八幡次郎好酉の鳥紀行





ルンピニ公園 バンコク タイ Lumphini Park, Bangkok, Thailand
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
鳥紀行 |タイ編 (1) ||タイ編 (2) | ツイート |タイ編 (2014) |



 
<< Home Page
ジャワハッカ (爪哇八哥)

写真@
 @ ジャワハッカ ルンピニ公園 バンコク タイ  Lumphini Park, Bangkok, Thailand 2008/06/28 Photo by Kohyuh
ジャワハッカ ルンピニ公園 バンコク タイ
Lumphini Park, Bangkok, Thailand
2008/06/28 Photo by Kohyuh



写真A
A ジャワハッカ 飛び姿  ジャンダ・バイク マレーシア Janda Baik, Malaysia  2010/05/25 Photo by Kohyuh
ジャワハッカ 飛び姿  ジャンダ・バイク マレーシア
Janda Baik, Malaysia  2010/05/25 Photo by Kohyuh




写真B
B ジャワハッカの親子: 右が若鳥 イースト・コースト・パーク シンガポール East Coast Park, Singapore 2007/01/19 Photo by Kohyuh
ジャワハッカの親子: 右が幼鳥
イースト・コースト・パーク シンガポール
East Coast Park, Singapore
2007/01/19 Photo by Kohyuh



写真C
C ジャワハッカ  ルンピニ公園 バンコク タイ Lumphini Park, Bangkok, Thailand 2005/04/15 Photo by Kohyuh
ジャワハッカ
 ルンピニ公園 バンコク タイ
 Lumphini Park, Bangkok, Thailand
2005/04/15 Photo by Kohyuh



写真D
D ジャワハッカ  アユタヤ タイ Ayutthaya, Thailand 2005/04/14 Photo by Kohyuh
ジャワハッカ  アユタヤ タイ
Ayutthaya, Thailand
2005/04/14 Photo by Kohyuh



ジャワハッカ (爪哇八哥)  *201 *207 *212 2012/03/15
スズメ目 Passeriformes
ムクドリ科 Sturnidae
 学名 Acridotheres grandis
 英名 White-vented Myna
 全長 (L) = 24.5-27.5 cm

2010/09/22
 この写真は当初、"ハッカチョウ" として公開していたものであるが、♪鳥くん から "ジャワハッカ" だとご指摘をいただいた。

 よって、ここに、改めて "ジャワハッカ" と種名を変更して公開し直した。 主に和名の変更だけで済んだのでよかった。




 公開当初から、英名を White-vented Myna としていたのだが、その和名を "ハッカチョウ" としたことが間違いだったということになる。 要は、英名と学名から、"和名" を引き出すためにネット検索するのだが ・・・ そこで間違えたようだ。


 一方、同定 に際し、英名 Crested Myna のことも候補に挙がっていたのだが、こちらが本当の "ハッカチョウ" だった。 ところが、この写真を撮ったタイやマレーシアやシンガポールにはいないということで除外していたのだが ・・・

 その、除外したということが災いして、英名 Crested Myna に対する和名を調べなかったことが背景にある。 もし、このときに労を惜しまず調べていたら、間違いに気づいたかもしれない。

 cf. ハッカチョウのこと








2010/09/07】 ・・・ 写真A
 飛び姿を見ると両翼の白い斑紋が目立つ。 それが "八字状" に見えるという人もいる。 *31




 同じような斑紋を持つ ダラーバード dollar bird (ブッポウソウ) という鳥がいるが、こちらは、それが 1ドル硬貨のように見えるからだという。


 そういう意味では、ジャワハッカも "ダラーバード" と呼んでもよかろう。 ただ残念なことに、ジャワハッカは、スズメ より珍しくないからか、貴重さで言えば本物には到底及ばない。



 ところが中国では姿と鳴き声が美しいところから愛玩飼育され、絵にも描かれて愛されていたという。 そういえば、クロウタドリ のよう鳴き声がするので、探して見たら、このジャワハッカであった。 意外な発見に驚いたものだった。


 なるほど、日本でも古くから輸入されていたのもうなづける。 また、実際にタイの中華街で、鳥籠にいるジャワハッカを見たことがる。 何も鳥籠で飼わなくても、そこらをじゅうで目にすることが出来るのにと思ったものである。







渡り *205
 マレー半島先端部、タイ、ラオス、カンボジア、ベトナム、中国南部など、南アジアに 留鳥 として生息する。




食べもの *201
 何でも食べる雑食性だが、ときにフルーツや蟻なども食べるという。




名前の由来 *31
 "ジャワハッカ" の 「ハッカ」 は 「ハッカチョウ」 のことで、日本では鎌倉時代から "くよく" [句鳥][谷鳥] として知られていた。 また、その絵は室町時代から伝わっていたという。 そして、江戸時代には飼鳥として輸入され、 "はっかちょう" と呼ばれた。 

 また、ジャワと冠がつくのはジャワ島ゆかりであろうが、特に棲息していないようなので理由は不明である。 ただ、かってハッカチョウが日本にも愛玩用として輸入されていたというから、その港の名残りかもしれない。

 cf. ナツメグ・マネキンの由来
 cf. 漢字変換できない漢字A



 "八哥" の由来は、飛ぶ時に翼に白い八の字の班が見えるからと言われている。 私はそれに加えて、綺麗な声で歌うからという意味も付加えたい。

 何故なら、"哥" は歌うという漢字の古字であり、歌うという意味であるから。 それに、"八" は中国でも縁起のいい数字である。


 実際には、飛んでいるときの翼の白斑が目立つが、それが "八の字状" かどうか分かるものではない。 何も、よく見えない "八の字状" にかこつけなくても、単に、「優れて、とか、多彩な、といった意味で "八哥" と呼ばれた」 でよいのではなかろうか。




ジャワの漢字名
 何もジャワを漢字化することは、最早意味をなさない時代ではあるが、広辞苑によれば、ジャワの漢字表記は 「爪哇」 と記すようだ。 これは、ジャワの "音訳" ということである。

 cf. 革命 revolution







2007/02/13
 写真B を追加したが、全く別のように見えるかも知れない。 イースト・コースト・パークでは スズメ より多く、ジャワハッカがそのテリトリーを奪っているように思う。 何しろ大きさが違うし、ムクドリ と同じように何でも食べそうである。



冠毛 crest
 私は、嘴 くちばし の上の羽を逆立てているように見えるもの (冠毛 crest という) が普段の姿だと思っていた。 そして、そうでないものは別の種類であると思っていた。 ところが、調べる限り、どうも、同じ種類のようである。

 やはり、緊張したり、怒ったりするときに羽を逆立てると考えるようになった。 というのは 写真D を見ると、その緊張感といったものが伝わってくるからである。



 その他に、雌雄で異なるのかも知れないという見方がある。 即ち、羽を逆立てている方が雄である、というものである。 それが、今のところ、そのことについて記述したもの見ていない。 いずれにしても、このジャワハッカチョウの冠毛が一番長いらしい。






ハッカチョウのこと
 単に 「ハッカチョウ」 というのは、このジャワハッカに良く似た種で、
  英名 Crested Myna
  学名 Acridotheres cristatellus
 というのが居るが、どうやらそれらしい。 分布を見るとタイやシンガポールにはいないので対象外とした。 大きさが、L = 27cm と少し大きい。










英名の意味
white 白い
vent ベンツ、スリット
《上衣の背または両わき, スカートの裾 すそ などに入れる切り込み》
myna 〔鳥〕 (東南アジア産)ムクドリ科の鳥の総称で、特にキュウカンチョウ(九官鳥)
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998


関連記事
ムクドリ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
ホシムクドリ 鳥紀行 フランス編
インドハッカ タイ・シンガポール・マレーシアの鳥
ジャワハッカ 2 台湾の鳥
ハッカチョウ 日本の鳥







履歴
2012/03/15 ロゴ統一更新
2010/09/22 種名変更: ハッカチョウ → ジャワハッカ
2010/09/07 写真A入替
2008/08/27 写真@A追加、それに伴い写真番号変更
2008/04/20 スタイル統一











ジャワハッカ (爪哇八哥) White-vented Myna (Acridotheres grandis) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2017   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾