八幡次郎好酉の鳥紀行





エンパイア・ステート・ビルディングからの眺め Newyork, USA
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|鳥紀行 アメリカ編||アメリカの州名とその略称||ツイート過去ログ アメリカ編|



<<Home Page
チビメジロハエトリ  (小目白蠅獲)

写真①
① チビメジロハエトリ 成鳥 セントラル・パーク ニューヨーク 米国 Central park, Newyork, America 2013/05/13 Photo by Kohyuh
チビメジロハエトリ 成鳥
セントラル・パーク ニューヨーク 米国
Central park, Newyork, America
2013/05/13 Photo by Kohyuh



チビメジロハエトリ (小目白蠅獲)  *215_P332 2013/11/10
スズメ目 Passeriformes
タイランチョウ科 Tyrannidae
 学名 Empidonax minimus
 英名 Least Flycatcher
 全長 (L) = 13 cm
 夏鳥 (ニューヨーク)

戻る 2013年 5月 13日 次へ
 『貴方たちはいい時期に来た』 といわれたとおり、もう少し早ければ、このチビメジロハエトリには出逢えていなかったろう。 ここでは、彼らは夏鳥なのだ。






「チビ」 のこと
 チビアオバトもそうだが ・・・ 名前に「チビ」 という冠が付くというのか、付けるというのか、その例は少ないかも知れない。 ・・・ というより、新規命名に際しては使われない気がする。

 むかしは、『うちのチビが ・・・ 』 などといって話しの端々によく使われてきたものだったが、最近は耳にしたことがない。


 それというのも、最近は、テレビなどでも 『不適切な表現がありましたのでお詫びします』 などといって、差別用語として誤解される言葉には敏感になってきた時代感覚があるように思うのだ。

 そういう意味では、「チビ」 という言葉の使い方も難しいだろう。 発信者の意図とは離れて一人歩きをする気がする。 良くも悪くも受け取られる可能性があるということだ。



ちび
 からだの小さいこと。 そういう人。 また、年の幼い者。  軽んじたり、親しみをこめたりしていう。
by 広辞苑第六版より引用






渡り *215_P332
 チビメジロハエトリは、カナダからアメリカ合衆国北部で繁殖し、冬場にはメキシコ、中央アメリカなどに渡って越冬する渡り鳥である。





食べもの  *215_P332
 チビメジロハエトリの食性は昆虫食である。 木の低部から中部ぐらいの高さに止まって、獲物の昆虫を見つけると飛び出してフライングキャッチする。




名前の由来 *31
 チビメジロハエトリの名前の由来については図鑑に説明がない。 しかし、チビ・メジロ・ハエトリと区切ればわかりやすい。


 即ち、チビは小さいこと、メジロは目白であり "メジロ" のようにアイリングがあり目の周りが白いこと、ハエトリは英名にある "flycatsher" の直訳であろう。










英名の意味
least 最小の (little の最上級)
flycatcher [鳥] ヒタキ、ハエトリ鳥
note : fly (ハエ)、catcher (捕まえる者)
by パーソナル英和辞典より引用







関連記事
タイランチョウ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示









cf. ツィータ過去ログ連動 ・・・ アメリカ編 (2013/05/08 - 2013/07/31)
 (1)_twitter May 13, 2013 セントラル・パークで鳥観
 (2)_twitter May 13, 2013 ロックフェラーセンターの展望台




補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter およびツィートピック twitpic を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。





アメリカ編に戻る




履歴
2013/11/10 初版公開










チビメジロハエトリ  (小目白蠅獲) Least Flycatcher (Empidonax minimus) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾