八幡次郎好酉の鳥紀行





ビクトリアピーク 香港 鳥紀行香港編
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
ツイート過去ログ|鳥紀マレーシア・香港編| ・・・ コタキナバル、キナバルパーク、イポー、サンダカン、香港



<< Home Page
サンジャク (山鵲)


 サンジャク (7態)
サンジャク (7態-1) 香港公園 香港 Hong Kong Park, Hong Kong 2018/03/12 Photo by Kohyuh
サンジャク (7態-2) 香港公園 香港 Hong Kong Park, Hong Kong 2018/03/12 Photo by Kohyuh
サンジャク (7態-3) 香港公園 香港 Hong Kong Park, Hong Kong 2018/03/12 Photo by Kohyuh
サンジャク (7態-4) 香港公園 香港 Hong Kong Park, Hong Kong 2018/03/12 Photo by Kohyuh
サンジャク (7態-5) 香港公園 香港 Hong Kong Park, Hong Kong 2018/03/12 Photo by Kohyuh
サンジャク (7態-6) 香港公園 香港 Hong Kong Park, Hong Kong 2018/03/12 Photo by Kohyuh
サンジャク (7態-7) 香港公園 香港 Hong Kong Park, Hong Kong 2018/03/12 Photo by Kohyuh
サンジャク (7態)
香港公園 香港
Hong Kong Park, Hong Kong
2018/03/12 Photo by Kohyuh



サンジャク (山鵲)  *214-244 2018/03/21
スズメ目 Passeriformes
カラス科 Corvidae
 学名 Urocissa erythroryncha
 英名 Red-billed Blue Magpie
 全長 (L) = 65-68 cm
 雌雄同色
 留鳥 (香港)

 香港公園を歩いていると、池の近くの木陰を何やら大きな鳥が枝から枝へ飛び移る姿が見えた。ただ、飛び移る様子は見えるのだが、すぐ枝葉に隠れるのか・・・気配はあるが姿が確認できない状態がしばらく続いた。まぁ、当然のことだが・・・小鳥のようにちょこまか動き回ることはなかった。








 このサンジャクのような長い尾を持つ鳥の飛び姿は目には焼き付くのだが撮るのは難しい。樹から木へ飛び移るように飛ぶだけだから・・・せいぜい数秒ほどだ。それに、どこから飛び出すのかもよく分からないのだ。一時間ばかり粘ったが撮れなかった。

 cf. 敏捷とは?
 cf. 敏捷性は計測可能か?
 cf. 加速度が問題?
 cf. 敏捷(辞書)




香港公園 Hong Kong Park


 香港公園で特筆すべきは観鳥園 Walk-through Aviary (鳥小屋)であろう。ここ観鳥園は鳥小屋のように、約3000平方メートルの敷地を網で覆って、その中に入って野鳥を観察できるようにしている。また、絶滅危惧種の繁殖に貢献している。

 cf. 動物園の役割




観鳥園 Walk-through Aviary
カンムリシロムク 観鳥園 Walk-through Aviary
カンムリシロムク

和名 カンムリシロムク
学名 Leucopsar rothschildi
英名 Bali myna
全長 25 cm
固有種(インドネシア)
絶滅危惧ⅠA類(CR): ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種

 ・インドネシアでは法的に保護の対象とされている。
 ・落葉モンスーン林やサバンナに生息する。 食性は雑食で、昆虫果実種子などを食べる。
 by Wikipedia より流用



  ただ、こう言った展示方法は何も珍しいものではないが、普通の動物園のように動物の檻 Cage や鳥小屋 Aviary などを外から眺めるものとは違って、より自然な姿で観察できるし、カメラ映りも、より自然なものになる。

 cf. ジュロン・バードパーク Jurong Birdpark







photo1-1a
photo1
photo1a
香港公園の入り口
無料で誰でも入れる。

見取り図の赤い⇔印が出入口
右端にある出入り口を利用した




photo2
photo2
公園内のどこからでも高層ビルが見える。
人工的なものに囲まれているというのに
それでいて閉塞感はなく、
むしろ開放感がある。

逆に、これは、
ジャングルや砂漠といった
大自然の中では、
味わえない感覚であろう。





photo3
photo3
思うに、それは・・・
安心感から来るものに違いない。

日本の里山のように
人の手によって造られた自然に似ている。

本来、手つかずの自然は、
決して心安らぐところではなかった筈だ。

遠い昔、
捕食者に怯えた記憶を・・・
目に見えぬものに対する不安を・・・
私たちはDNAとして、
受け継いできているに違いないのだ。





photo4
photo4
香港公園の出入り口は多々あるが、
この、パシフィック・プレイス(商業施設)に通じる
エスカレータに乗れば楽である。





photo5
photo5
パシフィック・プレイス(商業施設)

左端にガラス越しだが
歩道橋が見える。





photo6
photo6
パシフィック・プレイス(商業施設)

この吹き抜けのコンコースのデザインには
目を見張るものがある。





photo7
photo7
歩道橋からの眺め

この辺りでは、
道路の中央部は
二階建てトラム(路面電車)の専用鉄路である。

ただ、歩道橋の中ほどにある、
トラム駅に降りる専用階段を下りなければならない。
両側の道路からでは横断は出来ない。










渡り by Wkipedia
 サンジャクは、インド亜大陸北部ヒマラヤ山脈からミャンマー、カンボジア、ラオス、ベトナム中国東南部などに留鳥 として生息する。 渡りはしない。




食べもの by Wkipedia
 サンジャクメの食性は雑食性である。 主にベリー類、カエルなどの両生類、トカゲなどの爬虫類、昆虫、カタツムリなどの軟体動物、小型鳥類、ネズミなどの小型哺乳類などを捕食する。




名前の由来 *31
 サンジャクは、中国では飼鳥として愛玩されていたのを江戸時代から輸入されていた。サンジャクの名前の由来は漢字名である山鵲(山にいるカササギの意味)を音読みにしたものである。


 いづれにしても、サンジャクという名は馴染めない気がする。このサンジャクが江戸時代当時に籠脱けして野生化し・・・もし、現在まで生き延びていたのなら、きっとヤマムスメのような愛らしい呼び名が付けられていたことだろう。要するに、籠の鳥であっても、姿を見たり、絵画などを通して知っている人は極端に少なかったに違いない。






学名の意味
Urocissa ???
erythroryncha ???




英名の意味
Red-billed 赤い嘴をした
red 赤い
billed ~の嘴のある
blue 青い、空色(あい色)の
magpie [鳥] カササギ、おしゃべりな人
by プログレッシブ英和・和英中辞典










関連記事
カラス科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
ヤマムスメ 台湾の国鳥











履歴
2018/03/21 初版公開










サンジャク (山鵲) Red-billed Blue Magpie (Dicrurus leucophaeus) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2019   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾