八幡次郎好酉の鳥紀行





ラーマ9世公園 チェンマイ タイ King Rama IX Garden, Chiang Mai,Thailand
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
鳥紀行 |タイ編 (1)||タイ編 (2)| ツイート |タイ編 (2014)|



<< Home Page
セアカハナドリ (背赤花鳥)

写真-20140115
セアカハナドリ ♂  成鳥 (5態)
セアカハナドリ ♂ 成鳥 (5態-1) ラーマ9世公園 チェンマイ タイ King Rama IX Garden, Chiang Mai,Thailand 2014/01/15 Photo by Kohyuh
セアカハナドリ ♂ 成鳥 (5態-2) ラーマ9世公園 チェンマイ タイ King Rama IX Garden, Chiang Mai,Thailand 2014/01/15 Photo by Kohyuh
セアカハナドリ ♂ 成鳥 (5態-3) ラーマ9世公園 チェンマイ タイ King Rama IX Garden, Chiang Mai,Thailand 2014/01/15 Photo by Kohyuh
セアカハナドリ ♂ 成鳥 (5態-4) ラーマ9世公園 チェンマイ タイ King Rama IX Garden, Chiang Mai,Thailand 2014/01/15 Photo by Kohyuh
セアカハナドリ ♂ 成鳥 (5態-5) ラーマ9世公園 チェンマイ タイ King Rama IX Garden, Chiang Mai,Thailand 2014/01/15 Photo by Kohyuh
セアカハナドリ ♂ 成鳥 (5態)
ラーマ9世公園 チェンマイ タイ
King Rama IX Lanna Garden, Chiang Mai,Thailand
2014/01/15 Photo by Kohyuh




セアカハナドリ (背赤花鳥)  *201-p365 *212-plate76 2014/08/29
スズメ目 Passeriformes
ハナドリ科 Dicaeidae
 学名 Dicaeum cruentatum
 英名 Scarlet-backed Flowerpecker
 全長 (L) = 9 cm
 留鳥 (タイ)
 雌雄異色

 小さな鳥がちょろちょろ動き回っている。 しかも頭が赤い。 とにかく、「赤い」 = 「珍しい」 という感覚が私にはあって、ついつい色めきだってしまうのは仕方がない。









珍しい
 ・・・ ところが調べて見ると、こちらでは珍しくも何ともないポピュラーな小鳥だという。 それはそうかも知れないが ・・・ ご当地ではどうあろうが、何しろ初見であるから新発見ものなのだ。

 ご当地では好まれぬホシムクドリが来たといっては日本中で大騒ぎなったり、逆に、ヒヨドリを見たといっては大喜びする英国人バーダーにも出逢ったことがる。

 cf. 極東限定
 cf. 郷愁を覚える鳥


 要するに 「珍しい」 という言葉は立ち位置によって解釈が変わるということだ。 それをイエスだノーだといって議論になるのなら ・・・ これほどばかばかしいことはなかろう。

 cf. 定義が大事





赤は生命 いのち の色
 人類誕生以来、ずっと太陽を意識して生活してきた。 全天を覆うような朝焼けや夕焼けを眺めては 『太陽があればこそ』 という敬虔な気持ちも芽生えたであろう。 日が昇ると共に活動を始め、日が暮れると共に眠りにつくのである。

 cf. 日本の音の心象風景


 その太陽の色が赤だ。 また、人類だけが手にした火の色も赤だ。 さらに血の色も赤だ。 要するに、太陽にしても、火にしても、血にしても ・・・ それを失うことは死に結びつくことを意味している。


 人間が意識し始めた一番はじめの色は、「赤」 だといって間違いない。 このように語れる色が他にあるだろうか。

 太陽によって一日が 「アケル」 のだが ・・・ そこからアケ、アカという言葉が生まれた。 一方、「クレル」 からクロになったと考えられている。

 色を意識し始めた縄文時代や古墳時代の遺跡から、日常的に使われる土器や葬礼などでも赤色が使われていたことがわかっている。
by NHK 人間講座 (2001/12~2002/01)  「日本人の創った色」 から引用






ラーマ9世公園 King Rama IX Lanna Garden (Rajamangkala Park)
 「ラーマ9世王」 という王位を冠した公園であるからだろうか、管理棟があり、公衆トイレ、水辺、芝生の広場、東屋、遊歩道などがあり、公園らしい公園といえる。 ただそれだけではなく、周辺にはクレー射撃場、乗馬クラブなどもあるようだ。

 cf. パークとガーデンの違い


 外務省のホームページによると、タイ王国の現在のプミポン・アドゥンヤデート国王陛下 (His Majesty King Bhumibol Adulyadej) は、1946年6月に 19歳で 「ラーマ9世王」 として即位したとある。

 




ラーマ9世公園 (8景)
ラーマ9世公園 (8景-1) チェンマイ タイ King Rama IX Lanna Garden, Chiang Mai,Thailand 2014/01/15 Photo by Kohyuh
ラーマ9世公園 (8景-2) チェンマイ タイ King Rama IX Lanna Garden, Chiang Mai,Thailand 2014/01/15 Photo by Kohyuh
ラーマ9世公園 (8景-3) チェンマイ タイ King Rama IX Lanna Garden, Chiang Mai,Thailand 2014/01/15 Photo by Kohyuh
外周の散策路を歩いていたら
いつの間にか公園を離れて大きな湖に出た。


ラーマ9世公園 (8景-4) チェンマイ タイ King Rama IX Lanna Garden, Chiang Mai,Thailand 2014/01/15 Photo by Kohyuh
湖を取り巻くようにレストランが軒を連ねている。
これだけ集客力があるというからには
よほど有名なところなんだろう。


ラーマ9世公園 (8景-5) チェンマイ タイ King Rama IX Lanna Garden, Chiang Mai,Thailand 2014/01/15 Photo by Kohyuh
レストランの門構え


ラーマ9世公園 (8景-6) チェンマイ タイ King Rama IX Lanna Garden, Chiang Mai,Thailand 2014/01/15 Photo by Kohyuh
レストランにはそれぞれ
湖の上に張り出した納涼床がある。
貴船や鴨川では夏の風物詩なのだが
ここは常夏の国だから常設に違いない。


ラーマ9世公園 (8景-7) チェンマイ タイ King Rama IX Lanna Garden, Chiang Mai,Thailand 2014/01/15 Photo by Kohyuh
タイ語なので読めないが
ラーマ9世公園の記念碑であろう。


ラーマ9世公園 (8景-8) チェンマイ タイ King Rama IX Lanna Garden, Chiang Mai,Thailand 2014/01/15 Photo by Kohyuh
よく手入れされている遊歩道
現国王ラーマ9世の誕生日色の黄色に合せたものかも知れない。

ラーマ9世公園 (8景) チェンマイ タイ
King Rama IX Lanna Garden, Chiang Mai,Thailand
2014/01/15 Photo by Kohyuh









渡り *212-plate76
 セアカハナドリはネパール東部、インド亜大陸北東部、中国南部、スマトラ、ボルネオ、東南アジアなどに留鳥として棲息する。




食べもの
 セアカハナドリは、花蜜、小さな昆虫フルーツなどを採餌する。




名前の由来
 セアカハナドリは "背赤花鳥" で、背部が赤いハナドリ科の小鳥ということであろう。

 cf. フラワーペッカー flowerpecker
 cf. 花つつき







英名の意味
scarlet 緋色
-backed ~の背部をした ※8
flowerpecker 〔鳥〕 ハナドリ ※8
by 小学館 プログレッシブ英和・和英中辞典






関連記事
ハナドリ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示










cf. ツィータ過去ログ連動
 (1) twitter January 15, 2014 ジャック・フルーツ
 (2) twitter January 15, 2014 ジャック・フルーツ
 (3) twitter January 15, 2014 ラーマ9世公園
 (4) twitter January 15, 2014 ラーマ9世公園
 (5) twitter January 15, 2014 ラーマ9世公園
 (6) twitter January 15, 2014 ラーマ9世公園
 (7) twitter January 15, 2014 ラーマ9世公園
 (8) twitter January 15, 2014 ラーマ9世公園
 (9) twitter January 15, 2014 ラーマ9世公園
 (10) twitter January 15, 2014 ターナムで会食


補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter およびツィートピック twitpic を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。 但し、撮影日は日本時間である。










履歴
2014/08/29 初版公開











セアカハナドリ (背赤花鳥) Scarlet-backed Flowerpecker (Dicaeum cruentatum) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2017   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾