八幡次郎好酉の鳥紀行





スタンフォード ガス・エドソン公園近郊 Stamford, CT, USA
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|鳥紀行 アメリカ編||アメリカの州名とその略称||ツイート過去ログ アメリカ編|



<<Home Page
カナダガン  (加奈陀雁)

写真①
① カナダガン 成鳥 ガス・エドソン公園 スタンフォード コネチカット州 米国 Gus Edoson Park, Stamford, CT, America 2013/05/14 Photo by Kohyuh
カナダガン 成鳥
ガス・エドソン公園 スタンフォード コネチカット州 米国
Gus Edoson Park, Stamford, CT, America
2013/05/14 Photo by Kohyuh




写真②
② カナダガン 成鳥 ガス・エドソン公園 スタンフォード コネチカット州 米国 Gus Edoson Park, Stamford, CT, America 2013/05/14 Photo by Kohyuh
カナダガン 成鳥
ガス・エドソン公園 スタンフォード コネチカット州 米国
Gus Edoson Park, Stamford, CT, America
2013/05/14 Photo by Kohyuh




写真③
③ カナダガン 成鳥 ボストンコモン ボストン 米国 Boston Common, Boston, America 2013/05/15 Photo by Kohyuh
カナダガン 成鳥 ボストンコモン ボストン 米国
Boston Common, Boston, America
2013/05/15 Photo by Kohyuh




写真④
④ カナダガン 成鳥 ボストンコモン ボストン 米国 Boston Common, Boston, America 2013/05/15 Photo by Kohyuh
カナダガン 成鳥  ボストンコモン ボストン 米国
Boston Common, Boston, America
2013/05/15 Photo by Kohyuh




写真⑤
⑤ カナダガン 成鳥 ボストンコモン ボストン 米国 Boston Common, Boston, America 2013/05/15 Photo by Kohyuh
カナダガン 成鳥 ボストンコモン ボストン 米国
Boston Common, Boston, America
2013/05/15 Photo by Kohyuh




カナダガン  (加奈陀雁)  *215_P20 2013/12/22
カモ目 Anseriformes
カモ科 Anatidae
 学名 Branta canadensis
 英名 Canada Goose
 全長 (L) = 76-109 cm
 留鳥 (スタンフォード)

戻る 2013年 5月 14日 次へ
 この "カナダガン" が日本に渡来すると、どうやら "シジュウカラガン" と呼ばれて昔から親しまれていたようである。

 両者の間には ・・・ 実際には亜種レベルの違いがあるようだが、ここでは見た目でわからないようなものを云々したくない。





 また、不思議なことに山中湖にいるシジュウカラガンは、実は "カナダガン" だということが判明したらしい。 それがまた、その彼らは野生種ではないということもわかったというのだ。 これがどういう話なのか、さっぱり訳が分からない。

 cf. 実は ・・・




野生を感じるもの
 私たちが野生を感じる生きもは見ればわかるものだ。 要するに、人との関わりや依存度が低いものという思いがあるのではなかろうか。
 ・人を恐れる
 ・なかなか姿を見せない
 ・接近がし難い
 ・給餌を受け付けない

 ・・・ といった特質が顕著なものほど野生を感じるに違いない。






野生を感じない
 これまで遊園地などで日本でもよく見かけるコブハクチョウにしてもシジュウカラガンにしても、いかにも愛玩用に飼われているような気がしていた。 ・・・ とにかく "渡り" をしてきたものである筈がないと思っていた。

 実際、その多くは愛玩用として飼育されているものであろう。 しかし、そうではなくて、"籠脱け" したりして野生化しているものも多々いるという認識もあった

 cf. コブハクチョウの攻撃


 それは野生 ・・・ 即ち、定住を余儀なくされることもなく自由に移動する能力を有し、誰かに給餌して貰っているのではなく、食べものも自給しながら繁殖しているという認識である。


 不思議なのは、野生化しているものといっても、彼らの生活ぶりを見ていると、まったく野性味を感じないということだ。

 ただ、本来は野生種なのだが、飼いならされたというのか、人に慣れっこになって、野生味を失ってしまったという懸念もある。




野生を感じない野生もある
 日本と違って、カナダガンを愛玩用として風切羽を切って飛べないようにして池に放し飼いにするといった考え方は ・・・ 北米では考えられないであろう。

 それは、例えば、スズメをそのようにして放し飼いにするようなもので、まったく馬鹿げた話しで見たことも聞いたこともなかろう。 わざわざ捕まえてこないでも、彼らの方からやってくる。


 こちらでは、カナダガンはそのようにポピュラーなものなのだ。 その彼らに給餌までして定住させることなどもっての外である。

 cf. 「餌を与えないで下さい」 の立札




 要するに、こちらのカナダガンは正真正銘の野生種なのだが、見た目は飼いならされた飼育種のような雰囲気をもっているのである。

 私たちが思い描く野生種のイメージとは異なる野生もいるということがわかった。 これは、コブハクチョウに対しても当てはまるであろう。









カナダガンの渡り ・・・ シジュウカラガン参照
カナダガンの食べもの ・・・ シジュウカラガン参照




名前の由来
 カナダガンの名前の由来は、カナダで広く繁殖しているところから名付けられたのであろう。 日本に渡来するシジュウカラガンは、その亜種である。

 cf. シジュウカラガンの名前の由来






関連記事
カモ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
カナダガン オランダの鳥
シジュウカラガン 日本の鳥











cf. ツィータ過去ログ連動 ・・・ アメリカ編 (2013/05/08 - 2013/07/31)
 (1)_twitter May 14, 2013 ボストン到着





補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter およびツィートピック twitpic を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。





アメリカ編に戻る




履歴
2013/12/22 初版公開










カナダガン  (加奈陀雁) American brant (Branta canadensis) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾