八幡次郎好酉の鳥紀行





カオヤイ国立公園 タイ Khao Yai National Park, Thailand
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
鳥紀行 |タイ編 (1)||タイ編 (2)| ツイート |タイ編 (2014)|



<< Home Page
サンショウクイ (山椒喰)

写真①
① サンショウクイ ♂ 成鳥 カオヤイ国立公園 タイ Khao Yai National Park, Thailand 2014/01/28 Photo by Kohyuh
サンショウクイ ♂ 成鳥
カオヤイ国立公園 タイ
Khao Yai National Park, Thailand
2014/01/28 Photo by Kohyuh



写真②
② サンショウクイ ♂ 成鳥 カオヤイ国立公園 タイ Khao Yai National Park, Thailand 2014/01/28 Photo by Kohyuh
サンショウクイ ♂ 成鳥
カオヤイ国立公園 タイ
Khao Yai National Park, Thailand
2014/01/28 Photo by Kohyuh



写真③
③ サンショウクイ ♂ 成鳥 カオヤイ国立公園 タイ Khao Yai National Park, Thailand 2014/01/28 Photo by Kohyuh
サンショウクイ ♂ 成鳥
カオヤイ国立公園 タイ
Khao Yai National Park, Thailand
2014/01/28 Photo by Kohyuh



写真④
④ サンショウクイ ♂ 成鳥 カオヤイ国立公園 タイ Khao Yai National Park, Thailand 2014/01/28 Photo by Kohyuh
サンショウクイ ♂ 成鳥
カオヤイ国立公園 タイ
Khao Yai National Park, Thailand
2014/01/28 Photo by Kohyuh



サンショウクイ (山椒喰)  *201-229 *212-plate68 2014/05/12
スズメ目 Passeriformes
サンショウクイ科 Campephagidae
 学名 Pericrocotus divaricatus
 英名 Ashy Minivet
 全長 (L) = 18.5-20 cm
 冬鳥 (タイ)

 このサンショウクイは、チャイロサンショウクイとは違って、ひょっとして日本で生まれたのではないか ・・・ そして、家族と共に、このカオヤイ国立公園に避寒に来ていたのではないか ・・・ などと想像すると、渡り鳥たちの世界の大きさを実感する。








旅する鳥
 サンショウクイは日本にも夏鳥として渡来し、よく見かけるツバメのように日本で繁殖する。 ただ、ツバメのように人里で子育てはしないので、余程鳥好きでないと見かけることはなかろう。 それに日本では絶滅危惧種だから、なおさらだ。

 ・京都府RDB §2
 ・京都府 絶滅危惧種
 ・環境省 絶滅危惧Ⅱ類 (VU)



 そして冬場には、このタイや東南アジアなどに避寒のために渡って行くのである。 彼の地では冬の訪問者 Winter Visitor と呼ばれている。 すなわち冬鳥だ。

 cf. サンショウクイの渡り



 私たちのように、観光のために一度や二度訪れるといったレベルのものではない。 しかも、飛行機で6時間ほどもかかる距離を、自力で毎年、定期的に往復しているのだ。

 寒さ知らずの、何ともうらやましい話ではあるのだが、旅には常に危険が伴うことを思うと、彼らの無事を祈るばかりである。

 それにしても、絶滅だけはやめて欲しい。 もちろん彼らのせいではなく、旅先での ・・・ 旅の途上での ・・・ 多々想像される環境の変化が問題なんだろう。

 cf. 渡りのルート上に餌場がある






縄張り意識
 彼らは人類世界にあるような国や国境といった概念はないに違いない。 ただ、多くの生きものは、動物に限らず ・・・ 植物でも縄張りを間違いなく有していると思うので、話せばわかるかも知れない。

 cf. 竹薮考
 cf. アレロパシー Allelopathy



 要するに、そこに共通する思いは、自分らの都合の良いように、多くは腕力や暴力を行使して獲得するということに違いないからだ。 そういう意味では、人類のいう国や国境も "縄張り" という範疇に入るものである。


 ただ、"縄張り" という言葉には、あくまで個人レベル、家族レベル、血縁レベルで協力して獲得した小さな領域といった感覚がつきまとうのはどうしてだろう。


 現実を見れば、多種多様にある広い意味での "縄張り" の一つに過ぎないのだが、それらの中で特に優位な地位にあるものから見た、いわば蔑視の言葉として、"縄張り" という言葉は使われてきたのではなかろうか。 ・・・ みんな同じ "縄張り" の範疇なのに ・・・



 アユの縄張り、モズの縄張り、ヤの字の縄張り、マフィアの縄張り、などという風には使っても ・・・ 戦争のことを縄張り争いとは決して言わないのである。

 cf. 鮎の友釣り
 cf. 鮎の獲り込み
 cf. モズのテリトリー
 cf. 杓文字 ・・・ ほの字



 要するに、「縄で囲えるほどの小さなもの」 という意味が込められているからであろう。 だから、戦争といった大義名分には使えないのかも知れない。



縄張り
① 縄を張って境界を定めること。 建築の敷地に縄を張って建物の位置を定めること。
② 博徒の親分の勢力範囲。 通常、その範囲内における賭博の権利を保有し、他の者の無断の開帳を許さない。
③ 動物の個体や集団が競争者を侵入させないよう占有する一定の地域。 領分。 テリトリー
by 広辞苑第六版より引用


 cf. 棲み分け





帰属意識
 生きとし生けるものは、意識する・しないにかかわらず縄張りを持つものと、縄張りを持たぬものと、この二つに分類することが出来るだろう。

 その中でも人類は特有の帰属意識を持つようになった。 ただ、そのことが縄張り争いの規模を他の生きものに比較して格段に大きくし、生物史上例を見ない同種間の殺戮を繰り返してきた要因であることは、論を待たない確かなことであろう。


縄張りの帰属意識
個体 先天的 (一義的) に持つもの
家族 先天的 (一義的) に持つもの
血族 先天的 (一義的) に持つもの
民族 先天的 (一義的) に持つもの
宗教 後天的 (二義的) に人類だけが持つもの
国家 後天的 (二義的) に人類だけが持つもの
国家連合 後天的 (二義的) に人類だけが持つもの

【補注】
・縄張り争いのタネは①から⑦の順に従って多く、また、複雑になる。
・縄張り争いの規模は①から⑦の順に従って大きくなる。
・縄張り争いを有利に展開するには①から⑦の順に帰属を大きくする。
・縄張り争いの帰属問題の最大値は地球規模の国家連合であろう。

 そして、ここに至って初めて①~④のレベル、即ち、普通の生きものと同レベルの縄張り争いに落ち着くのではなかろうか。






サンショウクイの渡り
サンショウクイの食べもの
サンショウクイの名前の由来






関連記事
サンショウクイ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
サンショウクイ 1 日本の鳥
 オスはしっかりもの? 何という用心深さ
 擬傷行動 樹上生活者には珍しい
リュウキュウサンショウクイ 日本の鳥









cf. ツィータ過去ログ連動
 (1)_twitter January 28, 2014 迎えの車が来た
 (2)_twitter January 28, 2014 カオヤイ国立公園入口ゲート
 (3)_twitter January 28, 2014 カオヤイ国立公園の滝の一つ
 (4)_twitter January 28, 2014 各種ツアーの車が集結
 (5)_twitter January 28, 2014 ビジター・センター




補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter およびツィートピック twitpic を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。










履歴
2014/04/11 写真④追加
2014/03/11 初版公開











サンショウクイ (山椒喰) Ashy Minivet (Dicrurus leucophaeus) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2017   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾