものではないから 渡り鳥 ということになる。




食べもの by Wikipedia
 シロカツオドリの食べものの 80-90% は小魚だそうである。 他にイカなども捕食する。 




名前の由来
 シロカツオドリは、「白いカツオドリ」 という意味であろうことは容易に理解できるだろう。 そして、普通のカツオドリは、白い顔と腹部以外は黒いところから、それと区別するため "シロ" という冠をつけたのだろう。

 誤解しやすいが、「カツオドリ」 の名前の由来は、彼らがカツオを好むからではない。 カツオドリにとっては、カツオは大きすぎて手に負えない筈だ。


 そのカツオは、集団でイワシなどの小魚を追って捕食するのだが、その際、小魚たちは逃げ惑い、海の表層部に追いやられ、右往左往するものだ。

 一方、空から獲物を探すカツオドリにとっては、そういった異常な様子は容易に発見できるだろう。 そして、空から小魚たちに襲い掛かるのだ。

 要するに、舞い狂うカツオドリの群れの下にはカツオの群れがいるのである。 カツオ漁船にとっては彼らは絶好の魚群探知機という訳だ。

 ということで、「カツオ漁の手掛かりになる鳥」 というのが 「カツオドリ」 の名前の由来である。

 cf. 魚群探知するカモメ







英名の意味
Northern 北の[にある]
【補注】
 普通のカツオドリは南方の海域に棲むのに対して、シロカツオドリは北の海域に棲む
Gannet
〔鳥〕 カツオドリ 《カツオドリ属の海鳥》
by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition
(C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998



関連記事
カツオドリ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示






履歴
2012/03/14 ロゴ統一更新
2009/12/01 写真E追加挿入 (あとの写真番号は順送りに変更)
2009/07/10 写真D追加挿入 (あとの写真番号は順送りに変更)
2009/07/03 写真A追加挿入 (あとの写真番号は順送りに変更)
2009/07/02 初版公開










シロカツオドリ (白鰹鳥) Northern Gannet (Morus bassanus) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾