八幡次郎好酉の鳥紀行





ナイアガラの滝 オンタリオ州 カナダ
Niagara Falls, Province of Ontario, Canada
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|鳥紀行 アメリカ編||アメリカの州名とその略称||ツイート過去ログ アメリカ編|



<<Home Page
ミミヒメウ  (耳姫鵜)

写真-20130521
ミミヒメウの群れ 成鳥
ミミヒメウの群れ 成鳥 ナイアガラの滝 オンタリオ州 カナダ Niagara Falls, Ontario, Canada 2013/05/21 Photo by Kohyuh
ミミヒメウの群れ 成鳥
 ナイアガラの滝 オンタリオ州 カナダ
Niagara Falls, Province of Ontario, Canada
2013/05/21 Photo by Kohyuh



写真-20130522
ミミヒメウの飛び姿 成鳥 (3態)
ミミヒメウの飛び姿 成鳥 (3態-1) ナイアガラの滝 ゴート島 ニューヨーク州 米国 Niagara Falls, Goat Island, New York, USA 2013/05/22 Photo by Kohyuh
ミミヒメウの飛び姿 成鳥 (3態-2) ナイアガラの滝 ゴート島 ニューヨーク州 米国 Niagara Falls, Goat Island, New York, USA 2013/05/22 Photo by Kohyuh
ミミヒメウの飛び姿 成鳥 (3態-3) ナイアガラの滝 ゴート島 ニューヨーク州 米国 Niagara Falls, Goat Island, New York, USA 2013/05/22 Photo by Kohyuh
ミミヒメウの飛び姿 成鳥 (3態)
 ナイアガラの滝 ゴート島 ニューヨーク州 米国
Niagara Falls, Goat Island, NY, USA
2013/05/22 Photo by Kohyuh




ミミヒメウ  (耳姫鵜)  *215_p106 2014/08/26
ペリカン目 Pelecaniformes
ウ科 Phalacrocoracidae
 学名 Phalacrocorax auritus
 英名 Double-crested Cormorant
 全長 (L) = 81 cm
 夏鳥 (Niagara)

戻る 2013年 5月 21日 次へ
 このミミヒメウのことを ・・・ よく見かけていたのだが ・・・ ずっとカワウと思い込んでいた。








撮っといてよかった
 何事にも 「予断があってはならない」 などと、常々、心しているつもりではあるが、なかなか出来るものではない。 最近、スズメカワウなどを目にしても、カメラを向けることが少なくなったことは確かだ。 その原因は、予断をもって彼らを見ているからだろう。

 その気になればいつでも出来るという気持ちがあるのだ。 馴染みのある鳥にしても、絵になる撮り方がある。 それに挑戦して見たいという思いもある。

 ・・・ ところが、どうしても先送りしてしまう。 というのも、それほど簡単なものではないからだ。 ただ偶然の出逢いを期待するだけではチャンスも少ない。 苦手な、待つという鳥撮り人の資質も必要ということだ。


 このミミヒメウについて言えば、『ひょっとしてカワウではないかも知れない』 という思いがあったのだ。 何しろ異なる大陸で同じ種がいると考える方がおかしいだろう。 いくら翼がある鳥のことだといっても ・・・ 撮っといてよかった。


 cf. 予断があってはならない
 cf. 鳥撮人と鳥観人
 cf. 画家の眼
 cf. カメラマンの眼





街歩き (10景) ・・・ ナイアガラの滝

ナイアガラの繁華街
街歩き ・・・ ナイアガラの滝1
ナイアガラの街の目抜き通りを
人の流れのままに行く



緑地帯
街歩き ・・・ ナイアガラの滝2
目抜き通りを過ぎると
やがて緑地帯に至る



幹線道路
街歩き ・・・ ナイアガラの滝3
緑地帯に沿って幹線道路が走っている
ここからもうカナダ滝の水煙が見える



ナイアガラの滝遠望
街歩き ・・・ ナイアガラの滝4
道路を渡れば ・・・ 紛れもないナイアガラの滝だ



ナイアガラ全貌
街歩き ・・・ ナイアガラの滝5
ナイアガラ Niagara Falls の滝全景
左からアメリカ滝ブライダルベール滝カナダ滝
眼下に遊覧船 「霧の乙女号」 の波止場が見える



展望所 (1)
街歩き ・・・ ナイアガラの滝6
遠くに見えるカナダ滝まで遊歩道は続く
この展望所は多層構造になっている



展望所 (2)
街歩き ・・・ ナイアガラの滝7
振り返ってみれば
国境を跨ぐレインボー ブリッジ Rainbow Bridge が見える



霧の乙女号
街歩き ・・・ ナイアガラの滝8
カナダ滝に突き進む遊覧船 「霧の乙女号」



カナダ滝の滝口 (1)
街歩き ・・・ ナイアガラの滝9
クロワカモメが多々飛んでいた



カナダ滝の滝口 (2)
街歩き ・・・ ナイアガラの滝10
ナイアガラ川の湾曲部
カナダ滝の馬蹄形を形作っている


街歩き (10景) ・・・ ナイアガラの滝
オンタリオ州 カナダ
Niagara Falls, Province of Ontario, Canada
2013/05/21 Photo by Kohyuh






また後で ・・・
 ここまで来て遊覧船に乗らないときっと後悔するだろう。 そう思って乗ったが、確かにそうだ。 旅には ・・・ 『また後で ・・・ 』 という話はない。 もう何度も苦い経験をして来たのである。 そういう意味では、「チャンス」 も然りである。
 cf. 最早遅し



 

霧の乙女号 Maid of the Mist 遊覧 (6景)

アメリカ滝
霧の乙女号 Maid of the Mist 遊覧1
対岸のアメリカ滝 American Falls に接近
ここで、もう、びしょぬれ状態になった。
子供たちは大はしゃぎだったが、
多分目をつむったまま何も見ていないであろう。



ブライダルベール滝
霧の乙女号 Maid of the Mist 遊覧2
ブライダルベール滝 Bridal Veil Falls の横を行く
マリリン・モンローの映画 「ナイアガラ」 を思い出す。

左側がアメリカ滝左岸、右側がブライダルベール滝
その二つを分けているルナ島が工事中で立ち入り禁止になっている。

cf. 工事中のルナ島



カナダ滝の滝壺
霧の乙女号 Maid of the Mist 遊覧3
いよいよカナダ滝 Canadian Falls の滝つぼへ
もう、目を開けてはいられない。



アメリカ滝
霧の乙女号 Maid of the Mist 遊覧4
アメリカ滝まで引き返して来た。



ナイアガラ展望タワー
霧の乙女号 Maid of the Mist 遊覧5
アメリカ側の遊覧船乗り場へは
このエレベータ塔から降りる
霧の乙女号はここでUターン
cf. 展望タワー



レインボーブリッジ
霧の乙女号 Maid of the Mist 遊覧6
レインボー ブリッジ Rainbow Bridge は越えずに
元の波止場へ戻る

cf. レインボーブリッジ (1)
cf. レインボーブリッジ (2)
cf. レインボーブリッジ (3)
cf. レインボーブリッジ (4)


霧の乙女号 Maid of the Mist 遊覧 (6景)
オンタリオ州 カナダ
Niagara Falls, Province of Ontario, Canada
2013/05/20 Photo by Kohyuh







 ナイアガラの滝が、夜はライトアップされるという話なので、一旦ホテルに戻って休むことにした。 夕食がてらに出直せばよい。

 ただ、夜中に出歩く人がいるのかと思っていたのだが、さすがは世界の観光地である。 昼間もそうであったが、夜の方が人通りが多いような気がする。



夜の街歩き (3景) ・・・ ナイアガラの滝

夜のナイアガラの繁華街
夜の街歩き ・・・ ナイアガラの滝1
ネオンが彩るナイアガラのメイン通り



夜のアメリカ滝
夜の街歩き ・・・ ナイアガラの滝2
ライトアップされたアメリカ滝
カナダ滝まで歩く気がしなかった。



花火
夜の街歩き ・・・ ナイアガラの滝3
帰り道で振り返ると花火が上がっていた。
そういえば公園で大勢の人が芝生に腰を下ろしていたが
花火を待っていたのか ・・・ 知らなかった。


夜の街歩き (3景) ・・・ ナイアガラの滝
オンタリオ州 カナダ
Niagara Falls, Province of Ontario, Canada
2013/05/20 Photo by Kohyuh







渡り *215_p106
 ミミヒメウは、主に極地帯を除くカナダが繁殖地であり、アメリカ合衆国東部や北部では広く留鳥として分布する。 冬場には一部、アメリカ合衆国南部、メキシコ北部などに渡って避寒する。




食べもの  by Wikipedia
 ミミヒメウの食性は動物性で、主に魚類、両性類、甲殻類などを捕食する。




名前の由来 *31
 ミミヒメウの名前の由来については図鑑に記載はない。 図鑑 *215_p106 によれば、頭の両サイドに眼の後ろから延びる飾りふさ tuft があるという。

 ここでは、写真の質が悪くて確認できないが ・・・ というより、夏羽のときに顕著になるもので ・・・ それがミミズクの様な 羽角 のように見えるのだ。 英名の "double-crested" という名前の由来にもなっている。

 cf. カンムリカイツブリ



 和名にある 「ミミ」 という冠も、「この飾りふさ tuft」 に由来するのだろう。 ミミヒメウの夏羽の写真を見ると、耳に当たるところから耳毛 みみげ のようなものが生えているように見えなくもない。 誰だったか、総理大臣級の人で、このような耳毛を伸ばしている人がいた。

 よくわからないのは 「ヒメウ」 としたことである。 "姫" の冠は 「小型のもの」 に付けてこそ似合うものだろう。 ・・・ ところが、このミミヒメウはカワウほどの大きさがある。 まぁ、見た目は可愛く見えるのだが ・・・

 cf. ヒメウの名前の由来







英名の意味
double-crested 2つの羽飾り (冠羽) を持った
cormorant [鳥] ウ
by パーソナル英和辞典より引用






関連記事
ウ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
ミミヒメウ 2 フロリダの鳥











cf. ツィータ過去ログ連動 ・・・ アメリカ編 (2013/05/08 - 2013/07/31)
 (1) twitter May 20, 2013 フル・カナディアン・ブレックファスト
 (2) twitter May 20, 2013 ナイアガラ到着 (1)
 (3) twitter May 20, 2013 ナイアガラ到着 (2)
 (4) twitter May 20, 2013 ナイアガラ到着 (3)
 (5) twitter May 20, 2013 ナイアガラ到着 (4)

 (1) twitter May 21, 2013 ナイアガラ到着 (アメリカ側) ゴート島 Goat Island
 (2) twitter May 21, 2013 ナイアガラ到着 アメリカ滝 1 (アメリカ側)
 (3) twitter May 21, 2013 ナイアガラ到着 アメリカ滝 2 (アメリカ側)
 (4) twitter May 21, 2013 ナイアガラ到着 カナダ滝 (アメリカ側)

 (1) twitter Jun 22, 2013 フィラデルフィアを目指して (1) ペンシルバニア州の Bath に宿をとる
 (2) twitter Jun 22, 2013 フィラデルフィアを目指して (2) Mossy Bank Park
 (3) twitter Jun 22, 2013 フィラデルフィアを目指して (3) Mossy Bank Park  Bath を望む





補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter およびツィートピック twitpic を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。 但し、撮影日は日本時間である。





アメリカ編に戻る




履歴
2014/08/26 初版公開










ミミヒメウ  (耳姫鵜)  Double-crested Cormorant (Phalacrocorax auritus) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾