八幡次郎好酉の鳥紀行





ルンピニ公園 バンコク タイ Lumphini Park, Bangkok, Thailand
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
鳥紀行 |タイ編 (1)||タイ編 (2)| ツイート |タイ編 (2014)|



 
<< Home Page
スミレテリカッコウ  (菫照郭公)

写真@
@ スミレテリカッコウ 成鳥  ドイ・インタノン チェンマイ タイ Doi Inthanon, Chiang Mai, Thailand 2007/01/23 Photo by Kohyuh
スミレテリカッコウ 成鳥
ドイ・インタノン国立公園 チェンマイ タイ
Doi Inthanon, Chiang Mai, Thailand
2007/01/23 Photo by Kohyuh



写真A
A スミレテリカッコウ 成鳥  ドイ・インタノン チェンマイ タイ Doi Inthanon, Chiang Mai, Thailand 2007/01/23 Photo by Kohyuh
スミレテリカッコウ 成鳥
ドイ・インタノン国立公園 チェンマイ タイ
Doi Inthanon, Chiang Mai, Thailand
2007/01/23 Photo by Kohyuh



写真B
B スミレテリカッコウ 成鳥  ドイ・インタノン チェンマイ タイ Doi Inthanon, Chiang Mai, Thailand 2007/01/23 Photo by Kohyuh
スミレテリカッコウ 成鳥
ドイ・インタノン国立公園 チェンマイ タイ
Doi Inthanon, Chiang Mai, Thailand
2007/01/23 Photo by Kohyuh



 スミレテリカッコウ (菫照郭公)  *13 *201 *205 *207 2012/03/15
カッコウ目 Cuculiformes
カッコウ科 Cuculidae
 学名 Chrysococcyx xanthorhynchus
 英名 Violet Cuckoo
 全長 (L) = 17 cm
 雌雄同色

2010/09/21
 この写真は当初、"セグロカッコウ" として公開していたものであるが、♪鳥くん から "スミレテリカッコウ" だとご指摘をいただいた。






 よって、ここに、改めて "スミレテリカッコウ" と鳥名を変更して公開し直した。 記事の大部分は鳥とは関係のない、脱線に次ぐ脱線話なので、変更が少なくて済んだ。





プライベート・バードウォッチング》 記事 2008/09/19
 ガイド付き、日本語通訳つきのプライベート・バードウォッチングで、ドイ・インタノン国立公園 へ行って来た。 (2007/01/23)

 というと聞こえはよいが、参加者が私たちしかいなかっただけのことである。 また、日本語通訳つきというのは、日本語を習っているという女学生のことであるが、挨拶程度しかできない。




ブルブルといわれても
 いわば、お飾りというか、帳尻合わせといったものか。 申し込み時に日本語の通訳を希望したが、英語しか駄目だと言われていたのである。

 向こうはサービスのつもりで日本語のできる人にしてくれたのであろうが、こちらとしては、鳥の名前など英語では分かる訳がないから頼んだのである。 それを挨拶程度のレベルでは話にならない。

 まぁ、聞きなれない和名で言われても、英名で聞くのも同じようなものかも知れない。 ガイドの若者が図鑑を示しながら、"何とかブルブル" などと説明してくれたがピンとこなかった。


 それ以来、"ブルブル bulbul " という名前はお馴染みになって、また、なかなかいい呼称だと思うようになったのである。 例えば、シロガシラヒヨドリ も、「〜ブルブル」 である。 要するに、同じ仲間だと、その呼び名から直ぐわかる。






通訳というよりも
 彼女は、通訳としては役に立つものではなかったが、若い女性が居るのと、いないのとでは大違いであろう。 ただ、車の中ではほとんど寝ているし、野鳥の事は全く知らないし、英語も駄目なようで、通訳としての出る場がなかったとも言える。


 その点、ガイドの若者はすごかった。 往復100キロはあると思うが、猛スピードで車は運転するし、鳥もよく見つけてくれるし、英語も話し、峠の茶屋といったところで昼食のセッティングもした。



 通訳の彼女と私たちはただ食べるだけでよかったのである。 タイの伝統的な鍋料理で、それを屋外のテーブルで4人で囲んで食べるから不味い訳がない。 しかも、昼食の料金も込みとのことであった。






丸まる一日の鳥観行
 朝早く普通乗用車でホテルに迎えに来てくれた。 車には双眼鏡が2組と鳥類図鑑が2冊用意されていた。 それに、日の出を見て、日の入りを眺めての丸々一日の鳥観 とりみ 行であるから、立派なものである。


 朝は寒くてコートを着たが、見ると彼らもダウンジャケット姿である。 それが日が昇るに連れて次第に暑くなりだし、いつしか半袖姿に替わっていくのであるから不思議な体験であった。



 チェンマイ Choang Ma はさすがに山間部に近い ランナー Lanna である。  ただ、このことも、こうして早起きしなければ気がつかなかったことかも知れない。

 これまで、『暑いあつい。 タイ最北部といってもバンコクと何も変らない』 と思っていたのであるが、朝晩がすずしいところが違うようだ。 それは、ホテルの中に居てはわからないだろう。



ランナー Lanna
 ランナーとは、かってランナー王国であった地域のことである。 今日では、タイ北部のチェンライ Chiang Rai、チェンマイ Choang Mai、パヤオ Phayao、プレー Phrae、ナン Nan、ランプーン Lamphun、ランパーン Lampang、メーホンソン Mae Hong Son の8つの地域に分かれている。






タイ式握手
 挨拶の握手のために手を差し出すと、彼が差し出す右手には、左手が右手の二の腕辺りに添えられていた。 私は、手の具合でも悪いのかとそのとき思ったが、相手に敬意を表すときのタイ独特の握手の仕方と、後で家内から聞いて納得したものだった。

 武器などを隠し持っていないことを示すものではかなろうか。 だいたい、日本と同じように、握手の習慣などはない。 また、タイ式の挨拶は、両手を合わせてお辞儀するのが普通である。






ドイ・インタノン国立公園 Doi Inthanon National Park
 1005 u にも及ぶ広さの国立公園は、タイでも最も高い山である海抜 2556 m のドイ・インタノン Doi Inthanon にある。

 また、この国立公園は、ネパール、ブータン、ミャンマー、北部タイに連なる山脈の一部を構成していて、湿った常緑樹の森には苔や野生蘭が生い茂っている。

 ドイ・インタノンは一年中訪れることが出来るが、滝を見るならば、5月から 11月、野草を見るならば、12月から 2月、バードウォッチングは、11月から 3月がベストシーズンである。

 cf. ドイ・インタノン国立公園タイ国政府観光庁ホームページ

by タイ国政府観光庁 北タイ トラベラーズガイド
ランナーヘリテイジ Lanna Heritage から引用





 ここ、ドイ・インタノン国立公園は、タイの中でも バードウォッチャー によく知られたところだという。 というのは、ここでは、382種もの野鳥が確認されており、これはタイ全土で観られるおよそ 38.5%に相当するそうである。







♪鳥くんのこと 2010/09/21 以下修正
 この鳥も、ガイドの若者が見つけてくれて指差すが、例によってなかなか私の目には入らなかった。 それでも何とかなったのがこの写真である。 まぁ、カッコウの類 ということは直ぐに分ったが、スミレテリカッコウとはわからなかった。


 当初、「セグロカッコウ」 として公開していたのだが、"♪鳥くん" から 『セグロカッコウではないです。 スミレテリカッコウです というメールをいただいた。


 今は海外でも バーダー として活躍されている彼のご指摘であるから ・・・ 一も二もない ・・・ 直ぐに訂正すると同時に、セグロカッコウとした同定ミスを陳謝します。

 改めて見直してみれば嘴 くちばし の色が橙色だし、足指の色が黒っぽい。 一方、セグロカッコウの嘴 くちばし は黒っぽく、足指は黄色い。

 cf. ♪みんなで作る野鳥図鑑♪



 このスミレテリカッコウも、他の カッコウ科 の鳥たちと同様に 托卵 するが、特に チャノドコバシタイヨウチョウ などの タイヨウチョウ科 の鳥が多いという。 *201











渡り *201
 マレー半島、ミャンマー、タイ、ベトナム南部、ラオス西部、カンボジア、ボルネオ島北部、フィリピンなどに 留鳥 として生息する。 とはいっても、やや 遊牧相 の傾向があり、必ずしも普通に見れるものではない。




食べもの *201
 主に、昆虫 を捕食する。 ときに、昆虫と追いかけっこするように、森の キャノピー を木から木へ飛び交う姿が見られる。


キャノピー canopy ※5
 天蓋 (てんがい)  《玉座・説教壇・寝台などの上に設けたおおい》
 【語源
 ギリシャ語 「蚊帳 かや 付きベッド」 の意

【補注】
 例えば、ジャングルを空から眺めれば、もこもことした樹木の頂上部を覆う葉並びが見えるだけで、それはあたかも天蓋をかぶせたように見えるだろう。 そこからは、最早ジャングルの内部は見えない。

 cf. 樹冠 tree crown





名前の由来 *31
 スミレテリカッコウの語源については記載がない。 ただ、スミレ・テリ・カッコウと区切ることが出来るだろう。 そうすれば、"スミレ" とは、♂の背部が菫 すみれ 色であるし、"テリ" は、その菫色が金属光沢があることを、"照り" と表現したものであろう。

 cf. カッコウの名前の由来
 cf. ツキノワテリムク






英名の意味
violet すみれ色 《青みがかった紫色》
cuckoo 〔鳥〕 カッコウ
《早春のころに南方から渡ってきて他の小鳥の巣に産卵する》
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998






関連記事
カッコウ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示







履歴
2012/03/15 ロゴ統一更新
2010/09/21 種名変更など: セグロカッコウ → スミレテリカッコウ
2010/04/13 スタイル統一
2008/09/19 初版公開










スミレテリカッコウ (菫照郭公) Violet Cuckoo (Chrysococcyx xanthorhynchus) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2017   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾