八幡次郎好酉の鳥紀行





ネス湖 スコットランド Loch Ness, Scotland
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



 
<< Home Page
ヨーロッパヒメウ (欧羅巴姫鵜)


写真@
@ ヨーロッパヒメウ 若鳥 ポートリー スカイ島 スコットランド Potree, Isle of Skye, Scotland 2009/05/22 Photo by Kohyuh
ヨーロッパヒメウ 若鳥  ポートリー スカイ島 スコットランド
Potree, Isle of Skye, Scotland 2009/05/22 Photo by Kohyuh



写真A
A ヨーロッパヒメウ 若鳥 ポートリー スカイ島 スコットランド Potree, Isle of Skye, Scotland 2009/05/22 Photo by Kohyuh
ヨーロッパヒメウ 若鳥  ポートリー スカイ島 スコットランド
Potree, Isle of Skye, Scotland 2009/05/22 Photo by Kohyuh



写真B
B ヨーロッパヒメウ  スケリッグ・マイケル</A> アイルランド Skellig Michael, Ireland 2009/06/04 Photo by Kohyuh
ヨーロッパヒメウ  スケリッグ・マイケル アイルランド
Skellig Michael, Ireland 2009/06/04 Photo by Kohyuh



ヨーロッパヒメウ (欧羅巴姫鵜)  *203 *205 *207 *209 2012/03/15
ペリカン目 Pelecaniformes
ウ科 Phalacrocoracidae
 学名 Phalacrocorax aristotelis
 英名 Shag
 全長 (L) = 68-78 cm
 雌雄同色

2009年 5月 22日
 Sea Eagle 海鷲 (オジロワシ) を見るという 観光船 Boat Trips は、帰路の途中、このヨーロッパヒメウが休んでいる岩の側を通りかかった。






 しかし、そのとき、同乗者の誰一人、関心を示さなかったのである。 もちろんガイドからのコメントは何もない。 というより、目には入っていても、見えてはいなかったに違いない。

 関心がないということは、そういうものだ。 こちらでは、カワウ でも見るかのように、珍しくも何ともないのだろう。 また、近くには オオカモメ もいたのだが、同じような反応振りであった。




 今、こうして見比べて見るのだが ・・・ このヨーロッパヒメウと、かって網走で観た ヒメウ との違いがよく分からない。 とにかく、どちらも渡りを好む鳥ではなさそうなので、生息域が大きく異なるということは独自の進化を遂げていることだろう。

 その結果、食習慣なり、外観なりが異なっていると思うのだが ・・・ それが分からないのである。






バイオロギング手法
 このようなヨーロッパヒメウのことを、東京大学海洋研究所が調べていたから驚いた。 「バイオロギング手法で進める海鳥類の採餌生態学」 というものである。 動物搭載型のカメラや加速度記録計を用いて、どこで、どういった食べものを、どのようにして獲っているのかを、調査したものである。

 cf. これは信頼できそう


 ヨーロッパヒメウは、カワウなどと違って、採餌のための行動範囲が数キロメートルというから、とてつもなく広い。 営巣地から餌場に飛び立つのを見届けたとしても、すぐに姿が消えてしまって、その後の足取りがつかめない。 これまでの方法では、彼らの生態がよく分らなかったのも無理はない。

 海洋研究所では、彼らに動物搭載型のカメラや加速度記録計を背負わせて、獲った餌の証拠写真、飛行中の羽ばたき周波数、獲得餌量、飛行時間、潜水時間などのデータが得られたという。




 また、「なぜ、ヨーロッパヒメウだったのか?」 ということであるが、彼らは営巣地から採餌のために飛び立ち、また、必ず、その獲物をもって戻ってくるからだという。

 そして、このような採餌行動をとるものを 「中心点採食者 Central Place Forager」 というそうである。



Central Place Forager
 ここで、Forager とは、「食べ物などを探し回るもの」 という意味である。 また、Central Place とは、その採餌行動が営巣地を中心にして行われるからであろう。

 要するに、このヒメウのように、「繁殖地を中心にして、周辺海域の餌場を往復して、そこで捕獲した獲物を持ち帰る」 ものたちのことである。



ヨーロッパヒメウで新たにわかったことは、海洋研究所によれば、

 @ 10-40m の深さの潜水を繰り返す。
 A イカナゴが主要な餌生物であるということの追確認
 B ギンポやヨウジウオなども捕獲
 C 特定の餌のみを捕獲する専門家 specialist ではなく、
 D 柔軟に餌や採餌場所を変える万能家 generalist である。

など等々
  







渡り by Wikipedia
 ヨーロッパヒメウは、北欧、西欧、中欧、東欧など、ヨーロッパの沿岸部に広く分布する。 あまり長距離移動はしない。 特に、成鳥 で、100km ほど、若鳥 で 200km ほどといわれている。 ただし、スカンジナビア半島北部沿岸部で繁殖するものは、冬場は避寒のために南、例えば黒海へ、渡る。




食べもの by Wikipedia
 ヨーロッパヒメウは、主にイカナゴ sandeel やニシン herring といった小魚を潜水して捕食する。




名前の由来
 ヨーロッパヒメウは、ヨーロッパ・ヒメウと分解されるだろう。 何のことはない、ヨーロッパに生息するヒメウの仲間ということになろう。

 cf. ヒメウの名前の由来










英名の意味
shag あら毛、むく毛、もつれ毛、(織物の)けば
【補注】
 ヨーロッパヒメウの 成鳥 は、額 ひたい のところが、ハッカチョウ まではいかないが、少々けば立っているところに由来するのではなかろうか。
by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998



関連記事
ウ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
ヒメウ 日本の鳥
ミミヒメウ 1 ナイアガラの鳥
ミミヒメウ 2 フロリダの鳥






履歴
2012/03/15 ロゴ統一更新
2009/11/01 写真B追加更新
2009/08/08 初版公開










ヨーロッパヒメウ (欧羅巴姫鵜) Shag (Phalacrocorax aristotelis) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾