八幡次郎好酉の鳥紀行




アクロポリスの丘 アテネ ギリシャ Acropolis of Athens, Greece
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



 
<< Home Page
スペインスズメ (西班牙雀)


写真@
@ スペインスズメ  ケルキニ湖 Kerkini, Greece 2008/05/28 Photo by Kohyuh
スペインスズメ ♂ 成鳥
ケルキニ湖 ギリシャ Kerkini, Greece
2008/05/28 Photo by Kohyuh



写真A
A スペインスズメ  ケルキニ湖 Kerkini, Greece 2008/05/28 Photo by Kohyuh
スペインスズメ ♂ 成鳥
ケルキニ湖 ギリシャ Kerkini, Greece
2008/05/28 Photo by Kohyuh



 スペインスズメ (西班牙雀)  *203-172 *209-43 2015/09/25
スズメ目 Passeriformes
ハタオリドリ科 Ploceidae
 学名 Passer hispaniolensis
 英名 Spanish Sparrow

 全長 (L) = 15 cm
 留鳥 (ギリシャ)
 雌雄異色

 ギリシャには、スペインスズメ がいると聞いていたので、旅に出る前から楽しみにしていた。

 それに、これまで逢えなかった (日本で普通に見られる) スズメ も居る筈であるから、スズメ をこよなく愛する私としては、どちらも見逃す訳にはいかない。






 スズメ らしきものを見つけると、スペインスズメではないか? ポッチはあるか? などと、家内と確認しあったものだった。

 それなのに、スペインスズメの情報については、知っているのは名前ぐらいで、具体的な フィールドマーク については下調べもしていなかったから、お粗末なものであった。





思い込みではないのか
 観たい逢いたいと思って見ていると、何でもそれらしく見えてくるものだ。 『あっ、スペインスズメや』 と叫ぶ家内に、何度も期待を外された。

 大体、何を根拠に、そんな風に自信を持って、そういうのか私には分からない。 あとで聞くと、『ちょっと黒っぽかった』 などというから、いつしか聞き流すようになっていた。

 というのも、私が密かに持つ情報では、イエスズメ (♂) に似るが、その頭頂部は スズメ に似るということであり、色の黒さについては知らなかったのである。


 それがまた、『あっ、スペインスズメや。 早う写真を撮って、あそこあそこ』 と指をさす。 私は 『またか ・・・ 』 と思いながらもカメラを構えたのである。

 宿に帰って写真を見直すも、普通のイエスズメ と思っていた。 それがスペインスズメと分ったのは帰国後のことである。

 何しろ、図鑑は重たいので持って来ていない。 頭の中だけが頼りだが、それも、心もとないものだから仕方がない。






ムーアのスズメ
 スペインスズメは、イエスズメ の近縁種だと考えられている。 スペイン語名 Gorrion moruno は、"ムーアのスズメ" という意味だそうだ。 そういえば黒っぽいところがムーア人を連想させる。



 ここで、ムーア人といえば、思い出すことがある。 ポルトガルだったか、"ムーア人の城" にも行ったことがあるが、何より、小学生のときに読んだ、シェイクスピアの四大悲劇の一つ 「オセロ」 が印象的である。







不甲斐ないオセロ
 そこでは、主人公のオセロがムーア人として設定されていて、有能で誠実な将軍として描かれていたのを覚えている。 肌の色は "浅黒い" と表現されていたように思う。

 当時の私は、いわゆる白人に対する劣等意識があって、彼らが、すべてに優れていると考えていた。 だから、有色人種のオセロが白人の妻や、また、多くの優秀な白人の部下を有しているのを不思議な気持ちで受け止めていたのである。



 そのオセロが、愛する妻、デスデモーナを、部下のイヤーゴの謀ごとに乗せられて殺してしまうことになるのだが、あとでそのことを知って自殺してしまう。

 読者は、このイヤーゴの数々の悪巧みを知りながらの話の展開を見て行くことになる。 私は、オセロがそのことに気付かないまま、罠にはまって行く彼の不甲斐なさと、イヤーゴの卑劣さに耐え切れず、何度も、本を投げ出したのを覚えている。




わかった!
 後日、成人になってからのことであるが、クイズ番組を観ていたら、『ある劇を見ていた観客の一人が、途中で怒り狂い、役を演じていた俳優をピストルで射殺してしまったという。 さて、その劇とは何でしょう』 という問題が出た。

 私は、すぐさま、"オセロ" と気付いたが、思ったとおり、それが正解であった。 さもありなん。 悪巧みを知らないのならともかく、知っているからこそ我慢できなかったのである。

 オセロを心穏やかに読まれた方がおられるのだろうか。 今、読み返せば違うのかも知れないが、読み返したくない。







渡り *209-43
 スペインスズメは、主にスペイン南部、アフリカ北部・地中海沿岸部、シチリア(イタリア)、ギリシャ、ブルガリア、トルコなどに留鳥として棲息する。




食べもの *209-43
 スペインスズメは、種子ベリー類昆虫などを捕食する。



名前の由来 *31
 スペインスズメの名前の由来については図鑑に記載がない。 ただ、誰しも 「スペインでよく見られるスズメ」 であろうとわかる筈だ。 付け加えれば、スペインが長い間ムーア人に支配されていた時代があったことと無関係ではないのではないか。

 cf. ムーアのスズメ









英名の意味
Spanish スペインの
sparrow 〔鳥〕 スズメ
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998




関連記事
ハタオリドリ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
スズメは何処から来た 野鳥の用語集
五穀を食べることを許されたスズメ 野鳥の用語集
スペインスズメ 2 イタリアの鳥







履歴
2015/09/25 関連記事にスペインスズメ 2 追加
2012/03/14 ロゴ統一更新
2008/07/10 初版公開











スペインスズメ (西班牙雀) Spanish Sparrow (Passer hispaniolensis) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾