八幡次郎好酉の鳥紀行





スペースシャトル発射台遠望 ケネディ宇宙センター Kennedy Space Center, Merritt Island, Florida, USA
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|鳥紀行 アメリカ編||アメリカの州名とその略称||ツイート過去ログ アメリカ編|



<<Home Page
インドハッカ  (印度八哥)


インドハッカ(3態)
 インドハッカ (3態-1) ネイプルズ近郊 フロリダ 米国 near by Naples, Florida, USA 2013/06/06 Photo by Kohyuh
 インドハッカ (3態-2) ネイプルズ近郊 フロリダ 米国 near by Naples, Florida, USA 2013/06/06 Photo by Kohyuh
 インドハッカ (3態-3) ネイプルズ近郊 フロリダ 米国 near by Naples, Florida, USA 2013/06/06 Photo by Kohyuh
インドハッカ (3態)
ネイプルズ近郊 フロリダ 米国
near by Naples, Florida, USA
2013/06/06 Photo by Kohyuh



インドハッカ  (印度八哥)  *215_p410 2017/09/23
スズメ目 Passeriformes
ムクドリ科 Sturnidae
 学名 Acridotheres tristis
 英名 Common Myna
 全長 (L) = 25 cm
 雌雄同色
 籠脱け (フロリダ半島)

戻る 2013年 6月 6日 次へ
 インドハッカはアメリカでは100パーセント人為的に移入されたものに違いない。元来、渡りをする鳥ではなく・・・また、実際に彼らのアジアでの分布はマレーシア、タイ、シンガポールといった熱帯地域に限定されていることが分かる。要するに寒さに弱いことが推定できるのだ。






インドハッカの分布は限定的 *215_p410
 今のところ、アメリカではフロリダ半島南部でしか見られないようである。例え自力で移動したとしても他の地域では冬を越せないに違いない。


インドハッカが移入される理由
 彼らの生息地では家の軒先に鳥籠をぶら下げて飼っている光景を目にすることが多い。鳴き声を楽しむためのようである。

 そうした習慣を持つ人たちが海外に移住するする際、彼らも一緒に連れて来るか、手を尽くしてペットとして購入することも厭わないと想像する。

 また、彼らが逃げ出さないように管理することは、例にもれず、100パーセントは無理な相談なのだ。







インドハッカの渡り
インドハッカの食べもの
インドハッカの名前の由来
インドハッカの英名の意味









関連記事
ムクドリ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
インドハッカ 1 マレーシアの鳥











cf. ツィータ過去ログ連動 ・・・ アメリカ編 (2013/05/08 - 2013/07/31)
 ・2013/06/06 ネイプルズ到着





補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter およびツィートピック twitpic を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。






アメリカ編に戻る




履歴
2017/09/23 初版公開










インドハッカ  (印度八哥) Common Myna (Acridotheres tristis) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2020   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾