八幡次郎好酉の鳥紀行 ゴーストタウン ボディ ghost town, Bodie
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|八幡野鳥観察エリアマップ| |野鳥関連用語集| |植物関連用語集| |チョウ関連用語集| |金言集| |八幡市の花・木・鳥・花木|
|鳥紀行 アメリカ編||アメリカの州名とその略称|
ツイート過去ログ |アメリカ編||アメリカ編 (クエリー版)|



<< Home Page USA



 
ゴーストタウン ボディ ghost town, Bodie に向かって
・・・ カリフォルニア州立公園 ・・・


 あの知る人ぞ知る “ボンネビル・ソルトフラッツ Bonneville Salt Flats” を出発して・・・ここまで来れば最終目的地であるサンフランシスコも最早手の内にあるという思いがする。ただ、それでも明日明後日というレベルではないことは承知している。

 気がつけば、再び荒野の中を走っていた。まぁ、荒野といってもグランドキャニオンのような人の住めないような処ではなく・・・日本では考えられないような広大な耕作地の中を走っているようだ。







 ・・・すると制限速度標識があって55マイル (約 88㎞)とのことである。まぁ、日本と同程度であるから平常心で走れる。これがドイツのアウトバーンであれば制限速度は “無制限” であるから・・・追い越し車線を走るとなると気を付けなければならない。

 ・・・バックミラーに車の姿を見かけたら車線を譲らなければならない。あっという間に追いつかれてしまう。アウトバーンといっても多くは片側2車線なのだ。






 このようなトレーラーは、日本では見たことがないから許可されていないのではなかろうか。兎に角、トロトロ走っている分けではないのだが目障りなので追い越しをかけた。しかし、並走中は引き込まれそうな感じがしたものだった。








  “荒野” というよりも・・・広大な耕作地といったものかも知れない。あの “グランドキャニオン” や “イエローストーン国立公園” や “トラバーチンテラス” のような人が住めそうにない処ではない。巨大な散水機の姿が現れたりする。






 行く手に分かれ道が現れたがどちらに行くべきか迷うほどのもではない。左折するが・・・目の前には、以前として荒野の光景が広がっていた。






 貨物列車の姿が見えた。子供の頃の疎開先の岡山で見た光景を思い出す。百以上数えられたことを自慢するようにして・・・基準とした電信柱を通過する車両を数えたものだった。周りは水田が広がっていて・・・水田にはコサギの白い姿があったのを覚えている。もちろん、コサギという名前は知らないのだが・・・思えば、コサギに違いないとわかる。


余談
 当時は霞網 かすみあみ でスズメを獲って食べていたようで・・・縁側に山と積んだスズメをさばくのを手伝ったことを覚えている。そのとき・・・何もこんな小さなスズメを食べなくても・・・例のコサギを獲って食べたらいいのにと思ったものッだった。

 ・・・ところが鳥観 とりみ をするようになってわかったことがある。動物食の野鳥たちは臭くて食用には向かない様である。トルコでツグミやハトを食べたが美味しかった。

 cf. ツグミのパイ包み
 











ゴーストタウン ボディ ghost town, Bodie




ゴーストタウン ボディ ghost town, Bodie


全景




モニュメント









説明板1





説明板2





室内の様子







帰り道





入口の風景





土産物店










さようならゴーストタウン



















ゴーストタウン ボディ ghost town, Bodie
















cf. ツィータ過去ログ連動 ・・・ アメリカ編 (2013/05/08 - 2013/07/31) 
2013/07/11
2013/07/11
2013/07/11
2013/07/11
ヨセミテ国立公園に向って (1) ジャクソンの街
ヨセミテ国立公園に向って (2) スネイクリバー
ヨセミテ国立公園に向って (3) 89号線 Word's Largest Elkhorn Arch
ヨセミテ国立公園に向って (4) CallAir Museum
 





補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter およびツィートピック twitpic を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。





アメリカ編に戻る




履歴
2023/05/19 初版公開










八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2024   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾